2012/6/25  19:13

ツクモグサ見たさに横岳  百名山・中央ア、八ヶ岳

ホームページには大判の写真でアップしています。登山の情報としてはそちらをご覧ください。左の欄にリンクがあります。【やどろくが行く百名山】です。

本当は縦走も考えていたのですが、起きたのが既に登山には遅い5時。縦走は時間的に無理、そこで我が家から近い海ノ口登山口から横岳にしたのです。友達のブログで『八ヶ岳はツクモグサが目的で多くの登山者』と・・・それでは私も見てこよう。ツクモグサはまだ一度も見た事が無かったんです。

登山開始は9時に近くなっていました。若いご夫婦と前後しながら眺望の無い林の中を登ります。休憩中にご夫婦と会話を交わすと、やっぱり『ツクモグサを見る』のが目的とか。
それにしても息を整えるための平たんな場所が無いキツイ登山道でした。
クリックすると元のサイズで表示します

途中で3人組の女性のパーティに『写真を撮って・・・』と頼まれて、あれこれ話してみると・・・何だか懐かしいイントネーション。岩手からのパーティでした。

私の生まれた町の隣町から。お一人はやっぱり百名山に挑戦中とか。写真は三叉峰への厳しい登りに挑む三人組。
クリックすると元のサイズで表示します

森林限界を超えて眺望が開けると、左手には赤岳の勇姿が。
クリックすると元のサイズで表示します

三叉峰からは天空の散歩道。オヤマノエンドウ・イワウメなどがビッシリと覆い尽くして。
花に癒されながら横岳山頂【奥の院】に到着です。槍ヶ岳も大キレットもダイナミックに展開していました。
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2012/6/23  22:16


困ったときはお互い様ですよ・・・涙が出るほど嬉しかったなあー。
私も・・・自分で言うのもなんですが・・・この言葉を言う側の事が多いのですが、言われてみると何と暖かい言葉なのだと再認識しました。

今日、長野県南牧村の海ノ口登山口から杣添尾根で横岳に登ってきました。時間は遅かったのですが、登山口から前後して登る若いご夫婦(?)と会話をするようになり、帰りもほぼ同時に下山でした。

私のホームページの話をしたりして『それじゃ』って別れてエンジンをかけると、何かスカスカしたセルの音で・・・かかりませんでした。2・3回試みたのですが、やっぱりダメ。

弱ったなー・・・とおもっていると、旦那さんが降りてきて『弱々しい音ですからバッテリーでしょう。ケーブル持っているからお手伝いしますよ』と言ってくれたんです。

下山したばかりで当然疲れていて・・・一刻も早く家路に着きたいのは人情です。しかし私が声をかけた訳でもないのに、このご主人は私のセル音を聞いて降りてきてくれたんです。
そして先ほどの会話になるのですが・・・。

私のバッテリーは左側で・・・当然ピッタリ停めてあったので車を寄せることができません。そこでもう一人の方のケーブルを借りて、エンジンをかけて貰えたのでした。

私ときたらどっちがマイナスでどっちがプラスかも解らず、観てもらったのでした。あまりに詳しいので『どうして判る?』と聞くと、車が好きで自分でいじっていたらしいのです。

技術的にも・・・心根も・・・こんな人と一緒の時に具合が悪くなった事は本当にラッキーでした。まだまだ日本人の良さが無くなっていない事を実感出来た日でした。

この若いご主人のお蔭で私も改めて・・・困っている方の力になれる人間であり続けたいと思ったのでした。奥さんにも感謝です。なぜって・・・旦那さんがそのつもりでも・・・奥さんが『早く帰ろう』と発言したら、我が家では逆らえません。まあ・・・我が家もそんな女房ではありませんが。

やっぱり慌てていたのか、お名前を聞く事も忘れていました。ひょっとしたらこのサイトに来てくれるかもしれません。改めてお礼を申し上げたいので、せめて【ハンドルネーム】だけでも教えていただけると嬉しいなー。

車のナンバーは【湘南】でしたが、何よりこのご夫婦は本来私がするべきだったケ―ブルを貸してくれた方にも挨拶をしてくれて・・・・・湘南の風のように爽やかさを残して去って行きました。

今日ご夫婦と同じ目的だったのが【ツクモグサを見る】。ほとんど固有種と考えて良いと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

海ノ口自然郷登山口の車。この位置でエンジンがかからなくなりました。キャンピングカーが私です。3台ほど前方に黒色のご夫婦の湘南ナンバーが。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2012/6/22  19:59

落札!  残念  くるま旅

夕べは韓流を見始めると途中で止められず、日付が変わるまでみてしまいました。それからオークションサイトを見ていたり・・・結局、ブログまで時間が回りませんでした。

キャンカーのソーラーパネルをオークションで入札している・・・のです。ですが自分でできるわけではなく、会社の部下だったパ〇チ君がやってくれています。ある金額を指示していますのでそれを目途に入札。

毎日見ているのですが・・・ここのところの落札額は私が指示しているよりはるかに高くて、サイトを覗いても楽しみがありませんでした。ところが・・・。

夕べは・・・締切時間が数時間後に迫っている状態で、指示価格より低い状態でした。そして締切ギリギリの時間に私の指示価格で入札すれば落札・・・となるはずでした。

今日電話をすると250円差でダメだったようです。最後の最後で逆転・・・だったそうです。まあ・・・残念ではありますが、そのうち何とかなるでしょう。

ここのところ落札額が下がり気味で指示価格に近づいていますから、ソーラーパネルを落札出来たら直ぐにコントローラーも入札してくれるように頼みました。

明日は早朝に出発して八ヶ岳を縦走してきます。目標は阿弥陀から硫黄岳までですが、脚力に自信が無くなったら阿弥陀から赤岳程度でやめるかもしれません。
まあ、別にノルマではないですから、満足できる山行であれば【何時でも】【何処でも】やめて帰ってきます。

本当は赤岳展望荘に泊まってみたいのですが、時間的に中途半端で・・・行者小屋あたりになるかなー。赤岳鉱泉の料理も捨てがたいし・・・あれこれその時まで結論は出そうにありません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/6/20  20:27

台風の後始末  リタイヤ生活

結局夕べの暴風雨はブログをアップしたあたりがピークで、その後23時ごろから終息に向かいあっという間に通り過ぎたという感じです。

今日未明まで吹き荒れるはずだったのに、時速50`以上で走り去り予測より早く治まってくれました。おかげで野菜類にほとんど被害はありませんでした。

しかし我が家の東側は公園になっていて、そこの立木から飛んできた枝や葉が道路と言わず庭と言わず散乱してめちゃくちゃ。

天気予報では気温が33℃になると言われていましたが、放っておけずに掃除を始めました。ついでに梅と桜の剪定を・・・始めたら生垣にしている山茶花も伸び放題に暴れていたのに気が付き・・・軽〜く刈り込みました。

道には公園から飛んできた枝葉のほかに私が剪定した枝も・・・午前中は此処まででした。昼を食べている間にも気温の上昇は際限なく・・・34℃を超えました。一旦休憩してしまうと再び動くのが億劫な事・・・。

それでも道一杯に散らばった枝葉を放置したままにできず、結局2時前から再稼働。集めた枝葉は私では抱えきれないほど大きな束に縛ったものが3個、可燃ごみの袋に入れた葉類が2袋。これを34℃の炎天下でやったのですから・・・命知らずにも程があります。

特に桜は脚立に乗っても届かないところがあって、面倒なので直接木に登って剪定です。そしたら【チャドクガ】と思しき毛虫に数か所刺されました。
今日も私の秘薬【ムヒ】のお世話になりました。カットバン・目薬・ムヒは私の大切なアイテムです。

暑い中でこんなに頑張ったのも・・・必要な作業をとにかく早く終わらせてしまいたい。そして女房の体調が回復し次第に、天気を見ながら何時でも出かけられる状態にしたいのです。

次回はハッキリ目標が決まりました。八ヶ岳に美濃戸口から登ります。できれば一泊で阿弥陀から硫黄まで縦走したいなあ。天候が一日しか持たない場合の候補としては【杣添尾根から登る横岳】。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/6/19  21:43

暴風雨  リタイヤ生活

何時も平和な我が地方も今、25bぐらいの風と叩きつけるような雨に見舞われています。
畑のトマトとキュウリはこの風では持ちそうにありません。とりあえず今、雨の中で更に支柱をプラスしました。

大玉トマトの上に作った屋根は急遽撤去。未明3時ごろまでは強風が・・・と天気予報で言ってましたから、後5時間野菜たちは耐えなければなりません。
もつかなーー、それとも折れてしまうかなーー。

今、再び様子を見に表に出ると電柱が50センチ以上の振幅で揺れています。万が一折れたら我が家を直撃し、最悪キャンピングカーまで巻き込むかもしれません。

何だか急に不安になってきました。こんなケースの補償はどうなっているのでしょうか。天災だから東京電力は補償しないでしょうね。

表には出ないようにニュースで報じていますが、やっぱり心配で出てしまいます。これが年寄の悪いところで・・・見たってどうしようもないのですから・・・出なけりゃ良いのに。

山用の雨具を着けてチェックすると・・・防水機能と透湿機能は完ぺきでしたが、風に舞う雨粒が顔と胸元を濡らし、そこから結局内部に入り込んできました。大荒れの山と同じ状態でしょうから・・・これでは山で内部の衣類を濡らすことになります。いい勉強になりました。思わぬストレステストができました。

徳島の友のブログには台風が通り過ぎたと・・・我が地方はまだまだこれから・・・です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ