2010/11/16  20:17

タイヤ交換  日常

3月まで勤めていた会社の後輩で、ハンドルネームを【パンチ】と自ら名乗っているのですが・・・結構顔が広いので重宝に利用させてもらっています。元バリバリの○○族らしいのですが、普段はいたって気配りの行き届いた真面目で子煩悩なお父さんです。

7月にオークションで車を買いましたが、その車に履かせるスタッドレスをそのパンチ君の顔が利くお店で買ってもらったんです。価格は鉄の中古ホイールを4本付けてもらって・・・なんと54.000円でした。もちろんBSのタイヤです。何故安いかと言えば2年ほど倉庫に眠っていた【型落ち商品】だからなのですが・・・。

性能的には全く問題ありません。紫外線を浴びていたわけではなく、保存されていたのは冷暗所なのですから・・・。このタイヤ屋さんで10回は買っていると思いますが、悪い商品に当たった事は無く、価格も良心的です。もっと信頼して良いと思う理由は【古いホイールを綺麗に塗装してくれていた】んです。捨てるとゴミかもしれないものが売れるのはお店としてもありがたい客だとは思います。でも・・・塗装までしてくれていますか。私でも古い錆びた状態にタイヤを付けていたかもしれません。この親父さんのように塗装していた自信はありません。

ところで今回私は正直に『数年前のタイプだから』と言われて買いましたが、信用できない業者でしたら安い時に大量に買って残っていた商品を、現在の価格で普通に販売しているかもしれません。素人では型なんか見たって判りませんものね。この辺の事が・・・パンチ君が大事な上司(?)の私の車につけるタイヤを紹介できる理由でもあると思うんです。

正直に話してくれて納得できるから何時もこのタイヤ屋さんで買うんですが、私は店の場所が分からないのでパンチ君に休暇を取らせて運転させました。
そこは元○○族のリーダー格だった男でも、私には頭が上がりません。私も若い時は負けないくらいのパンチパーマでした・・・気迫で圧倒しますから。でも性格はパンチ君と違って温厚ですけど。

パンチといえば数日前に野菜を貰いに行った【素人氏】も、入社してきた時は頭がパンチパーマで、当時の総務部長からから最初にパンチ君と命名されたほどです。パンチ頭ばっかりの会社ですが、普通の会社ですから誤解しないでください。
パンチ君と会ってあれやこれやウサ晴らしの話を聞き、逆に私のリタイヤ生活のあれこれも聞いてもらったり・・・二人の時しか言えない話が出来ました。

閉じこもりっきりの生活が5〜6ケ月も続きましたが、やっと折りに触れて外部との接触も出てきました。雪のシーズンが到来し実家が北国の私は、確かにタイヤの手配も欠かせない要素の一つではありましたが、私の中でもっと求めていたのは信頼していた元部下との接点だったかも知れません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ