2013/3/31  22:27

3周年  リタイヤ生活

ブログが3周年を迎えました。つまらないオヤジの日記程度のブログにもリピーターの方が付いてくれて、最近は40人を超えた日も数日。実に驚きを禁じえません。

だって・・・ほとんどが愚痴や屁理屈で、ちょっと役に立つ旅情報などはほんの一握り。来ていただけるだけでもありがたいのです。

もちろん多ければいいのでしょうけど、オヤジの日常はそんなに珍しい事が続くわけでもなく・・・これからもこの程度・・・と理解してください。

まあ・・・でも・・・仲間への連絡の意味もありますので、続けて行きます。たまには参考になる事もあると思うので、ごひいきにお願いします。

あーあ・・・退職して早くも丸三年。百名山も中山道も、とっくに終わっていたはずなのに、毎日が日曜日になるとあらゆる事が中途半端になります。何時でもできそう・・・で。再度緊張感とバイタリティを漲らせて・・・頑張るぞ。

話変わって、今日も寒い日でした。昨日同様に雨も落ちて来そうで・・・結局、外仕事は何も手を付けませんでした。この二日間の停滞は大きなロス・・・と考えていると女房が『人生は長い、長い。気にしてもしょうがない』って。

山の予定があるので今やれる事は、今のうちに片っ端から片づけて置きたいのです。人生は長いかもしれませんが、登山シーズンは短くて・・・あっという間に雪が落ちてくる季節になります。

午前中は床屋さんに・・・何時もの妻の従弟のところです。そしたら妻の中学の恩師にバッタリ出会って、妻は思い出話に花が咲いていました。80歳を超えているのに記憶力がバッチリで、やっぱり先生をやっていた方は違う気がします。

何処かであった人のような・・・我が町の歴史資料館の学芸員を最近までしていたそうで、中山道を歩いた時に寄って話を聞いた人だと思います。

詳しい人だと・・・うっかり質問すると長々と説明されますが、この方は今日も実に明快な話し方をする人でした。従弟も教え子だったのでここで散髪しているようです。お元気で。

妻の生徒が卒業していくとき『お世話になった』と父兄がお菓子を・・・土曜日に特別に指導をするとお礼にお菓子。姪が仙台の娘のところに遊びに行ったお土産が名物の最中。相棒が得意先からお菓子の詰め合わせを・・・。

結局・・・ここ数日お菓子が主で。特に土曜に貰った『たい焼き』は夫婦二人なのに、3種類のあんこのモノを詰め合わせ。夕べも私は3個に妻は2個を頑張って食べ、今日もご飯代わりに食べています。

甘いものが怖くなってきました。お茶も怖くなってきていますので・・・ヨロシク。





平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/3/30  22:05

九州百名山5座登頂計画  登山(百名山以外の山)

先日相棒が遊びに来た日に『お菓子メーカーの得意先で安く販売する日がある』って話をしていたのですが、今日段ボールに二箱も届きました。

東ハトと言えば昔はココナッツサブレーと決まっていました。でも最近は時代のニーズに応えて新商品を開発しているようで、スナック菓子のオンパレードです。

中には小さい包装でエネルギーの高そうなのがあるので、九州の山に行く時の非常食に持って行こうと思っています。

当分はお菓子に困らない生活ができそうですが、ちょっと姪にも手伝ってもらおうと電話したら・・・ダイエット中で・・・。

今日こそは除草剤を撒いて・・・洗い残した車を洗って・・・畑もいじって・・・と思っていたのに、何と今にも雨が降りそうで、しかも震えるほど寒い。当然作業は中止です。年を取ると天候に対して物凄く軟弱です。

結果として雨は降らなかったので、除草剤としては1日の作業時間を棒に振ったことになります。がっ、寒かったのでどっちみち作業はしなかったはずです。明日の天候に期待しています。

今日は九州百名山5座を登頂すべく、色々作業をしていました。コースのアバウトな計画は既に出来ていたのですが、宿の予約が取れる取れないで微妙に修正が出てきます。

何より肝心なのはレンタカーの確保です。マツダレンタカーの熊本支店で確保しました。熊本が起点になります。福岡だと道路事情も難しいので、新幹線で少しだけ田舎に移動します。借りるのも返すのもメリットがありそうで。

熊本から黒川温泉→久住登山口、久住に登って法華院温泉に泊まります。時期が早いのか予約が取れました。

阿蘇・祖母と登ってえびの高原へ。国民宿舎が取れました。霧島市の温泉を軒並みやっつける計画です。韓国岳は登山禁止が解除されていますから、これを逃すと何時再び禁止になるかもしれません。今でしょう。

そして指宿の休暇村が取れました。砂風呂を体験してきます。そして開聞岳に登ると5座が終了です。

知覧で特攻記念館や武家屋敷を見学、最終日は薩摩焼の沈寿官館に行ってきます。此処は数年前からどうしても行きたかった場所なので、どんなに時間が無くても体調が悪くても外せません。

司馬遼太郎氏の【故郷忘じ難く候】を読んで以来、沈寿官氏の人となりに感銘を受け、絶対に握手してこようと思っているんです。ひょっとして気に入ったのがあったら、数千万円の壺を買うかもしれません。

言い忘れましたが・・・宝くじが当たっていたら・・・です。
そして熊本に戻って、熊本城に登って加藤清正を偲んできます。これも池波正太郎の【真田太平記】を何度も読んで、お城の隅々まで脳裏に焼き付いています。外せません。

長くなりますが・・・今、日本には当時のままの天守閣が残されている城郭は12城。残念ながら熊本城は後年に復元されたものです。西南の役では西郷軍がとうとうこの城を破る事ができず、戦況が一変したほど難攻不落の名城でした。天守閣・・・残念ですね。

こんな欲張った旅を、一日中計画して楽しんでいたんです。特性の地図も計画表もできて、その日を指折り数えて待ちます。何時出発するかは秘密にさせてください。女房だけだと物騒なので・・・。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/3/29  21:46

坂口良子さんの死  リタイヤ生活

昔は人並にゴルフをやった事がありますが、ゴルフ自体が好きではないんです。したがって尾崎兄弟なんてどうでも良くて・・・。

最近よくテレビに出る坂口杏里という【おばかキャラ】の娘もあまりに酷い。脳みそがあるの?・・・って疑いたいほど。あれで金になるんだから【親の七光り】は良いなあーーと
は思います。

肝心の坂口さん本人も・・・特に演技が上手いと思った事もないし、夢中になれたドラマにも巡り合っていませんが。

今日、安住さんの番組は坂口さんと尾崎建夫の結婚式の再放送でした。実は昨年8月にリアルタイムで放送されたのも見たのですが、今回もまたやらなければならない事が沢山あるのに・・・観てしまいました。

前回も・・・今回も・・・ついつい涙が零れ落ちて。坂口さんのドラマで泣いた事ないのに、実に泣かせる女優さんでした。

好きでもないし・・・興味もないし・・・どうでもいい人の結婚式に涙が流れるんですから不思議と言うか・・・実は大女優なのかもしれません。人生を演じているのかも。

思ったのですが・・・尾崎建夫も坂口良子さんもお馬鹿な娘も・・・みんな純朴だったからかな・・・って。

韓流ドラマの名作でさえ、二度観で泣かされるケースはそんなにありませんから。演技で泣かせる事ができない女優さんの、実際の人生に涙を誘われて。

57歳で終える人生はやっぱり悔しかったでしょう。哀れで・・・また涙が流れました。合掌。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/3/28  22:24

相棒がフラッと  リタイヤ生活

かなり疲れていたようで・・・中山道から戻った数日は、横になると寝てしまう。ですから気は焦るものの、何にもできていません。

庭は雑草だらけ・・・畑は何も植わっていなくて猫のトイレに。昨日こんな状況を変えようと除草剤を買ってきました。畑の肥料も買いたいし、苗も買いたい。少し気力を前面に出さないと・・・。

でも坐骨神経痛も痛いし・・・無理は止めた方が良いのか? 
迷いどころでした。それにつけても車の汚れは見るに堪えなくて・・・妻の車を洗い終えて、キャンピングカーを洗い始めると・・・相棒から電話でした。

昼過ぎにやってきました。私がブログに九州の山の事を書いたもんだから、九州のロードマップと山地図を持ってきてくれたのです。今日は東松山で仕事だったとか・・・わざわざありがたい。

たった一度しか使う機会のないロードマップを買うのも、何となくもったいなくて迷っていたところでした。念ずれば通ず・・・でしょうか。

夕方まで韓流ドラマの話しや病気の話しを妻と三人で。この年になると・・・病気の話しをしないと落ち着かない・・・不思議な心境です。

今年は3人でまた韓国に行く事になりました。昨年は色々家庭の事情で行けませんでしたから今年こそ。今度はソウルとそこから足を延ばせる範囲に決めました。

百名山をやって・・・花の百名山をやって・・・百高山をやって・・・中山道を踏破して・・・玉川温泉で湯治して・・・これに韓国旅行が加わったら身体がいくつあっても足りません。

相棒も韓国のお遍路を終えると、今度はスペインのサンジャックの巡礼の予定。お互いに時間もないけど金もないので・・・頼りは宝くじの3億円当選です。今日一番の話題は宝くじだった気がします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/3/26  23:53

オープン前に泊まる  中山道

最初の晩(3月20日)と2泊目は【道の駅こうら】でした。これが3月23日の土曜日がオープン・・・実はそれを知らずに行ったのです。

もともと野菜の直売所があったところで、トイレと駐車場は完備してあり、今回はそれに食堂スペースなどを増設して道の駅化したのです。

ですから存在自体が知られておらず泊りの車は一台も無く、工事の人やオープン準備に追われる方が帰った後は真暗。物音に敏感に反応する息子も静かに眠ってくれました。それにしてもオープン前に泊まったのは初めての経験でした。

写真はまだ人が残っていた時間のモノです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それでも明け方は目ざとくスペースを見つけるトラックが、5台ほど仮眠していました。我々一台だけで泊るよりは、防犯上大歓迎です。

最後の23日(土)は守山宿まで歩いたのですが、宿場に入って妻を待たせて置く場所を探していました。大きな宿場になると【中山道資料館】や【案内所】のようなものが用意されています。

ちょっと・・・そんな雰囲気の建物があったので、私が確認のために入って行きました。そしたら男性が出てきて相手をしてくれて・・・『休める所は無いですか?』てっきり公的な施設で旅人が利用できるものと思い込んでいたのです。

怪訝そうな男性は『あのテーブルぐらいです』それは土間に置かれたラーメン屋で順番待ちをするような長椅子。それが気に入らない私は『食事できるところはありませんか?』私達は準備してありました。

『ここで食べられますよ』と示されたのは・・・確りした【レストラン】でした。此処は案内所でも資料館でもなく【うの家】という食事処だったんです。

全く勘違いとは言え失礼な話です。『そうではなく、自分たちで持ってきたものを食べる場所ですけど・・・』『そう言われても・・・私どももレストランをやっているので、食べる場所は提供できない』

そう言われて初めて気が付いたんです。看板をもう一度見ると小さく【レストラン】と書いてありました。顔から火が出るようでした。

ところがこの男性・・・すぐ近くの資料館に電話してくれて『中山道を歩いている人に食事場所を提供してくれ』と頼んでくれたんです。

この人が先方に『うの家ですけど・・・』と言うと、先方も直ぐ判ったようで名家のようでした。建物の品格や優雅さから言っても間違いない・・・そのはずです。

滋賀で【うの】と言えば・・・総理大臣をやった宇野宗助さんが思い当ります。なんとビックリ・・・宇野さんのお宅でした。

悲運と言うか・・・詳しくは申し上げにくいのですが・・・古い人は知ってますよね?
この人が短命政権で終わった理由を・・・。

でもおそらく息子さんだと思うこの男性は、やはり名家の御曹司然としていて、人間としての品格も徳も兼ね備えた御仁と見受けました。忙しい中を休憩所を探していただいて・・・ありがとうございました。

お父さんの政治家としての沿革や業績が掲示されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ