2013/2/9  11:26

わかんない  リタイヤ生活

大好きな【陽水(大変失礼ですが判らない方のために・・・井上陽水)】の歌に“わかんない”と言うのがあります。

最近会話していて・・・こんなことがあまりに多くて、ついつい愚痴になりました。もちろん陽水の歌もそんな趣旨ではあります。

灯油が切れて18リットル3缶を朝、買いに出かけたのです。ホームセンターの隣に100円ショップの【ダイ〇ー】があるので妻に用事を頼まれました。

食器を洗った後に置いておく食器籠を。大き目な格子でできた四角いプラスチック製のモノ。そして当然水キレができるタイプですから、受け皿も合わせて買うようにと。

先日別の同じチェーン店でもなかったので、多分無いだろうな・・・と思いながら行ったのですが、上の籠と受け皿の色が違っても良いなら沢山ありました。でも・・・やはり同じ色で揃えたくて。

店員さんを探したがいません。やっと見つけましたが若い娘でした。『誰か解る人はいる?』『私が店員です』

この時点で何か悪い予感が脳裏をよぎりました。だって店員と解っているから声をかけたのに・・・それなのにそんな回答ですから。

『同じ色で揃えたいのだけど、在庫は無いの?』
プラスチック製品の場所に移動して・・・と言っても私が場所を教えたのですが・・・教えないと別のところを探してました。

そして私が持っている白い籠と同じ白い籠を持ってきて、『これが同じ色ですけど』
その口調は・・・こんな簡単に見つかるのに、わざわざ煩わせて・・・何か問題でもあるの?

そんな態度に呆れながらも・・・若いから仕方がないなあ・・・『そうじゃなくて・・・』って説明すると、今度は私が持っているブルーの受け皿を持ってきて、『これがブルーで同じ色です』

ここ数年、私はこんなことでは切れなくなりました。若いころならブチ切れてましたけど・・・。『いやいやそうじゃなくて・・・』とまた説明をしたのです。

結局は『出ているだけしか在庫はありません』って、答える口調は不満が一杯でした。『このクソじじい、何分けのわかんない事言ってだよ!』って。

レジを打ってるオバサンにも話したのですが、結局訳が分かりませんでした。今考えたのですが、要するに『どういう用途なのか』が解っていないのだと思うのです。上籠と受け皿でセットだと言うことが。

100円で販売するために部品を細分化して販売しているので、完成品の形が理解されていない。また台所に立たない若い娘では食器籠なんて見たことも無いのかも。オバサンも解らなかったので・・・それでは説明がつかないけど。

在庫管理だって【同じ色を揃えて置く必要性が判らないから、白が切れたから白を発注する』考えに至らないのでしょう。また最近のニーズでは、色が違っても問題ない人も多いのでしょうか?

ダイ〇ーさんにお願いなんですが、アルバイト店員さんでも最低限の商品知識は教えてもらいたい。妻の意見は『理解力に乏しい』でしたが・・・私は違うと思うのです。使用する形態が頭にイメージできていない・・・のでしょう。

大変な時代になりました。年寄のニーズを伝えるのに・・・まるで宇宙人に説明するような・・・陽水の歌ってそんな【歌詞】ばかりなんですが・・・。

陽水はこんな時代を見越していたとすれば・・・訳のわからない歌詞の歌ばかりと思っていたのに・・・天才歌手です。

今日、今年最初のクロッカスが花開きました。暖かな日です。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/2/9  0:43

3度目の牛丼  リタイヤ生活

今日(明けたので昨日)人生で3度目の牛丼を食べました。昔のイメージだとご飯の上に、てんこ盛りに肉が乗っていたのですが、今日のは透けてご飯が見えました。

価格競争で・・・盛りが少なくなったのでしょう。これは消費者も悪い・・・適正な利益が出る価格のお店のを食すべきなのでは。

今日のは人生最後の牛丼だったかも。なぜか・・・我が家は牧場をやっていたので、乳牛を沢山飼っていました。牛は【家族】でした。食べる対象として見る事はできず、肉好きなのに食べなかったのです。

かつ丼は大好きですから、外食で考えるのが面倒な時は決まって【かつ丼】です。豚肉も鶏肉も食べますが・・・牛はNG。

昔、吉野家ができた頃、当時の友に誘われて入ったのが一度目。汁がどんぶりの下の方に溜まっていて、ご飯がグチャグチャ。私はこれが苦手なんです。

それ以降牛丼は苦手。しかも牛の肉の臭いも受け付けません。2度目は10年ほど前に・・・。台風の配備に着いていての夜食でした。そして今日が3度目です。

腰の痛みは坐骨神経痛の薬を貰って・・・3日目で痛みが治まってきました。そしたら妻が痛み出して・・・交替して・・・私が貰って来た薬を飲ませようと思います。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ