2013/8/31  22:48

限界  リタイヤ生活

妻が10時ごろ病院から戻ってきました。そして1時から自分の仕事。3時半ごろに終わって少し眠るつもりで2階に上がっていきました。

少しは眠れたのか・・・5時に起こす約束でしたが、4時半ごろに起きてきました。そして今度は私の運転で再び病院へ。今度は夕べ一緒に泊った姪を休ませるためです。

妻が2階に上がって行って少し時間が経った頃、ココちゃんがどこか痛いのか悲しい声で鳴き始めたました。喉に何か詰まって苦しいのか・・・と思って、喉をさすって。

それても鳴き止みませんので、指を口の中にいれて喉の方向に差し込みました。しかし指に何も触りません。本当なら自分で指を差し込むなんて怖くてできないのですが、妻の眠りを邪魔したくないので必死でやってました。

どうにか背中をさすっていたり抱っこしていたら落ち着きました。何があったんでしょう?
そんな息子を一人で残して・・・病院に行くのは不安でした。

暑くて熱中症?  そんな感じでは無くて、お腹を痛がっているような感じでした。
この子も前の子と同じで病弱で・・・短命なのかな〜〜?

私と妻は姪が9時半ごろ病院に来たので、入れ替わりで帰って来ました。家に入った途端、妻は限界だったようでフラフラになり、さっき風呂にも入らず2階に上がって行きました。

自分の母の事ですから・・・面倒見るのを止めなさい・・・とは言えませんし、言ったとしても止めるような妻でもありませんが・・・。

もう私達世代は、一晩寝なかったら持たない状態の人が大部分でしょう。気持ちがあったとしても体力的に無理が利きません。変わってあげたくても、義母は妻と弟と姪がいないと不安がってダメなんです。

ただ・・・傍で見ているだけ・・・と言うのも辛いです。病状はかなり改善してきましたから、退院が早まりそうで・・・その意味では嬉しいのですが、元気が出てくると逆に目が離せないので・・・それはそれで苦労の種が増えるんです。

貧しい日本の典型的な縮図が・・・此処にあります。社会保障の貧困・・・。
息子だけは・・・今、病気にならないでね!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/8/30  21:08

全てが【酷】な社会  リタイヤ生活

ここ数日間涼しい日が続いたので、それほどでもない今日の暑さが辛く感じました。コンクリートなどの照り返しで、吸い込む空気が熱い。外に出ると熱気でムッとしてました。

37℃あったと言いますから『それほどでもない』という表現は間違いでしょうか?
40℃を記録した我が地方としては・・・それほどでもない・・・のです。

明日はもっと・・・それほどでもなくて・・・35℃程度だそうですから、一安心です。決して嫌味ではなくて、むしろ夏が戻ってきて喜んでます。

ここまで言うと『開き直り』『諦め』ですね。すみません・・・嘘を言いました。

一方では大雨。最近は雨が降ると・・・必ずどこかで洪水やがけ崩れが起きてます。水瓶に水が無いと騒いでいる地域があれば、今年の島根や鳥取の様に何度も洪水に見舞われる地域。

今度の台風に刺激されて、またまた大雨にならなければいいのですが・・・不安です。
日本中が【激甚災害被災地】に指定されてしまいそうですね。

今日の夜は妻が母の介護で病院に泊りこむそうです。弟が火曜から3日間連続で泊まりましたから、変わってあげて休ませようと考えています。

年寄が具合悪くなると・・・家族中が辛いです。老々介護ですから・・・。社会保障として本来社会・国が面倒見てくれるべきだと思うのですが、流れは反対でむしろ家族の負担が増える方向です。

家族愛や思いやりが介護を頑張らせてくれるのですが、精神的にも肉体的にもやっぱり限界はあります。介護生活は15年になりましたが、今回のような徹夜での介助となると施設にお世話になっている介護とは負担のレベルが違います。ですが何とか協力しながら乗り切ります。

本当にいろんな事が、大変な時代になりました。天候も社会保障も経済も外交も・・・八方塞がり。我が家だけでの問題ではないのが救いです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/8/29  19:59

確定診断  リタイヤ生活

検査ができる大病院で調べた方が良い・・・と言われて、しかも予約を取ってもらえたので行ってきました。予約者が優先ですので、私は少し待たされましたが、1時間ほどで順番が来ました。

一見して先生は『キズを着けませんでしたか?』
私  『・・・?』
先生 『これはキズが着いて血腫ができたのが、潰れて糜爛(びらん)状になったものですね』
私  『悪いモノじゃないんですね?』
先生 『可能性はかなり低いと思います』

念のため【ゼロだ】とは言わないと知っていますから、こういうコメントは安心していいのです。

抗生物質と軟膏とうがい薬で様子を見る事に。1週間後に効果が見られればドクターの診断で間違いないと思います。来週、もう一度見せに行きますが、ほぼ【確定診断】がでました。

それにしても何か固いものを焦って食べたのか、火傷でもしたのか・・・全く思い当る事はありませんが・・・キズをつけたんですね。皆さんも注意してください。

帰り11時ごろに救急外来に寄って先生のところを覗くと、ちょうど救急車が入って忙しく動いていました。義母の診察・入院でお世話になったので、お礼を言おうと思ったのですが・・・。

近いうちにまた会う機会がありますので、今日は帰って来ました。
北海道の百名山登山記録をホームページにアップしたので、興味のある方は覗いてください。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/8/28  21:38

落ち込む話  リタイヤ生活

口腔内のデキモノがまだ腫れていて痛みがあります。特に醤油やソースなどの刺激物は辛いし、熱いものも辛い。舌で押してみるとまだ痛みがあります。

あまりに長いので、しぶしぶ病院で診てもらいました。そしたら先生は『一見してガンだと判るようなものではないが・・・修復の仕方が今まで見た事のないタイプだ』

『念のために大きな病院で組織検査をしておいた方が良いと思います』
何処の病院にするか先生を交えて相談しました。そして結局、先日も問題があった【呆れた病院】で診てもらうことになりました。

呆れた病院も嫌ですが・・・診断結果がどういうモノかも不安です。
紹介状を貰って帰って来ました。

いま義母が入院しているので、私が家族に迷惑をかけるのが精神的に負担です。何とか大事にならないように願ってるんですけど・・・。

刺激物を摂らなければ、食事は普通にできています。体重はますます増えて、北海道に行く前に戻りました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/8/27  20:25

義母の入院  リタイヤ生活

朝、まだベッドの中だったが・・・妻の電話が鳴った。でて見ると弟からで『施設からバーさんがおかしいと電話があった』との連絡でした。

妻が慌てて飛んで行くと・・・呼吸も定かでない状態で、そのまま救急車を呼ぶ事にするほど深刻な状態でした。かかりつけ医に連絡するとドクターがいないと断られ、仕方なく救急車で隣町の市民病院へ。

CTなどの結果によって【ウィルス性の肺炎】と診断されました。どうも数日前から悪かったようで、微熱が続いていたようです。早めに施設が対応してくれていたら・・・と残念です。

先生の説明では『長く苦しんだので、顔などもすごくむくんでいる』のだそうです。荷物を届けに行って病室を覗くと、パンパンに晴れた顔で熱にうなされる義母が横たわっていました。

【入院】になったが隣町の病院では妻が通いきれないので、先生に話して地元のかかりつけ医に入院できる様にお願いしました。病院から病院に連絡してくれて、お陰様で話しはスムーズに展開。介護タクシーを呼んで転院しました。

かかりつけ医は『何にもなく治療ができれば3週間、万が一精神状態が不安定な状態が起きたらなるべく早く退院させる』との方針・・・で説明を受けたらしいのですが。

義母は脳梗塞の後遺症で言語障害があり、病院スタッフと上手く意思疎通ができず精神的に不安定になるのが常です。そのため妻の付き添いが、いつも必要になるのです。

結局はまた妻の負担が増えるので・・・私まで気持ちが重くなっています。

今年の秋は【中山道の踏破】や、5日間だけだが妻の休みが取れるので玉川温泉の湯治を計画していましたが・・・無理そうですね。

こんな事があるので・・・やりたい事は、やれる時にやっておかないと。九州や北海道の件を秋に計画していたなら・・・今年もダメになっていました。

まあ遊びの事はさておいて、一日も早く回復してくれないと妻のダメージが深刻なものになってしまうので、それが一番気がかりです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ