2011/4/2  22:25

ガソリン不足  時事

関東のガソリン不足はここへ来て大幅に改善され、スタンドに並んでいる車を見る事は無くなりました。しかし被災地は相変わらず辛い状態が続いていて、見るに忍びない感があります。

こんな中で仙台にいる娘を迎えに行く時に、ガソリンが無かったらアウトですからガソリン携行缶を探していました。どこのお店でも入荷する当ては無いそうで、予約さえ受け付けてくれません。九州などでは買えるのでしょうか?

そんな話をしていたら知り合いの家がスタンドを経営していて、今回の騒動のエピソードが聞けました。
確かにまったく手に入らない状況が2週間ほど続きましたから、公共事業なども同じように苦しんだようです。

市役所から・・・何とかならないか・・・とお願いされたらしいのですが、きっぱりとお断りしたそうです。
どうしてか・・・聞いてみると『普段は安いお店と契約していて、地元のスタンドを省みることなど一切しないのに、こんな時だけ・・・』と腹が立ったからだそうです。

その理屈良く分かります。ガソリンに限らず最近はすべてにそうです。【分からない時など技術的なノウハウを提供して貰っているのに】【困ったときに散々協力して貰っているのに】【地元の活性化のために懸命に努力している企業なのに】一切考慮せず、住民受けする事だけを狙っています。『経費削減に努力している』という言葉を【錦の御旗】のようにかざしています。

本来、企業は適正な利潤が確保できなかったら、雇用も創出できませんし納税もできません。地域に貢献するためには適正な利潤は必要なのです。
でも現実は役所自ら市長の選挙目当てのために、必死で地元企業をいじめているのです。

地元の弱小企業は全国展開する大企業とは競争になりません。委託業務などは企業を泣かせれば泣かせるだけ、従業員に跳ね返ります。賃金が安くなれば消費は落ち込みますし、いつでも首にできる派遣労働などのような雇用形態が増えてしまうのは仕方の無い事です。

役所が『経費を削減した』と言われて喜んでいる市民の皆さん、しっかり目を開けて見てください。役所自ら経済循環をマイナスのスパイラルを作っているのは、すべてあなたや未来の子供世代に跳ね返っていくのです。

中身が大切なのです。議員数や天下りの人数を減らして予算が減るなら大いに賛成ですが、地元企業が競争できないほどガソリンの値段を下げて得意になられては困るのです。

何を隠そう今回私も思い知らされました。幸いな事に妻の教え子の家がスタンドでしたから、夜営業が終わる時間に何とか入れてもらえました。
普段、セルフなどで安いところを探して入れていた事を反省して、少しぐらい高くてもお互いに信頼関係で取引できるスタンドで入れる事に考えを改めました。
助けて貰いたい時だけ・・・ではいけません。世の中は持ちつ持たれつなのですから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/4/2  0:38

亀田製菓  時事

実に温かく感動的な話です。歌舞伎揚げやあられなどで良く知られた亀田製菓ですが、味なことをやってくれました。

震災で壊滅的な被害を受けた東北地方では、雇用を維持するどころか会社の維持自体が不可能な状態の会社が多くあります。確かに断腸の思いで社員を解雇している映像も、テレビから流れてきます。

どうか被災地ではない地区で、少しでも多くの雇用を創出してほしいと思っていたところへ亀田製菓のニュースが飛び込んできました。原発やら放射能やら次から次と暗いニュースが続く中で、このニュースはひときわ輝きを放っているように感じたのは私だけではないはずです。

すでに昨年度の社員採用は終了していたのに、災害の影響で内定取り消しの憂き目に会った人だけを対象にして、10人ではありますが採用するというのです。当然内定取り消しを受けた方対象ですから、証明する書類は必要なようですが・・・当然の処置だと思います。
そうでなければ就職できなかった人が大勢押しかける可能性があります。

もちろんそれはそれでどこの企業も努力をしてほしいのですが、今回の亀田製菓の考えた趣旨に沿うためには証明書が必須の条件だというのは理解できます。至極当然でしょう。
まったく普通に採用した方と同様の採用条件で遇するそうですから・・・頭が下がります。
会社の好感度を上げるための姑息な手段で、期間採用するなどという方法ではないから素晴らしい。

亀田製菓といえば新潟の会社です。中越地震などで被災の経験がありますから、こうした支援のありがたさを身にしみて感じていたのだと思います。その想いを何時かは返したいと思っていたからこそ、今回速やかに行動に移せたのでしょう。思うだけなら誰でもできますが、実際に行動に移したことが私には感動的なのです。

自分の会社だけが生き残ればいいと・・・下請けを泣かせたり、上位の立場を利用してあくどい商売をする会社が多い中で、亀田製菓は立派と言わざるを得ません。

我が家は歌舞伎揚げも柿ピーも大好きで、いつも在庫を持っているほど亀田製菓のフアンでした。ますますこのニュースを聞いて・・・支持しようと思っています。
商売ってそうですよね。信頼・・・こんな会社なら信頼できそうです。

下請け会社の社員を死地に追いやっている会社が・・・これから袋叩きにあいますが・・・亀田製菓の心が少しでもあったら・・・こんなことにはならなかったのでは・・・と悔やまれます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ