« 塀 | Main | 城南海 »

2015/4/15  0:20

原発と国営テレビに八つ当たり  リタイヤ生活

それにしてもよくも降り続く雨。何から何まで計画が狂ってしまい、何時まで経っても落ち着かない我が家です。

こんな陽気ですから神経痛が酷くて、今日は腰と右手が辛い。妻も肩痛がますますひどくなってます。

夫婦であっちこちが痛くて貼り薬が引っ張りだこ。

高浜原発再稼働の停止処分の判決が出ました。私としては正しい判決だと思ってますが、原発に依存する地元では私と反対の声が強いようです。

福島第一原発の地元の皆さんだって、そうなることなど考えもしなかったと思うのです。

でも結果はご覧のとおり。一旦事故が起きると人間の力で制御できない【怪物】を、利益をもたらしてくれる手段と考えられる人が理解できません。

子供にツケを残さない・・・次世代にツケを残さない。こんなリスクを次世代に残しちゃダメですよね。

今日のニュースで国営放送のアナウンサーが『メルトダウンが起きていた・・・』と、メルトダウンと言う言葉をやっと使ってました。

今まであまり記憶にありません。もっともほとんど国営放送を見てませんので、もっと前から使っていたのかもしれませんが・・・。

知らないうちにスタンスが変わってました。全く信頼できない放送局です。

3.11の時の解説委員、『直ちに命に別状はない』と言い続けた人はどこに行ったんでしょうね?

調べたら東電の子会社で高給取りだった・・・なんてことないですよね。さすがにそこまでは酷くないと信じたい。

公共性・不偏不党が保たれる保証がないなら、契約する・しないの選択権があってしかるべきだと思うのです。

見たくない人は見られない方法でどうしていけないのか、理解できません。

彼らの言い分は『皆さんの受信料で成り立っているので、公平に負担していただく』って。公平に負担したものをどうして飲み食いに使ったり、横領したり・・・になるのか。

やらせ問題、会長の思い上がった発言・・・こんな奴が幅を利かす放送局に金なんか払うか。

そこで・・・国営放送の会長を公選制にしたらどうでしょう。時の政権が任命する方法では、あんな勘違い男が権力を手にしてしまう。恐ろしい事ですから。

筑波大学の学生が開発した国営放送が写らないアンテナ・・・本当に設置して争ってみようかな。

敗けてもともとですから・・・暇になったらやってみたい。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ