2012/6/30  22:55


結局、朝4時に起きて八ヶ岳に向かいました。今日は妻の車が使えたのでキャンピングカーは使わないで済み、バッテリーの心配はありません。

5時前には高速に乗り佐久までも順調でしたが・・・やはり美濃戸口は遠いと実感。何せ茅野市とか原村は、我が家から見れば八ヶ岳の真裏です。4時間近くもかかりました。

ロマンチック街道をひた走り、麦草峠を超えてからも1時間以上はあります。八ヶ岳は今後やはり南牧村からのアクセスを選ぶ事にします。小さい車でヘトヘトです。

今日は何故か靴の調子が悪く・・・結局は親指の付け根に豆ができたのですが・・・歩くのに苦労していました。ところが阿弥陀岳の登りからお話しするようになった同世代の単独行・・・仮に【調布の麒麟】さん・・・としときますが、この方が帰りに美濃戸から美濃戸口まで車に乗せてくれたのです。

汗をたっぷりかいていて・・・シートを汚しては申し訳なく・・・一旦お断りして中岳のコルで別れたのでした。ところが縁とは摩訶不思議なもので、遅れてスタートした私が行者小屋に着いたら麒麟氏が休憩していて、再びバッタリ。

『やっぱりお送りしますよ』と言ってもらえて、美濃戸まで結局一緒に下山しました。その間にいろんな話題に花が咲き、その話題の中から【麒麟氏】と名付けた、ある理由があるのです。

個人情報ですからこれ以上は控えますが・・・私も何が一番うまい?・・・と尋ねられたら、キリンのラガーの生と答えますから、麒麟かも。
ありがとうございました。助かりました。また何処かでお会いしたいものです。

ところで今日の目的阿弥陀岳は中岳のコルから一気に高度を上げる岩場。鎖もハシゴもありますが、詳しくは明日。写真は岩場を登る麒麟氏です。
クリックすると元のサイズで表示します

面白い写真を・・・横岳の【大同心】と【小同心】です。袈裟をかけたお坊さんが合掌してお祈りしているように見えませんか。大同心の合掌がイマイチ見えていませんが、角度が良いと本当に手を合わせているんです。
当然ですが後ろ側の大きい方が【大】で、前方の小さい方が【小】です。小は合掌が良く撮れています。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/6/29  19:29

明日行く山は  登山(百名山以外の山)

明日は全国的に晴れそう・・・晴れるチャンスを逃がさないように山に行かなくちゃ。そう考えて山の情報をあれこれネットで探していて思い出したのです。『折角購入したソーラーパネルも早い事取り付けないと』って。

ソーラーパネルだって外の作業ですから、晴れていないとできない・・・でも今は山歩き用の脚力を着ける事を優先します。

そうなるとどこの山にしようかな・・・夕べまでは2日間晴れそうな東北・・・大朝日と月山を2日間でやろうと思ってました。ところが7月から8月にかけて、北アの縦走を中心とした幾つもの計画が。北海道も九州も行かなくちゃ・・・なんです。

当然多額の費用が・・・小遣いでは足りなくなるに違いありません。ここはグッと我慢して費用が少なくて済む近場の山にする事にしました。そんな訳で今晩出発する可能性が無くなったので・・・一杯やっちゃいました。いま・・・良いコンコロモチで打ってます。

結局は八ヶ岳かな・・・困った時は八ヶ岳か平標。
写真は横岳に咲いていた【ウルップソウ】です。結構貴重な種なんです。白馬岳に行くと沢山ありますけど、他の山域では珍しいモノです。白馬の個体はもっと背丈がありますが、八ヶ岳のモノは風の影響で背が低いのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/6/28  20:20

嬉しい連続  リタイヤ生活

朝、毎日の事ですが韓流ドラマ【善徳女王】を9時半まで見ていました。いよいよ明日は最終話・・・すでに一度DVDで見ているのですが、結構『面白い』という感触で観られています。大まかなストーリーは残っていますが、細部は忘れていますから・・・観られます。

妻は義母の介護で施設へ、一方私は車が無いので自転車を飛ばして銀行へ。来月分の生活費を下す銀行と、高額医療費を受け取る銀行と2つも行かないと。

そしてその足で一番近いモールのヒマラヤスポーツに向かいました。雨用のスパッツのフックが壊れてしまって、新しいのを買わないと。梅雨の時季ですから絶対必要でした。

昼を少し回って家に戻ると、初物のトマトが目に入りました。真っ赤に熟していて美味しそう。今日はまだ5粒でしたが、これからどんどん本格化します。トマトらしい青臭さが残っていて、私が好きなタイプのトマトでした。ミニトマトとしては上位にランクできる味です。

ピーマンもナスもキュウリも少しずつは収穫していますが、明日あたりからは夫婦二人では食べきれないほど採れはじめます。まずは【糠漬け】から楽しみます。

午後はオークションで落札したソーラーパネルが配達されました。さっそく梱包をほどいて庭に出し、テスターで図ると曇り空なのに20V付近を行ったり来たり・・・。
ホロホロに電話をして聞くと『それだけ発電していれば良品で、全く問題なし』と。

万が一不良品だったら・・・またまた交渉のエネルギーを必要としますから・・・丸く収まって一安心です。これでコントローラーが明後日の結果次第です。来週にはキャンピングカーの天井に穴を開けることになります。

今日最も嬉しい出来事・・・例の横岳登山で手伝ってくれた若いご夫婦【池田さん】からメールがあったんです。どうしてももう一度お礼が言いたかったので・・・嬉しいのです。

本当は今日の予定は【山】でした。天気もまあまあで、近くの山なら問題なかったでしょう。でもソーラーが届くので出かけませんでした。
土曜からまた二日ほど雲間から太陽が覗きそうですから・・・これは【山】でしょう。

南アルプスの【光(てかり・・・と読む)岳】に決めて飯田市に連絡すると、何とまたもや落石で林道はストップだそうです。梅雨の間は復旧させる予定はなく、結局8月ごろにならないと行けないかもしれません。南アルプスはこれが困りもんなんです。

明日の夜から出かけられると東北の山も可能な範囲ですが、さてどこの山にしたものか?
高速の土曜割引を使うと2倍遠くまで行けますから、大朝日か月山でも行ってこようかな

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/6/27  22:54

ソーラーパネル落札  くるま旅

花を探し・・・会話を楽しみ・・・奥の院から三叉峰で2時間も遊んでしまいました。下山しようとした時間には、先ほどまではっきり望めた奥の院もガスの中。
右手の一段高くなっているのが横岳山頂【奥の院】です。
クリックすると元のサイズで表示します

2時間ほどを要して下山してみると・・・先日アップしたようにバッテリーのトラブルだったのです。理由はまだわかりません。ここの所毎日セルを回していますが、一発で始動しますから。思うに・・・やっぱり私のライトの消し忘れ?

でも3時間も走ってから駐車したのですから、ライトの消し忘れで上がるなんてよほどヘタリ気味のバッテリーでないとあり得ないトラブル。交換が必要なのかも。また登山口でのトラブルを想像すると、トラウマになっていて出かけられませんね。

それの改善に直接つながりはしませんが、オークションで競ってもらっていたパネルを落札してもらえました。それが何と6.000円で・・・想定以上の低価格。待った甲斐があったというものです。

送料や代引き手数料などで10.000円ほどになりますが、100ワットがこの価格ですからこの後自分で出来さえすれば・・・超お得・・・です。問題はそこですけど。
ついでにコントローラーも落札してくれるように頼みました。

徳島の友【ホロホロ】に言わせると『小学校で理科をやった人ならだれでもできる』って。確かにマイナスとプラスぐらいは解りますが・・・コントローラーは何アンペア必要なのか・・・なんて、小学校の理科で習った人はいないはずです。

結線した後の絶縁はどうしているのか・・・なんて、どう考えても小学校の理科ではないでしょう。今日ソーラーの報告とこの後の作業について電話をすると、ヨットの上で手入れ作業中・・・そして『ビニールテープで巻いた後に、シリコンでコーキング』って教えてもらったのでした。

そのほかにも延長コードの太さやテスターの規格・・・全部電話で教えてもらいました。さあ・・・いよいよ作業が本格化します。お願いだから『小学校の理科』なんて言わずに面倒見てもらいたい・・・いいや・・・面倒見てくれないとできそうにありません。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/6/26  23:36

ツクモグサ見たさに横岳 U  百名山・中央ア、八ヶ岳

山頂からの眺望は・・・ため息が漏れるほど。大きく切れ落ちた【大キレット】・・・そしてその右、尾根伝いには見慣れた鋭く切り立ったピーク。槍ヶ岳は何度見ても飽きません。
クリックすると元のサイズで表示します

教えて貰ったツクモグサを見るために、【奥の院】の鎖場を下って行きました。左側を見落とさないように・・・しかし、見落とす心配はありません。明らかに他の花と違った存在感がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

一個見つけたら・・・こころに余裕が生まれたのか、次々にツクモグサが見つかります。もちろん危なくて近づけませんが・・・岩壁にはたくさんのツクモグサが咲いていました。残念ですが写真には写せません。高級カメラで望遠レンズが無いと無理な場所です。
近くで写せるものだけで我慢します。
クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりゆっくり三叉峰に戻ります。奥の院付近では1時間も遊んでしまいました。三叉峰で食事をしていると、隣に座った若者は・・・丹沢の鍋割山荘でボッカをしている若者でした。『イビキが大きくて気を使って小屋に泊まっても眠れない』と話すと、『それじゃ私が居たら声をかけてください。』とっ。きっと何か便宜を図ってくれるのかも。

ご夫婦も戻ってきたので5〜6人で会話に花が咲き、ついついまた1時間も時間を潰してしまい、下山は14時近くになってしまい・・・。

赤岳に目をやると・・・清里側はガスが湧き、稜線を挟んでの対比が面白い構図になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ