2010/11/7  0:00

落花生の収穫  リタイヤ生活

やはり夕べは痛みが強くて眠れないようでした。今日も午前中に仕事があったのですが、姪を呼んで代わりに授業をさせました。中学3年生の時間でしたから、受験も近くなり休むわけには行きません。

かかり付けの病院は内科ですから的確な診断に疑問はありましたが、レントゲンを撮って折れていたらその時に考える事にして診てもらいました。
見えているところは折れていませんでした。しかし・・・肺の陰になっていて確り見えないところもあるので・・・という診断です。何と・・・中途半端な・・・。折れていたなら折れていたで整形病院に行くのに。

痛みは和らぐ様子はありませんが、とりあえず様子を見ます。もともと肋骨って1本ぐらい折れても手の施しようが無いんです。何本も折れたらコルセットで固定したりもしますが・・・。痛み止めを呑んでくっ付くのを待つしか無いです。
風邪でも引いて咳が出たりすると・・・辛いですよ、折れたところに響いて。

病院から戻る途中に従兄弟から電話が入り『落花生を採る』と言うので、昼を食べてから出かけました。
畑に行く途中、マムシの子供が死んでいました。おそらく急に冷え込んで冬眠に失敗した?でも頭が鳥に突かれたように、陥没もしていました。原因はどうあれやっぱり河川敷の畑ですからマムシは居るんです。今後も長靴は欠かせません。

落花生は殻が沢山ついているのに、殻の中にほとんど実が入っていませんでした。最初知らずにデパートの買い物袋いっぱいに採ったのですが、従兄弟に『今年は何処の家でも実が入っていないので、収穫せずに新たに耕している』と言われ、信じたくなかったのですが割ってみました。

なるほど実が入っていません。次のも割ってみましたがやはり入っていません。次のも・・・同じように空か白い溶けそうな実でした。100個も割ってみたのですが、中に赤い皮が出来ていたのは2個だけでした。袋いっぱいのモノを全部確認する事も出来ず、さりとて持ち帰って家で確認しても実が入っていなければただのゴミです。

諦めて泣く泣く袋いっぱいの落花生を捨ててきました。猫の額の畑で作ったものはまあまあ殻の数も付いていて、実も確り入っていました。と言う事は【天候だけではなく違う要素も原因している】事になります。従兄弟の話では【石灰窒素を入れないとダメ】らしいのですが、今年は入れませんでした。

来年は絶対リベンジします。コタツに寝転んで韓流を見ながらミカンと落花生を食べる計画でしたが、今年はそれも夢で終わってしまいました。
写真では殻が沢山付いているのが判ります。収穫を手伝ってくれている従兄弟とその友達です。


クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ