2012/8/7  20:50

南アルプス縦走  百名山・南アルプス

35リットルのザックがパンパンになっても、まだ全部の食料が入ったわけではありません。前回の飯豊山登山の時、あまりに軽量化を意識したためほとんど主食だけしか携行しませんでした。大食いの私としては・・・何とも侘しい食事に、山の素晴らしさも半減したのでした。

今回は自分で栽培したトマトや缶詰類、お酒は先日姉がお土産に持たせてくれた、紫波杜氏が鍛えた純米吟醸をペットボトルに移して・・・これは妻に内緒です。『何も山で飲まなくても良いでしょう・・・呑兵衛なんだから』って言われるのが目に見えていますので。

ラーメンの日には餅のトッピングが付きます。天然酵母で日持ちのするパン、このパン食の朝はスタバのインスタントコーヒーを持ちました。そして全部の食事に玉子スープが付きます。

途中の行動食はフルーツたっぷりのゼリーとウィーダーインゼリー、カロリーメイトなど。
この後おつまみ用に乾き物をコンビニで買って・・・晩酌も食事もほぼ完ぺきに・・・楽しい食事を思い浮かべながら、頑張って担ぎ上げます。

きっと心に潤いを感じる食事ができる事でしょう。その分・・・先にも言いましたがザックはパンパンで、背負っては重いはずです。

コースは畑薙ダムから椹島へ、そして赤石小屋に泊まります。赤石岳に登り大沢岳を経由して百間洞山の家に泊り、3日目にいよいよ目指す聖岳に登頂します。そしてその日は聖平小屋に泊まります。

そのあとは天候が崩れそうですから・・・椹島に下山するか茶臼岳を廻るかは決めていません。天候が持ってくれて茶臼まで行ったら再び様子を見て・・・さらに一日天候が安定しそうだったら光岳をピストンします。

そして畑薙ダムに下山・・・こんな風に考えています。いずれにしても天候次第ですし、体調も・・・左足の裏側が何時痛みだすか?

何とか光岳まで今回終了させることができれば、言う事無し・・・なんですが。欲張らずに行ってきます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/8/6  23:57

登山に持って行く食料  登山(百名山以外の山)

痛めていた足・・・左ひざの裏側からアキレス腱までが何だか縮まったように痛んで・・・あまりに長いので数日前から逆療法で、無理に伸ばすようにストレッチしていました。

そしたら今日あたりから痛みがかなり薄まった感じがしています。もうそろそろ厳しい山にも行けそうに感じて、準備に時間を使っています。一番は行程の検討、二番が食材などの準備、三番が費用の確保・・・三番は誰にも頼めないので山行費用全体を縮減させるべく努力が続いています。

その中心は山小屋の宿泊料・・・これが意外に縮減できずに、困っています。南アでは2食付で8.000円が、素泊まりで5.000円になります。北アだと9.000円が5.000円ですから、北アの方がメリットが大きいのです。

前回の飯豊山から食材は担ぎ上げる事に決めました。今回も当然担ぎ上げます。それをチョコチョコ集めていたのですが、今日は山菜ごはんなど主食用のレトルトを買ってきました。
そのほかにカルボナーラのパスタやエビチャーハン等々。

でも1個400円もしますので、副食までを合計すると一日2.000円も違わないでしょう。4日間山にいるとして、8.000円しか違わないことになります。
何か・・・ちょっとガッカリしています。努力の割には差が少なくて・・・。

自炊をするということはコンロ・カートリッジガス・コッフェル分の重量が増え、食材が増え、5キロは確実に増えます。

ここまで折角買い揃えてきていたのに、今悩んでいます。なんか軽い荷物で【サクッ】と行って来た方が良いのかな・・・って。

玉子スープ、スタバのインスタントコーヒー、フルーツのゼリー、ウィーダーのマスカット味、お酒・・・・・この後さらにパンや缶詰類などを買いそろえて。結局、計算してみると安くなっていないかも?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/8/5  21:54

急遽、実家に  リタイヤ生活

折角生き返ったヤマモモに再び虫が着き始め、『消毒しなければ・・・』と思いながらも岩手の実家に行ってきました。闘病中の兄の体調が思わしくなく、姉が心配して電話をくれたのです。

色々な事で・・・実家はやはりルーツですから・・・疎遠になる訳にはいきません。何をさておいても出かけなければならない事も生じます。3人しかいない兄弟ですから、やっぱりどんな様子なのか・・・大いに気がかりでした。

それにしても・・・ゆっくり旅なら岩手は苦にならない距離ですが・・・急いでとんぼ返りとなると・・・とても遠い。年齢的にも費用的にも・・・リタイヤ生活者には遠い距離なのです。

往路は福島県の安積SAで、復路は阿武隈PAで眠りました。もう寝ないで移動するなど考えられないほど、体力的には後退しています。つい数年前まで元気だったんですよ。
こんな旅でキャンピングカーが役に立っても、あまり嬉しくはないなー。

兄の様子を確認してして・・・母の顔を見て話をして・・・面倒見てくれている姉と途中で落ち合って食事をしながら様子を聞いて・・・今日戻ってきました。ココちゃんも暑い中を2日間で1.000`も連れまわされて、今、すっかりダウンしています。

戻ってから・・・放っておけずにヤマモモを殺虫剤で消毒。暑い中をちょっと濃いめの薬液で消毒。しかも夕方は少し風があったので、虫よりも私が浴びたようです。体中に浴びたので作業着を脱いで・・・風呂に入ったのにまだ薬液の臭いが取れません。

今度は強すぎる殺虫剤で、ダメージを与えてしまったかもしれません。1週間ほど様子を見て、薬液のダメージがなさそうだったら再び消毒します。それにしても憎たらしい虫です。葉っぱを貼り合わせて、確りガードをしています。手で剥がしながらやるぐらいでないと効果が無いかもしれません。

話は再び東北道へ飛びますが
岩手に向かっていると郡山付近から、私と同じアミティが前になり後ろになりながら走っていました。私が長者原SAに寄っていると、そのキャンカーも入ってきて隣に停まります。
やはり同じ車なので意識されていたようで、私が覗きこむと降りてきて・・・。

オーナーさんは何と【A to Z】の会社の方でした。全く同じ車と言う事もあって会話が弾みます。現在の調子やこのところのトラブルの話をすると、対応してくれる事になりました。でも・・・会社は埼玉県内でも・・・私が住んでいる地域とは真逆なのです。

どちらかというとキャビンの問題ではなく、ベース車の対応になるのですから近くのディーラーで見てもらう事になるでしょう。奥さんの実家が私の実家の隣町でした。印象度は高いと思いますので確りインプットしていただけたと思います。何かの時に役立つ・・・人脈です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/8/3  20:07

アスリートの自立心  雑感

日本柔道はついに金メダルを逃しました。それも何時かは時間の問題で訪れた、仕方のない事だったと思うのです。日本の選手が弱かったのか・・・私が先日言ったように世界のレベルが上がっているのか。

プレッシャーとの戦いを自分の中でどう消化させるのか・・・はどの種目にも言える事ですから、しかも世界中の選手が経験することですから日本柔道だけが言える事ではありません。

何度も柔道選手の口から出てきた『勝てなくて申し訳ない』という言葉は使うべきではない気がします。ベストを尽くせても・・・尽くせなくても・・・精神力までを含めて【実力】なのですから、弱い人は敗けて当然なのです。ですから謝る必要なんてないんですよ。

その悔しさに耐えて強くなるんですから・・・水泳の入江も寺川もそうでした。次のチャンスに向けて努力しなさい。悔しさをバネにしなさい・・・それだけ言えばいいんじゃないでしょうか。頑張った選手・・・たまたま実力を発揮できなかった選手を責める資格は、誰にも無いんです。

柔道は【金太郎飴】見たいに・・・世界ランキングが10位以下の選手までが【金メダルに向けて頑張る】って言います。おそらくコーチに『自分で思い込まなかったらダメだ』なんて言われて、無理やり思い込もうとして言葉にしているように感じました。

それを感じたので先日あんなコメントをアップしたのですが・・・嫌な現実になってしまいました。コーチや監督からコメントまでを教え込まれる選手って、どんな国にもどんな競技にもいないと思うのです。

上下関係が厳しいから・・・ということもあると思いますが、少なくても勝負は自分の意思をだして戦わないと。外国の選手は日本人より数段、戦い方を知っている気がします。

ここは組まずに逃げよう・・・とか、技をかけたふりして逃げよう・・・とか、今、世界の【JUDO】はそこまでを含んだ競技なのです。さらに言えば【審判の未熟さ】までも含んだ勝負なのです。

だから国内では日本人同士が確り吊り手と引手を持ち合って投げ合う勝負で良いのですが、世界では日本の柔道が通用しないこともあるんです。それでいいのではないでしょうか。
もう・・・違う競技なのです。

それにしても・・・水泳の入江選手のコメントが凄かったですね。苦労して・・・乗り越えてきた選手だからこそ言えるコメントでした。『水泳競技27人のリレーだ。だからメドレーリレーの最後の泳者が終えるまで我々のリレーは終わらない』

23歳の若者の素晴らしい・・・心から仲間と繋がっていると感じさせてくれたコメントでした。一方で先ほど言った柔道選手の【金メダルコメント】・・・・柔道は金を取れなかったとか、水泳は金に近い銀を取ったから・・・とか、そういう話ではなく『自分の思いを話しているか』『金太郎飴か』を比較しているんです。

自立した選手をオリンピックに送れる国にならないと、どんな競技も柔道の轍を踏むことになりはしないか・・・それが心配なのです。

流石に柔道2回戦で負けた選手に『おめでとう』と言ったら嫌味になりますが、北京五輪で5位になった入江選手に『残念だったね』と言う声ばかりで『おめでとう』という言葉は無かったそうです。

我々の感覚はマヒしていました。たかが私の誕生日が来ただけで『おめでとう』なのに、世界で・・・オリンピックで5着になったアスリートに『おめでとう』と言わなかった国はやっぱり恥じるべきです。23歳の若者に今回幾つも教えられました。

頑張ったアスリートにおめでとうと言える国に・・・普通の国に・・・成長しましょうね。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/8/2  19:33

原発人災事故の捜査  雑感

東京地検がやっと・・・やっと原発事故の告訴を受理しました。今まで何やってたんたぜろう・・・とも思いますが、高まる反原発の機運にとりあえず【耳】を貸すふりなのでしょうネ。

初めからまともに捜査する気なんか全くありませんから・・・断言できます。警察が逮捕している訳では無いので、検〇は受理しても起訴・不起訴の判断を求められる事がありませんから放っておけばいいだけの話。説明責任を求めるはずのマスコミもこの事には触れないはずです。今後の捜査情報のリークとバーターになるでしょう。

もちろんある政治家の政治資金の記載ミスの時の様に調書の偽造も必要ありません。起訴するだけの確証を見つけなければ良いんです。原発事故調の政府事故調の報告書『見たくないものは見えない』って、まさかこの事ではないでしょうね。

昨年4月ごろ私はこんな事を言いました。『患者の命を救おうとして努力していた医師が、あってはいけない事ではありますが・・・うっかりミスをして・・・放射線量を間違い患者さんの将来を奪って逮捕された。一方で情報を操作したり隠蔽して沢山の住民を被曝させた東電関係者や政治家は責任を追及されることもなくぬくぬくしている』とっ。

何故検〇がこれを捜査できないかと言うと、東電や原子力ムラだけでは済まなくなるからなんです。当時『直ちに健康に影響はない』と言い続けた政治家や、おそらくは情報操作を指示したでしょう『政権幹部』に、【未必の故意】があったと考えなければならなくなるのです。

未必の故意・・・おそらくは被曝する人が多数出たとしても混乱は避けなければならない・・・と考えたということは、被害者が出る事を想定したうえでの判断だからなのです。

これ物凄く不条理ですよね・・・かたや治療の過程で懸命に努力したけれども、結果として放射線で一人患者さんの人生を奪ったとして逮捕され、一方で未必の故意で多くの方を被曝させてもぬくぬくとして子会社に。

もっと腹が立つのは散々ごねた挙句にやっと辞めたと思ったらお遍路に・・・被災者に背を向けて何を祈ったのでしょう。これが被災地の行脚だったら、まだ許せたかも・・・。

東電はこんな時のために各警察本部から50人近い天下りを受けていた・・・なんていわれないためにも検〇には確り捜査をして国民の信頼を取り戻してほしいものです。

前にも言いましたがこんな訴訟って初めっから日本では不可能なんです。裁判所は情報を持っていない・・・情報を隠蔽された、被害者(今回は検〇)に挙証責任を課すから・・・です。

こんな訴訟は逆ですよね・・・東電や原子力ムラ、当時の官房長官に『自分たちには罪が無い事』を証明させるべきなんです。あの小沢にマスコミこぞって『説明しろ、説明しろ』と求めているように・・・です。

疑ったら限がないですけど・・・有利な判決を出して置けば退官してから東電の顧問弁護士になれる・・・なんて裁判官がいない事を願っています。
また朝日や読売からも東電の役員が出ませんように・・・毎朝仏様に手を合わせているんです。これ以上日本にガッカリしたくないから・・・。

オリンピックのバトミントン競技で初めっから無気力で戦っていたアスリートがいて・・・こんなことがあってもいいのか?・・・と驚きました。

観客は金を返せ・・・と言っているそうですが、まさか検〇にこの二の舞を演じてほしくはありません。なでしこが同じような事をやってもさほど問題になっていませんが、検〇はそんな訳にはいかないでしょう。

税金を使って【嘘や噂を書いているブログやツイッター】を検索しているそうです。私の書いていることは嘘やデマの類ではなく、1人の国民の権利として憲法で保障された個人の【意見】ですから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ