2010/11/13  23:50

心使い  リタイヤ生活

年に1〜2回ですが山釣り(源流釣り)に付き合ってくれる仲間、ハンドルネーム【素人】氏が『野菜を取りに来い』と言うので行ってきました。いつも心に掛けてくれて時季時季に旬の野菜を食べさせてもらえます。ありがたい・・・お陰でずいぶん助かっています。働いていた頃も彼が休暇を取った日は必ずと言って良いほど『帰りに寄れ』と電話がかかってきました。

そうなんです・・・彼の家は私の通勤経路にあるんです。更には仕事の日だけではなく、釣りに出かける日なども持ってきてくれました。
今年は夏の記録的な暑さで野菜は不足したのに、我が家では比較的入手する事が出来て大助かりでした。でもこの野菜は彼のお母さんが作っているものですから、本来なら彼のお母さんにお礼を言わなければなりません。

彼と一緒に畑に入るのですが、たまに失敗する事もあります。貰う事に気持ちが高揚し注意力が散漫になって、お母さんが折角種まきした場所を踏み荒らして叱られた事もあります。夢中になると周りが見えなくなる性格なんです。

直ぐ食べてしまう野菜もありがたいのですが、ウル抜きした苗などを頂いて猫の額のような我が家の畑に植えて楽しめるのが、よりありがたいのです。冬の野菜が今ところせましと植えられていますが、100l彼の家から引っ越してきた野菜です。

今日も新たにタマネギとサラダ菜、キヌサヤの苗を植えることが出来ました。ここまで大事に残して毎日数個ずつ採れていたミニトマトを、今日泣き泣き抜いてしまいました。そうしないと植える場所が無かったのです。

今日貰ってきた野菜が下の写真です。種類にして10種類以上ですし、苗の種類も5種類ほど。
夫婦二人で食べるには十分な量ですし、私が猫の額の畑で遊ぶには十分な種類です。
クリックすると元のサイズで表示します


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ