2010/6/9  22:32

聖天寿司  グルメ

ここ数日妻は『歯が痛い』と言っていました。元々は玉川温泉に行く前に詰めたものが取れていたのですが、【玉川湯治】があり【戻って腰椎ヘルニア】で歯医者に行けずにいました。本人は『坐骨神経痛で歯を食いしばったためにひどい状態になった』と言っています。

早く行きたかったのですが診察用の椅子に座っていられるか・・・椅子を立てたり寝かせたりに不安だったのです。それが『今日、行きたい』という事は、【痛みが来ない】事に少し自信も出来たのでしょう。

歯の痛みを取りたいと思えるようになったということは、坐骨神経痛の痛みが治まってきたのでしょう。

羽生歯科クリニックは娘の先輩で、私はいつもお世話になっていました。少々無理を言っても聞いてくれますし、何より【痛み】を感じさせないで治療してくれます。とにかく患者本位の治療を心がけてくれます。今日も神経痛の痛みを話してお願いしました。

茨城の鉄人が『リタイヤしたらとりあえず身体のケア』とアドバイスしてくれていたのですが、なんだか遊びの計画は何処へやら、身体のケアばかりになってしまいました。
それも夫婦二人で・・・。当分遊びや旅行は無理でしょう。

帰りちょうどお昼でしたから聖天様【現熊谷市、旧妻沼町】で聖天寿司を買ってきました。我が家ではこれを良く食べます。
妻沼には三店舗ありますが、この聖天寿司が一番我が家の好みに近い味です。
でも何だか甘味が強く感じるようになりました。微妙に変化しているのでしょうか。

好きで食べていましたしホームページのグルメコーナーでも紹介していますが、お店のお客さんへの対応は合格点とは言えませんので、承知の上で行ってください。
『こんなもんだ』と割り切ってしまえば気にもなりませんが・・・。

この寿司には【当り】があります。写真にも写っていますが、干瓢(かんぴょう)で巻かれたものが入っていたら喜んでください。本当はアゲが破れたのを抑えているのだと思いますが・・・得した気分になります。
またお店の人に『いらっしゃいませ』とか『ありがとうございました』と言われても当りです。多分宝くじほどの確率ですから・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ