2011/1/19  22:26

お墓参り  レオ&ココ

月に1度の妻の通院日でした。妻は隣の県にある市民病院に通っています。今日の診察予約は9時で一人目です。薬を貰っても10時前には終了しますので、妻は行きたいところがあるようでした。

病院の門を出ると自宅の方に向いかけましたが、『レオ君のお墓に行くんだよ』と反対方向を指示します。レオ君のお墓は日本百名山の赤城山の山麓、【赤城メモリアルパーク】にありますから病院からだと1時間もかかりません。

今日は【初七日】でした。亡骸をもう少しの間だけでも手元に置いてあげたかった・・・と思っていたのに早いものです・・・あっという間に一週間。
何か・・・埋め切れないものを抱えながらの一週間でした。

途中でマーケットに寄りレオ君の大好きだった【リンゴのフジ】と、他の子たちにも食べさせたくてお供え用に【コアラのマーチ】と、そしてお線香を買いました。何時もの車ならお線香が入っているのですが、妻のパッソには何も入っていません。

おまけにスタッドレスタイヤもつけていませんから雪が心配でしたが、日陰の部分は凍っているものの積雪は心配の無い程度でした。一週間前は道は確り乾燥状態で安心して走ることが出来たのですが、そのあと2回雪が降ったそうです。

お参りしているとよそのご家族も見えました。80歳代のご夫婦とその息子さん夫婦らしい私ぐらいの方です。きっとお孫さんを亡くされたのでしょうね・・・我が家は息子ですけど。沢山のお花を供えていました。

我が家は個別の墓にせず、共同で埋葬していただいていますので、皆にお参りしてもらえます。家族だけの墓も考えたのですが、みんな一緒の方が友達もできて楽しいだろう・・・また墓を将来に渡って守って行くのも大変ですから、残った者に負担をかけたくないとの考えでした。

この一週間ずっと反省と後悔ばかりでした。病院にかけて余計苦しめたのではないか・・・あの病院の治療は本当に間違ってはいないのか・・・どうして免疫抑制剤を服用するまで回復基調だったのに急に悪化したのか・・・免疫抑制剤の副作用を自分で確り確認すべきだったのでは・・・etc・・・。

私たちがあの子の旅立ちを早めてしまったのでは・・・考えても取り返すことは出来ないと解っては居ますが、やっぱり考えてしまっています。次に会いに行くのは多分お彼岸ですが、それまで様々な後悔は封印します。ポッカリと開いた大きな穴は、忘れる事でしか埋めることが出来ませんから・・・。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/1/19  0:06

就職難  雑感

就職氷河期よりもひどい状況を示す数値が発表されました。大学新卒者の就職が決まりません。いつも同じ意見で申しわけありませんが・・・これでは安心して家庭を築き、子供をもうけることを考える事が出来ません。したがって少子化に歯止めがかからず、少ない現役世代が多い年寄りを支える事になります。
年金など将来に不安が残ったままの制度では、ますます気力も意欲もなくしてしまいます。

平成に入った頃・・・あの時代からの政治の無責任が不況を長引かせた原因ですし、現在の民主党政権の的外れのドタバタも大きな原因です。リーダー不在の日本がこんな社会を作ってしまいました。

今日のテレビ朝日でMCが珍しく的を得た事を言っていました。前任者の久米某を意識し過ぎ、視聴者受けする発言に終始していてあまり好きではありませんから、よほど暇でないとニュースステーションは見ないことにしています。

そんな私を納得させる発言は・・・ひょっとして初めてかもしれません。
『大企業は将来に備えて利益を内部留保するのではなく、若者の雇用に振り向けてほしい』
全くそのとおりだと思います。今ここで若者の雇用を増大させ、確りとした社会保障と安定した収入を享受させる必要があります。その結果は先に述べたように家庭を築き子供をもうけ、国力が高まって行くことに繋がります。

今、企業が社会に貢献する事が何より求められているのです。そして政治は強いリーダーシップでそれを加速させなければなりません。こうした政策に貢献する企業には、将来にわたって減税などの恩典を与えます。

でも財界や政界を見ていると・・・自分の財産にだけ執着しているように見えてしまうのは私だけでしょうか。
もう若者達の努力ではどうする事も出来ない状況です。財界から確りしたリーダーが出てきませんかねー・・・『我々も企業としての責任を果たして雇用を増大させ、若者が未来に希望を持てる社会を作ろう』と呼びかけるような方。

皆さん、私の購買力は雀の涙ほどですが、そのような姿勢のある会社の商品を買いたいと思います。派遣社員だけを使って手軽に雇用契約を解除するような会社の商品を買うのを辞めませんか。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ