2014/8/14  22:34

富士登山  雑感

仙台にいる娘が夏休みで帰省しました。多分3日ぐらいはいると思うのですが・・・よく解りません。

女性として最初にエベレストに登頂成功した田部井淳子さん、その後世界7大陸最高峰の全座登頂成功も彼女が最初でした。

私達夫婦がよく行った福島県三春の出身で、私はその生家も行ったことがあります。

一つの偉大な事業を成し遂げる方と言うのは、すべての事でやはり秀でた考え方なり信念なり努力が見られます。

震災で被災した東北の高校生を富士山に登頂させる事業を展開していますが・・・その番組を見て圧倒されました。やはり我々凡人とは違うなーと。

ご自身が癌を罹患し余命3カ月と宣告されてから・・・立ち上げた事業と聞いたら、貴方も驚くでしょう。

命ある限り・・・1.000人の高校生を富士山に連れて行こうと決めて、ことし3年目で200人を超えたようです。

一歩一歩頂上を目指す努力が自信となって、あらゆる困難に打ち勝ってくれると信じている・・・と言ってました。

私が癌を宣告されて・・・子供たちにそんな愛情をかける事が出来るでしょうか?

大業を成し遂げる人って・・・尊敬に値するって・・・改めて納得しました。



平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2014/8/13  22:49

ホ・ジュンのリメイク版  リタイヤ生活

台風の影響で涼しい日が多く、昨日も一日中雨。そして今日は晴れたのですが、カラッとした暑さで・・・このところしのぎやすい陽気です。

猫の額のような畑に植えてあるトマト・ナスが大きくなっていたのに雨などで収穫できず、今日半袖のまま収穫しのです。・・・がっ。

ミニトマトは50〜60個も収穫しなければならず、意外に時間がかかるもの。うちの中に入ってビックリ。

痒いのか・・・判別付かないほど右腕も左腕も・・・モアーッとした感じ。その数分後物凄い痒みがやってきました。蚊にやられたのですが、30か所まで数えましたが見えなくて数えられない個所もあり・・・。

首や耳の後ろなど・・・恐ろしい事になってます。しばらく蚊と闘っていなかったので、蚊対する意識が薄らいでました。

ところで・・・最近あまり言ってませんが・・・相変わらず韓流ドラマは見ていました。リタイアしてからは韓流漬けと言う感じですが・・・。

ブログにあまり書きすぎると・・・呆れる人もいて・・・あまり言わないように意識してます。

今、見ているのは6〜7年前に韓国で【ホ・ジュンシンドローム】と言うほど高視聴率(60%台)を作ったドラマのリメイク版です。放送時間になると通りに人が居なかったと言う、恐ろしいドラマでした。

リメイク版も題名はやっぱり【ホ・ジュン】。当然ながらストーリーもほとんど一緒ですが、当時のドラマよりリズム・テンポが良くて楽しく見ています。

出演者の演技力も相対的には前作を上回っていると思います。

お盆休みは・・・と言ってもあまり関係ないですけど・・・DVD三昧で過ごす予定です。百名山完登達成をにらみながら、山行に大切な天気予報と韓流中心の毎日です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2014/8/12  20:22

検証  雑感

今日のフジテレビは日航機事故の検証番組でしたが・・・良い番組でした。被害者の最後の最後の心に思いを遣り・・・遺族の心情に寄り添った検証でした。

初めての経験であるにもかかわらず、コクピット、キャビンスタップの行動は実に見事でした。最後まで敵前逃亡せずに頑張っていた姿が描かれていて・・・感動と同時にお礼を言ってました。勿論番組にではなく、日航機のクルーにです。

検証にもいろいろあり、そして事故現場での対応も様々ありますが・・・比較してしまいますね。

昨日の話に少しだけ触れさせてください。昨日言い忘れたので・・・。

A紙ほど頭のいい人たちがそろっている会社で、あんな検証内容で読者・国民を納得させることはできない・・・と誰も気が付かないはずはありません。

と言うことは・・・当初批判はあるだろうけど、シラを切り通せば世間は忘れてしまう・・・と思ったのか?

あるいは・・・開き直り?

福島の原発人災では東京新聞が評価を高め、今回の慰安婦問題捏造は産経のあくなき追求が功を奏しました。

今日のフジの検証番組も評価できます。逆に大手新聞がみじめで悪あがきと言う感じです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2014/8/11  21:20

それでも朝日を読みますか  雑感

今日のテレビ報道で知ったのですが、今回の異常気象が原因で栃木にも大変な被害がありました。

あまり把握しないまま【大きな被害が無い】と表現しましたが、適切な表現ではなくお詫び申し上げるとともに、あらためてお見舞い申し上げます。

400軒以上が被害を受けたそうですから、十分に【大被害】でした。

私は何処かの新聞と違うので非は非として認め、あらためるべきは改めさせていただきます。

ところで・・・私はAという大新聞やYという老害新聞は絶対に読まないと決めて・・・3年が過ぎました。

たまに駅売りで東京新聞や・・・今後は産経新聞も読むことにします。と言うのは既に皆さんご承知の【慰安婦問題】の捏造報道・・・。

それを検証したはずなのに・・・結果は全く反省していないどころか、ますます読者を欺こうとしていることがはっきりしました。

何にも疑問に応えておらず・・・読者はあの程度の表現で誤魔化すことができると思われたようです。

多くのマスコミ人が『当時A紙の記者【U】がこの捏造記事を書いたとき、Uの奥さんの母は【慰安婦訴訟】の原告支援団体の会長職にあったため、裁判に有利になるように側面支援の意味で記事を捏造したのではないか』と質問しています。

しかしA紙は論点を変えて『一番重要なのは、実際に強制されてそういう行為をさせられた人が居たという事実だ』と言っています。

私に言わせれば・・・そもそもその論理のすり替えが一番悪質だと思っています。確かに被害を
受けた方はいるでしょう。でも軍や政府が直接関与したのか・・・が重要な論点の一つです。

A紙が言うように・・・私も一番重要な事を言わせてもらえば・・・うその証言だと判ってからも(あるいはすでに嘘と判っていたのに)訂正せず、剣よりも強いペンの力を国民・読者を欺き続ける事に利用したこと。

今回も論点をすり替えて国民を再び誤魔化そうとしていること・・・がマスコミの対応として一番重要と思っていますが、皆さんはどう思いますか?  こんな新聞、まだ読み続けますか?

サンゴに自分で傷をつけて置いて・・・誰がこんなことをしたのか・・・とスクープ記事を書いた記者もいました。

福島原発の事故報道は・・・大本営発表の垂れ流し。私でさえ解る【メルトダウン】を一切報道せず。

無かったとは言わないけれど・・・吉田証言が捏造であれば直接的な証拠が無い【慰安婦問題】は・・・なぜか積極的に報道。書き続けないと今回起きた事が予測できて、がむしゃらに走り続けるしかなかったのでしょう。

慰安婦問題は世界的にも浸透してしまい・・・お蔭で日本国民は何世代にもわたって、強姦魔のように世界から蔑視され続けます。

確かに慰安婦は存在したでしょう事は私にも解ります。しかしそれが本当に日本国や軍が直接関与した【性奴隷】だったのでしょうか?

責めようと思えばA紙やY紙の事をあげつらうことができますが、こんな奴らと向き合うのも馬鹿らしいのでこの辺で止めます。

そんなことより・・・その筋と判るような方が、ビールや洗剤をおまけに付けないと売れない新聞に・・・どんな価値があるんでしょうね。くどいですけど・・・こんなA新聞をまだ読みますか?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2014/8/10  20:21

天の恵み  リタイヤ生活

連日、草木さえも萎れてしまうような暑さが続いた関東。涼しい北海道から戻った身体には、ずいぶん堪えました。

北海道はキャンピングカーの窓を閉めて寝なければならず、タオルケットをかけて寝る日もあったほどでした。

戻ってからは満足に食事もできず・・・妻は食事の工夫が大変だったようです。バテさせないように食べさせなくてはいけないので。

それが・・・昨日・今日と台風の影響で気温が上がらず・・・生き返りました。台風の雨で被災された方々にはお見舞い申し上げます。

お陰様で関東はほとんど被害もない状況でした。栃木などの山間部で被害が報じられていましたが、四国・九州・近畿・東海地方とは状況が違いました。

2日間で1.000_超えの雨だそうですから、崖も崩れて当然でしょう。どうしてこんなことになったのでしょうね。異常気象もいい加減にしてもらいたい。

放射能だけでも大変なのに・・・日本が疲弊しています。

気温が上がらない日を【天の恵み】と言わなければならない異常さ。

温暖化の影響という説もありますが・・・そうだとしたら化石燃料の使用量を減らす努力などが必要なのは言うまでもなく・・・原発事故以来【京都議定書】の存在も薄くなってるようで・・・。

CO2を減らす努力を誰が進んでやるの?   先進国・・・それとも途上国?

世界は何だかチキンレースの様相を呈してきましたが、我が家は我が家としてできる努力を積極的に取り組んでます。とりあえず夏はエアコンの使用時間を制限しています。

我が家で一番活躍しているのは団扇(うちわ)ですが、これ以上の暑さになったら夏だけ北海道の海べりや、内地だったら標高1.000bの高原地帯で暮らせないものでしょうか?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ