2011/9/30  20:56

南アルプスに出発  百名山・南アルプス

いよいよ南アルプスの縦走に出発します。天候・体調・時間そしてアクセス・・・すべての条件をクリアしなければならなかったので、ここまで押せ押せになってしまいました。

かと言って全ての条件が整った訳ではなく、崩落して通行止めの道を迂回し・・・・・さらには2日後ぐらいには天候も崩れそう。でも山小屋が10日で閉まってしまうので、これ以上は待てません。

最大限の努力を・・・・・土曜日は畑薙ダムで待機して日曜から登り始めます。なぜって・・・シーズン最後の土日ですから相当の混雑が考えられます。土曜日を外して計画しました。

イモを洗うような山小屋の混雑はとても耐えられないのです。よく聞く話ですが・・・混んだ山小屋は布団一枚に3人が寝る・・・なんてことも実際にあります。『目が覚めたら酒臭い息を吹きかける知らない親父の顔が目の前にあった』・・・本当にあった怖い話です。

親戚でもないし友達でもないのに・・・夫婦でさえ嫌だ・・・と友は言っています。
これがホントの『キモイ』状態でしょう。キモイならやっぱりそう感じる人が避けないといけませんから、土曜日は登山口で待機する事にしたんです。これが吉とでるか凶とでるか。

待機したために雨にたたられるかもしれませんが、これはもう【賭け】なんです。
しかも10月4日は妻の誕生日ですから・・・どうしても家に戻りたい。縦走途中で天候が崩れ足止めされてしまったら・・・もっと怖い大王大妃(テーワンテビ)様の雷を受けることになってしまいます。

     大王大妃・・・韓流歴史ドラマに登場する王室の最高権力者

3.000b級の山はすでに冬の天候になっていますから、ひとたび雨が降ると当然雪になってしまいます。そうなったら岩は凍りついて、滑って歩く事は不可能に。
まだまだ根雪にはならないと思いますが、一旦暖かくなるまで動く事は出来ず数日間は山小屋に閉じ込められる事になります。

この時期の山は冒険心をたっぷり満たしてくれますが・・・こんな話が冗談で済むように祈って・・・行ってきます。数日連絡が取れなくても、確り帰ってきますので安心してお待ちください。

例の徳島の友・・・ホロホロ三世の溝田氏も自作の軽トラキャンピングカーで南アルプスにいます。場所は彼が【奈良田】、私は【椹島(さわらじま)】ですから尾根一つ違っています。時間があればどこかで会えるかもしれません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/9/29  17:42

山釣りあれこれ  源流釣り

今季の釣り・・・と言っても釣行は僅かに2回。全盛期に比べれば実に寂しい回数ですし、ハードさも全く影をひそめて・・・現状の体力では身の丈にあった遊び方になってきました。

おそらく仲間が誘ってくれなければ、一回も山に分け入る事が無かった気がします。登山と違って事故があっても誰かが通りかかる訳でもなく、源流域はとても一人で入り込める場所ではありません。おそらく救助される事はほぼ不可能だと思います。

そんな・・・危険が沢山潜んでいる場所での遊び・・・いつまでもこんな遊びができている・・・仲間に感謝・・・です。

今シーズンは東北地方は止め、主に信州にグランドを移しました。ところが信州でも今季山に入る人は減ったようで、沢での魚影は復活した感じがあります。放射能の皮肉な影響でしょうか?
素人氏に来た小冷沢の7寸のイワナ
クリックすると元のサイズで表示します

さて先日修理したウエーダーですが・・・途中までしかやっておらず、完成には至っていませんでした。それでも昨日、沢を遡行しても水が浸入する事はありませんでした。
そのままでもよかったのですが・・・最終の接着剤で穴を埋めました。

例の【紫外線を当てると固まる】と言う接着剤です。最初に目立たないところに接着剤を塗布して、乾いた後の色の変化などを確認すると・・・全く問題なし。さっそく傷口の手入れに移りました。まだ乾燥途中ですが、傷口は全く分からない状態まで補修できました。
クリックすると元のサイズで表示します

新しいウエーダーを買っても後何年使用できるのかも判らず、迷いがあって買い渋っていました。まったく30.000円得したような気持ちです。
そこで・・・バーゲン品のダウンのシェラフ(寝袋)とシェラフカバーを30.000円で買ってしまいました。ちょっと衝動買いです。

南アルプスの光(てかり)岳にこの後行こうと考えていたので、山小屋が営業を終了した時季は寝袋を持参する必要がありました。寝袋は幾つも持っていますが・・・重いしデカいのだけ。
光岳はなるべく最高の条件で挑まないと、厳しい山行になってしまいますから・・・大奮発でした。

ところが林道崩落は今シーズン回復の見通しは【ゼロ】だそうです。昨日飯田市の振興センターに確認を取り・・・ガッカリ。来シーズンの温かい・・・小屋が営業している時期に行く事になるんなら、寝袋の衝動買いは大失敗でした。

さて今季の私の釣りで一番の変化は【毛バリ釣り】にシフトしたことでしょう。老眼の私が四苦八苦しながら道糸に毛バリを着けるのは本当に大変ですが、お話しした通り【誰でも簡単にできるアイテム】が存在します。それがこれです。

理解していただくための説明は難しいのですが、やる事は実に簡単ですから困っている方には朗報です。中央にある縦の溝の切れたところに【小さなくぼみ】があるのが見えるでしょうか?
そこに毛バリの頭を刺して立て、溝の中に道糸を差し込むだけです。百発百中です。
クリックすると元のサイズで表示します

今シーズンの釣り情報は終了しました。また来シーズンに楽しくて為になるお得な話題をお届けします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/9/28  21:36

おでこ  源流釣り

早朝の大町市は底冷えがするほど気温が低下。車の中なのに寒さに震えながら・・・それでも懸命に眠ろうと努力、3時間寒さに耐え5時にセットしたアラームで起こされました。寝ていたコンビニの駐車場から鹿島川に沿って走り、鹿島鑓登山口の大谷原に車を停める。

6時前には遡行を開始・・・本当に寒くて・・・ブルブル震えています。速乾性の半袖のTシャツ、その上にウールの長そでシャツ、ナイロン製のジャンバーを重ねて、さらに釣り用のベスト・・・これだけ身に着けて歩いているのに、汗の一滴も吹き出しません。

大谷原はすでに標高900b・・・目の前には爺ケ岳から鹿島鑓の稜線が朝日に輝いていました。熊に注意しながら上流へ・・・素人氏は時折ホイッスルを吹いています。
写真は鹿島鑓の稜線です
クリックすると元のサイズで表示します

源流部にはナタメに導かれて進みます。ナタメ・・・は山の中で迷わないように職猟師や山菜採りなどが、立木の枝などを鉈(なた)でスパッと切り落としたもので、この目印が点々と続いて行きます。
写真中央が切り落とされた目印の枝・・・ナタメです。
クリックすると元のサイズで表示します

釣り遡るとすぐに素人氏に10センチほどのチビイワナが飛びついてきました。私は今日は毛バリで挑戦しています。パターンがあわないのか素人氏が数匹釣り上げても、私の毛バリを追いかけてくる岩魚はいませんでした。

最近一気に年寄になり老眼で苦しむ私ですが、動体視力はまだまだ若いものに引けを取りません。水中を見るのは目だけで見るのではなく、イマジネーションを高めて雰囲気で見ることが重要なのです。そうすれば水中の岩魚の動性が見えてきます。

普通はここで安易に慣れた何時もの【餌釣り】に変更したくなるのですが、それをやっていては違った釣技の上達を図る事ができません。パターンを何度も変えて挑んだのですが、とうとう最後までイワナは来てくれなくて・・・おでこ。
でも今日はこれで充分でした。友といつものフィールドで一時を共有できただけで・・・。

写真の毛バリは本日のダメパターンです。寒さのせいで毛バリでは厳しいのか・・・それともパターンがあっていなかったのか・・・それだけはどうしても知りたいですが・・・釣りをやっている方、感想をお知らせください。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/9/27  20:25

竿納め  源流釣り

素人氏が連絡をくれて・・・結局今年も恒例の【竿納め】に行けることになりました。
これがないと何となくしめくくりができません。また何か仲間の縁が切れるようでもあり・・・・・一抹の寂しさを禁じえませんから・・・・・行けることになって喜んでいます。

源流遡行をしっかり楽しんできます。できれば岩魚だけではなく、クマさんなどにも会いたいものです。今年は沢に人が入っていませんから、クマの方にも警戒心が無くなっている可能性があります。チャンス・・・です。

今日はタイミングよく【キノコ採り】の仲間からも、10日の週でどうか・・・と誘いがありました。誘ってもらって嬉しいのですが・・・何せ・・・話題の放射能の件が解決しておらず、申し訳なく思いながらお断りしました。

ところで・・・毛バリに道糸を通すのって老眼の年寄には至難の業ですが・・・・・準備をしておいて現地で楽をしようと仕掛けを作りました。様々なパターンの毛バリに道糸を付けて・・・・釣りをやらない人には説明が難しいのですが・・・【提灯毛バリ】で5本ほど。

実は最近はすごいアイテムがあるんです。老眼のお爺さんでも簡単に糸が通ってしまう道具を、元部下が買ってきてプレゼントしてくれました。それを今日初めて使ってみて・・・その威力に・・・びっくりです。百発百中で通りますよ。困っている方は是非試してください。

その元部下・・・例のウエーダーの修理も調べてくれ、接着剤を買ってきてくれて・・・直したウエーダーを明日初めて履きます。何から何まで・・・と言う感じですが、甘える時は甘えようと思ってやってもらっています。私がお金で解決したり変に遠慮すると、かえって水臭く【他人行儀】に感じられるかもしれませんから・・・仲間だもの、気持ちは通じています。

現役を退いてみると・・・・・何も役に立ってあげる事ができないこんな境遇になっても・・・【面倒臭がらずに相手をしてくれたり】【顔を立ててくれたり】する、仲間や後輩の存在が本当にありがたく感じます。

今日の写真は先日お約束した自家製のニンニク卵黄の成形品です。いつもの年より大きめにしてみました。小さい大豆ほどの大きさです。この秘薬で私たち夫婦だけ1年間健康に暮らします。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2011/9/25  23:10

後始末  玉川温泉

朝から良い天気で・・・助かりました。と言うのは【玉川温泉の湯治で使用した道具】の後始末が、大幅に捗ったからなのです。

湯治には鍋・釜の自炊道具や、岩盤浴で寝転んだために汚れたもの洗濯、ゴザや汗をかくために身体を覆うタオルケット・・・もろもろの後始末があります。

想像してください・・・火山の脇に寝転んだようなものですから、砂は当然の事…硫黄分が生地などに付着してちょっとやそっとでは落ちません。そのまま家の中に持ち込む事はとてもできません。

長く湯治をする時は最後の一日を潰して、玉川温泉にいる間に岩盤浴で使ったものなどを洗濯してくるのですが・・・何度も言いましたように連日の雨。

みんなやる事が無いので・・・洗濯・・・に気持ちが傾きます。当然洗濯場は混み合い、洗濯機は順番待ちになってしまいました。
諦めて家に持ち帰って洗濯する事に・・・。

何時もの年でもそうですが・・・玉川で大分片づけたとしても、当然家に戻っても後始末はあります。鍋や釜を再度洗って次回の湯治に持ち出しやすいように仕分けしたり、次回に足りなくなる物を忘れないうちに補充したり・・・。

そんなこんなで一日が潰れました。そして夜になって【ニンニク卵黄】の成形作業を始めました。明日はその写真をお見せします。
今日の写真は・・・庭一杯に散乱する湯治の道具です。こうやって陽の光に当ててから、段ボールなどに仕舞って片づけます。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ