2011/10/5  19:43

千枚小屋  百名山・南アルプス

今回の山行は南アルプスの南部に鎮座する【荒川東岳(悪沢岳)】や【赤石岳】を初めとして、荒川三山や小赤石岳などの3.000b峰を6座も登頂する超ハードな計画。
ここまで待ちに待って・・・やっと実現に漕ぎ着けました。しかし時期が悪かった・・・?

仲間三人でゆっくり登って来る途中の【駒鳥池】には感動でした。神秘的で・・・静かに眠っているようで・・・いつまでもこのまま残ってほしい空間でした。

千枚小屋に到着して受付を済ますと【百枚小屋】が今夜のスペースとして割り当てられました。千枚小屋は2年前に火事で焼失し、現在はプレハブで営業しています。しかし宿泊棟である月光荘と百枚小屋は共に、ログハウス風のしっかりした綺麗な建物です。
クリックすると元のサイズで表示します

少し遅れて到着した山ガールの【イエネコさん】と、若者【大石さん・・・仮名】も同じ小屋でした。このほかにはご夫婦が二組、そしてもう一人単独行の女性、合計8人が百枚小屋でした。二階まで入れると30人は入れそうな空間に8人ですから山小屋としては『ナイス』な条件でした。

向かいのご夫婦・・・私が『百名山をやっている』と話すと、ご主人が『私は今日の悪沢岳で百名山達成した』と言うではありませんか。思わず『おめでとう』と叫んでいました。
奥様はすでに百名山達成なのだそうです。写真の掲載を許可していただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

これから狙っている飯豊山の情報などを教えていただきました。九州は11月でも登れるからまだまだ行ける・・・と励まされ、今年中にもう一頑張りしたいなーー。
大王大妃様に・・・どう切り出したものか・・・またまた悩みの種が増えてしまった。

8人であれこれ雑談していると、あまりの寒さにダウンジャケットの話になり、大石さんが【U社】のダウンの話をしだしました。話題は盛り上がり『ノースフェイスの3万円のなんか買う必要が無い』とか、実際にブランドのダウンを着ている方が手に取ってみて『私のより良い』との評価。

下山したら直ぐ買いに行こうと決めました。埼玉まで待てないほどの気持ちで、帰りの島田か焼津で【U】があったら買う事にしました。結局高速に乗るまで【U】は無く、埼玉で買ったのですが。

でもよくよく考えると・・・妻の誕生日プレゼントにも適していそうで・・・これをプレゼントにして、併せて自分のものも買う事にすれば・・・名分が立ちます。
妻の好きなグリーンのものを買い、あくまでも・・・ついでに・・・私のも買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

夕方からの冷たい風は止むことなく、結局翌日も朝から夕方まで吹き続けたのです。寒い夜でしたが小屋の寝具は厚手のシェラフ(寝袋)が一人2枚ずつ。さらには毛布も2枚ありますし、余っている寝具もありましたから寝ていて寒い事はありませんでした。

翌朝、【イエネコさん】はまだまだ明けきらない状態で出発して行きました。私は5時からの食事を頂いて5時半に出発。寒さを想定して雨具をウインドブレーカーにして着込みます。更に首にはウールの襟巻まで巻き、持っている装備のフル活用で対策。

今日は長〜〜い戦いになりますから焦らず一歩一歩確実に登りますが、稜線に出ると風は想像以上で風速20bを確実に超えていました。この頬をもぎ取るような寒さにどこまで耐えられるか、この時点で不安は一気に高まりました。

千枚岳を過ぎていよいよ最初の3.000b峰【丸山】に挑みます。振り返ると通り過ぎてきた千枚岳の山頂には富士を狙う写真家が見え、その向こうには雲海の上に頭を出す富士が見えました。ロケーションは最高なのに・・・厳しい山行になる予感がたっぷりです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ