2013/9/18  20:04

キャンピングカーの改良  くるま旅

7月に北海道旅行をした時、ホロホロ三世にキャンピングカーの不具合を診てもらいました。そしてアバウトながら、改善方針を示してもらっていました。

戻って直ぐにも取り掛かりたかったのですが・・・あれこれ家庭の事情でなかなか手が付きませんでした。

網戸の取っ手のフックと受け側の突起に【遊び】が大きすぎて、網戸がピシッと留まりませんでした。またその事から網戸と枠に隙間ができています。

その隙間にはもともとスポンジが貼り付けられているんですが、役に立っていないんです。そこから埃はもちろん虫も入ってきていました。

フックの件は受け側に台座(ワッシャー風)をはかせて、突起部に網戸のフックが引っかかりやすいようにします。

隙間にはゴムとスポンジの中間のような材質のものを、両面テープを枠側に貼り付けて隙間を埋めます。言葉では解りにくいので完了したら写真をアップします。

方針は決まっていたのですが地元のホームセンターを数軒探しても、適当な材料・部材がなかなか見つかりませんでした。

そこで今日出かけるついでに東急ハンズに行って見ました。そしたらさすがに東急ハンズは置いてました。と言うよりは台座にする四角いワッシャー風のモノは流石に無くて、50円払ってアルミの板を加工してもらいました。

腰の様子を見ながら・・・今週末に体調が良かったら作業開始です。
写真はゴム風の板と穴を開けたアルミの板です。どちらも更に適当な大きさにカットして使います。
クリックすると元のサイズで表示します

アルミ板の方は穴を四角く加工しないと、丁度良い位置にネジが行かないと思います。寸法を測って・・・こんな作業がまた楽しい。

やろうとしている技術レベルは小学生の図工程度ですが、男はこんな作業が好きなんですね。
上手く行ったら【拍手】をお願いします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ