2012/8/24  19:21


秩父御岳山、標高は1.010b程ですが、標高差500b以上を一気に登ります。登山所要時間としては最短コースで2時間です。ところが・・・下の地図をご覧いただきたいのですが、一番左の【落合コース】が崩落で使えなかったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

結局林道を歩いて地図上で右手にある、【強石コース】を使わざるを得なかったのです。林道歩きは楽しくありませんが、逆に帰りは同じコースを歩くのが嫌だったので林道だけで下山しました。登山者としては一人も会うことがありませんでした。

僅かに・・・林道を工事していた方に会えただけ・・・平日の・・・マイナーな山はこれも仕方のない事かもしれません。静かな山を求めてはいますが・・・少しは登山者もいてくれないと・・・テンションが上がりません。

写真は大滝の落合にある普寛行者の生誕地、【普寛神社】です。ここが落合コースの登山口になります。
クリックすると元のサイズで表示します

コースをあれこれ・・・混ぜこぜで登山者を誘導しますから、分かりづらくて困りました。
ただ、そんな中でも要所要所には道標が設置してあって、迷うことはありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の1キロぐらいは痩せた尾根の急登で、そこそこ本格的な登山と感じる・・・面白い山でした。今日・・・膝の痛みと筋肉痛がありますから、身体の状況でもそれが裏付けられました。まあ・・・手軽に行ける山としてキープしておいても良いかもしれません。

ただ・・・我が家から2時間もかかりますから、効率は良くないんです。2時間あれば・・・勿論高速を使いますが・・・八ヶ岳や浅間山、谷川岳・・・名だたる名峰に行けるんですから・・・わざわざマイナーな山に再び行くチャンスは無い気がします。
前々から興味があった事もあって、鍛錬山行としては満足の一座でした。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ