2012/10/14  22:53

ソーラー発電の威力  くるま旅

金曜日の夜に出発して、兄の四十九日で岩手まで行ってきました。初日は安積PAまで走って、そこで翌朝まで寝ました。キャンカーで移動するようになってからは、この方法が定番になりました。

11時からの法要ですが、お寺に到着したのは10時40分。着替えようとすると、妻の喪服のスカートがありません。

夕べ私が車に積み込む時に妻の喪服は夏服でした。それを妻に長そでにするからと言われて、折角積み込んだ喪服を車から降ろしました。

ところがそのあと妻が車に積んだのは上着だけだったんです。当然・・・大目玉を頂きました。

最近こんな状況ばかりですが・・・どちらが悪い・・・と責任をなすりあっても解決しない事ばかり。お互いに注意しあうしかありません。とにかくボケ始めていると自覚する事が一番です。

この旅(?)の間、冷蔵庫を点けっぱなしにしてみました。ソーラーの発電能力を確認したかったのです。バッテリ―残量は常にランプが二つ付いている状況でした。ソーラーの威力をまざまざと実感です。

日中に充電した量で朝まで十分使用でき、しかも朝になってもランプは二つ点灯。もちろん扉の開け閉めの回数が少ないので、コンプレッサーが稼働しなかったでしょうから当然と言えば当然です。

もっとしっかり把握するために、今度は暑い日の日中に冷蔵庫のスイッチを入れて放置してみます。日中の冷蔵庫の消費電力を賄う事が出来れば、パネルを購入した狙いは達成した事になります。今の感じではこのままテレビを増やしても十分足りそうです。

気が付いたのですが・・・せっかく太陽が燦々と輝いてソーラーは活躍したいのですが、バッテリーは100アンペアが2台だけ。もったいなくも直ぐに充電出来ない状態になっていました。

更に今日もう一台のソーラーパネルが届きました。パンチさんがオークションで落札してくれたのです。しかし今回のテスト結果ではソーラーパネルだけ増えても効率が悪い感じですから、思い切ってバッテリーを一台増やしたほうが良いと決めました。

要するにソーラーパネル100W×2台とキャビン用バッテリー100A×3台のシステムを考えています。もちろん走行時はダイナモで充電してくれます。

冷蔵庫とテレビぐらいは対応ができるのでは?
そうすれば登山口で妻に留守番させながら、数日山歩きをできるかもしれません。それが究極の目標なんですけど・・・。

設備投資した結果は・・・大いに満足ですし、今後少額ではありますが更に投資しても良いかなーーーと。2日間冷蔵庫が使えた事を、妻が何より喜んでいます。総理大臣が満足したのですから、もう【鬼に金棒】です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ