2011/9/29  17:42

山釣りあれこれ  源流釣り

今季の釣り・・・と言っても釣行は僅かに2回。全盛期に比べれば実に寂しい回数ですし、ハードさも全く影をひそめて・・・現状の体力では身の丈にあった遊び方になってきました。

おそらく仲間が誘ってくれなければ、一回も山に分け入る事が無かった気がします。登山と違って事故があっても誰かが通りかかる訳でもなく、源流域はとても一人で入り込める場所ではありません。おそらく救助される事はほぼ不可能だと思います。

そんな・・・危険が沢山潜んでいる場所での遊び・・・いつまでもこんな遊びができている・・・仲間に感謝・・・です。

今シーズンは東北地方は止め、主に信州にグランドを移しました。ところが信州でも今季山に入る人は減ったようで、沢での魚影は復活した感じがあります。放射能の皮肉な影響でしょうか?
素人氏に来た小冷沢の7寸のイワナ
クリックすると元のサイズで表示します

さて先日修理したウエーダーですが・・・途中までしかやっておらず、完成には至っていませんでした。それでも昨日、沢を遡行しても水が浸入する事はありませんでした。
そのままでもよかったのですが・・・最終の接着剤で穴を埋めました。

例の【紫外線を当てると固まる】と言う接着剤です。最初に目立たないところに接着剤を塗布して、乾いた後の色の変化などを確認すると・・・全く問題なし。さっそく傷口の手入れに移りました。まだ乾燥途中ですが、傷口は全く分からない状態まで補修できました。
クリックすると元のサイズで表示します

新しいウエーダーを買っても後何年使用できるのかも判らず、迷いがあって買い渋っていました。まったく30.000円得したような気持ちです。
そこで・・・バーゲン品のダウンのシェラフ(寝袋)とシェラフカバーを30.000円で買ってしまいました。ちょっと衝動買いです。

南アルプスの光(てかり)岳にこの後行こうと考えていたので、山小屋が営業を終了した時季は寝袋を持参する必要がありました。寝袋は幾つも持っていますが・・・重いしデカいのだけ。
光岳はなるべく最高の条件で挑まないと、厳しい山行になってしまいますから・・・大奮発でした。

ところが林道崩落は今シーズン回復の見通しは【ゼロ】だそうです。昨日飯田市の振興センターに確認を取り・・・ガッカリ。来シーズンの温かい・・・小屋が営業している時期に行く事になるんなら、寝袋の衝動買いは大失敗でした。

さて今季の私の釣りで一番の変化は【毛バリ釣り】にシフトしたことでしょう。老眼の私が四苦八苦しながら道糸に毛バリを着けるのは本当に大変ですが、お話しした通り【誰でも簡単にできるアイテム】が存在します。それがこれです。

理解していただくための説明は難しいのですが、やる事は実に簡単ですから困っている方には朗報です。中央にある縦の溝の切れたところに【小さなくぼみ】があるのが見えるでしょうか?
そこに毛バリの頭を刺して立て、溝の中に道糸を差し込むだけです。百発百中です。
クリックすると元のサイズで表示します

今シーズンの釣り情報は終了しました。また来シーズンに楽しくて為になるお得な話題をお届けします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ