2011/4/16  0:07

久しぶり  リタイヤ生活

一人目
徳島のホロホロ三世、バスで旅に出ている溝田氏から電話が入ってきました。『ホームセンターにガソリン缶が沢山あるから、もう直ぐそっちにも出回るのでは』と・・・。

でも関東では予約でお願いしても、注文すら聞いてもらえない状態です。ですから買ってもらいたいとお願いしました。ガソリンは大分出回ってきていますから、もうスタンドに並ぶ必要はなくなりました。しかし私の場合は岩手や宮城がグランドですから、いまいち不安が残っています。どうしても持っていて安心したかったのです。

そんなことより原発が心配だから、四国のほうに避難して来い・・・と言ってくれましたが、実際のところ中々ふんぎれません。

二人目
原発の問題で関東を離れていると思っていた相棒から、DVDが届きました。送ってきたということは、どうも関東にいたようです。全く音沙汰がないので・・・残念ですがしっかり生きていました。アナグマのように巣穴にこもって韓流ドラマを見ていたのでしょうか。

会社経営は副業で本業は投資家のような方ですから、原発事故による株価下落はものすごい痛手ではないでしょうか。それでも試練を乗り越えて、立ち上がろうとしているようです。

三人目
現役時代から実の兄のように慕っていた、会社の上司だった方が【道の駅○○】の支配人をしています。現役を退いてから10年ですから、遊び半分で仕事をしていると思っていたのですが・・・。ほぼ一年ぶりぐらいで顔を出したら、しっかり・・・まじめに仕事をしていました。相手先と懸命に折衝をしている姿は、現役時代よりしっかりしていると映りました。

当時、会社の直ぐ近くに小さなフレンチレストランがあって、そこがえらく気に入っていて昼食に良く連れて行ってもらいました。職場の部下を大勢です。
本当は反則なのですが12時前にレストランに到着するため、昼休み前に職場を放棄・・・あろうことか赤ワインを一本あけるんです。当然私は運転手でしたから・・・よだれを流しながら見ていました。顔を見ていたらそんな思い出が走馬灯のように、頭の中を駆け巡りました。

四人目
福井に住む大学時代の親友が電話をくれました。悲しいかな・・・当然話題は原発でした。
やっぱり避難の話になり、アパートを借りて置いてくれる話にまで進んだのですが・・・先ほども話したように、私たちには中々踏ん切る事ができないんです。

友の家でも良いとまで言ってくれているのですが、1日2日ならともかく避難生活を甘えるわけにはいきません。でもありがたいですよね・・・友・・・って。
若狭湾の原発がなかったら本当に良いところなんです、福井は。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2011/4/14  20:17

言葉の重み  雑感

ブログに【政治】は話題にしないと決めている友人がいます。行動力があってネタが豊富ですから、むしろ政治なんて詰まらない話題に貴重なページを割くのが勿体無いのかもしれません。

私もそうしたいのですが・・・とにかく政治の低脳ぶりに腹が立って・・・黙っていられません。漢字を読めない首相もいましたが、今度のははっきり言ってそれ以下ではないでしょうか。とにかく発言というか言葉が軽いんです。

今度は原発事故の影響を受けた地区を指して『20年も住むことは不可能』と発言したことが、松本大臣を通じて表面化しました。菅と松本の二人で懸命に否定しています。
そしたら枝野が『ご心配と不安をおかけして』・・・って、お詫びするのはその部分じゃない・・・分かっていません。

松本ごときの軽い人間のぶら下がりでの発言で、現実を知らされた被災者の感情を考えたらどんなに悔しいでしょう。枝野はそこが分かっていません。
被災者から見える位置に立って、お詫びの心がしっかり伝わるように伝えるべき内容です。
そして国としてどのように支援していくのか・・・納得はできないまでも、少しでも安心していただけるように発信すべきでした。

今回の災害では本当に言葉の持つ重みを、これほど感じたことはありません。
まず総理の『原発を勉強しに行きたい』発言は、全く危機感を持っていなかったことを如実にあらわしています。その結果水素爆発に繋がったと言われているのはご承知の通りです。
原子力安全委員長からでた発言を『言ったかどうか記憶にない』ですって・・・情けない。

常に『直ちに人体には影響しない』と言い続けた枝野の言葉も、国民の命を軽視しています。御用学者や御用マスコミが『パニックが起きるといけない』とよく発言します。
正しい情報でパニックが起きたとしたら、それは起こるべき正しいパニックでしょう。
国民を被爆させ生命の危機に遭遇させておいて、パニックを心配していただくなんて・・・余計なお世話です。

先の松本ボケ・・・放射能汚染水を海に流しておいて『国際法上に全く問題ない』発言も、およそ大臣なんでしょうか。生活の糧を奪われた漁業者への想いは微塵もありません。民主党政権の立場だけの発言です。
日本人だけのものではない・・・ひいては人間だけのものではない自然環境に対しての、畏敬の念も全く持ち合わせていないようです。

それに引き換え塩釜か気仙沼の中学校の卒業式で、懸命に涙をかみ殺しながら【答辞】を呼んだ子供・・・実に感動的で・・・思い出すたびに涙が止まりません。
『大切なものを一瞬にしてすべて奪い去った。試練というにはあまりに過酷・・・でも天を恨まず・・・支えあって乗り越えていく』
とても中学3年生の言葉と思えないほど、心を打つものを感じました。支えるはずの心を失くしそうになった時、この言葉を思い起こします。

それに引き換え・・・政治家の言葉がなんと空しいのでしょう。
あ〜あ、今日も長くなってしまいました。
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/4/12  21:37

いつまで続く  時事

昨日も・・・また今朝も震度6弱が来ました。たいした用事ではないのですが、仕事があって車を運転していました。信号で止まった車はグラグラの状態でしたが、それでもあの日に比べたら・・・もうほとんどの方はびっくりしません。

ただただ事故中の原発にこれ以上の影響を与えないように、願うしかありません。
何をしていても何故か身体が揺れている気がします。話しているとどうも私だけの感覚ではなく、多くの方もそんな風になっているようです。○○症候群・・・ってヤツでしょうか?

地震の後、私は【自粛はしなくて良い】と言い続け、【原発事故は想定外の津波のためではなく人災だ】【国は危険性をしっかり発信すべきだ】と言い続けてきました。
ここへ来てやっと・・・総理までが『過度な自粛はするな』というメッセージを出しましたが、ハッキリ言って3週間遅い。原発についても諸外国の圧力で、やっと危ない地域を認め始めました。東電も原子力安全委員会の先の会長も、想定を甘く考えていたことも認めて謝罪しました。逃げに逃げて・・・やっとですよ。

こんな奴等に人生をだいなしにされた数百万人の皆さん、もっと怒りましょう。
今、被爆したかどうかは見えていませんから、将来ガンになっても因果関係は立証できません。日本の司法は証拠を捏造するような検察が中枢ですから、アホな裁判官が出す判決は『因果関係が認められない』と国と東電に寄った判決に決まっています。

従来日本の裁判の判例は、訴えた側に証拠等により証明する責任を課しています。しかし今回の原発事故にかかわる訴訟に限って、【挙証責任】は東電と国に課すべきです。どういう理由で因果関係がないと言えるのかを立証できなければ、東電と国が負け・・・とすべきです。

また補償は東電が第一義で対応し、足りない部分は国も対応すると言っています。でも結局それは税金ですから、国民が負担することになります。みんなが一つになって復興を目指す・・・って、それとこれとは話が違います。

東電が負担し切れない分は【東電に天下っていた経産省のOB】や【原発利権に集った政治家】【東電と癒着して原発の安全に対するコストを削った東大の学者】【しっかり報道しなかったNHKのトップ】【ぬくぬくとして多くの方の人生を奪った東電の役員】が全財産を拠出してから・・・その後に検討しましょう。
おっと、忘れていました・・・アホな菅や枝野を初めとした役立たずの政治家も加えましょう。

復興資金を捻出するため、国会議員を初め地方議員まで半数にしましょう。そして歳費は半額で十分です。そうすれば1年分で一つの町ぐらいは復興できます。
今日も興奮して長くなりました。原発事故に・・・私は怒っています。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2011/4/11  18:22

パソコンとの格闘 U  リタイヤ生活

データの移送はほとんど終了しましたが、肝心なネットに接続できません。ネットの環境設定が全くできていない状況です。ヤマダ電器に初期設定を依頼したのに、数万円も取られて・・・全く無駄でした。

OCNに教わってやっとネットに接続できたのに、電話を切ったらメールがつながらないことが分かりました。気を利かせて・・・『メールは大丈夫ですか?』と聞いてもらいたかった。

今度はバイオに聞きました。電話でやり取りしながら、先方もこちらの画面を見ながら教えてもらいました。私も一緒に操作して分かったのですが、パスワードなどがありヤマダでは設定が不可能な内容です。

ネットやメールの設定をやってもらえると、勝手に思い込んだ私が悪いのでしょうが・・・30.000円も払ったのは何だったのでしょう。大いに疑問です。ハードで値引き競争をする財源として、知識の無い人から巻上げるやり方は・・・ヤマダさん、あくどくないですか。

折角つながったネットもメールをつなげるためにいじっていたら、再びダメな状態です。というのはバイオでは把握できないモノが数項目あって、【ツール】から入った状態でOCNに聞くように放置(?)されてしまいました。

決してバイオが悪い訳ではありませんが・・・一つだけ指導を忘れて電話を切ったのでは?
というのは・・・何処かを再度修正しないとネットが切れたままになってしまう・・・ことを伝え忘れたのでは・・・と私は想像しています。

気を取り直して再度OCNに電話をしていたら・・・あの悪夢の再現・・・震度6弱の地震でした。もう電話はつながりません。結局パソコンとの格闘は、一進一退が続いています。
それでも原発事故のように・・・善良な多くの方々に迷惑をかけるわけではありませんので、ゆっくりやります。

何度も・・・執着して申し訳ないのですが、ヤマダに払ったお金はあまりに勿体無く・・・被災地への支援金にしていたら・・・と思われて仕方がありません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/4/10  22:55

パソコンと格闘  リタイヤ生活

金曜日に沖縄料理で一杯やっているところに、家電量販店から『パソコンの準備が終わった』と電話がありました。
土曜に早速取りに行って来たのですが、ついつい韓流ドラマを見ていて時間の経過を忘れていました。

それで今日は朝からデータを移したり、使えるソフトを確認したりと結構忙しい一日でした。新しいパソコンはビット数が違うため、ソフトの互換性はあまり期待できません。ほとんどのソフトが使えなくなりました。

それを一つ一つ確認しながらデータを移したりインストールしたりですから、本当に気の遠くなるような戦いです。
一例を言うと4ギガのUSBに一旦取り込んで、そして新しいパソコンに持って行ってですから、写真を移すだけで数時間かかりました。

もちろん古い写真のフォルダはすでに外部のメディアに移してありますから、ほとんど今年のものとシリーズで取り貯めているものだけでこれだけの時間です。

ホームページビルダーの転送ソフト・エプソンのスキャナーとプリンターなどのソフトは、ウインドーズセブンに対応できない古いものですから使えなくなりました。
多分エプソンは対応できるソフトを無料でダウンロードできると思いますが、確認しながら毎日少しずつ進めていきます。

バイオのカスタマーセンターは対応が親切で、それが理由で今回もバイオを購入したのですが・・・無料で照会できるのは1年間だけに変更になっていました。
その後は一回あたり2.100円もかかるそうです。
詳しい方・・・電話がいきますので宜しくお願いします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1
タグ: VAIO



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ