2014/11/12  23:52

救急搬送の続き  リタイヤ生活

病院から戻ってきて・・・処方された酔い止めの薬トラベルミンを飲んで夜を迎えたのでしたが・・・その夜が不安。

寝ると・・・また夜中に目が回りそうな気がして。

でも杞憂に過ぎました。高イビキで寝たようです。前日は1時から3時前までしか寝てませんから・・・。

妻も母の介護を終えて施設から戻ると、午後はホットカーペットの上で寝てました。

それにしても昔からあるトラベルミンぐらいしか薬が無いと言うのも驚きです。

ガンの薬などは多くのメーカーが競って開発しますが、目まいを訴える人の薬は儲けにならないので開発費を使うメーカーが無いのでしょう。

数年前に突発性難聴を患った妻が、やはり激しい目まいと吐き気で見ていられませんでしたが、どんなに辛かったか体験してみて良く解りました。

その時もトラベルミンだった気がします。この系統の病気に特効薬はないようです。

自分で気が付いて早く病院に行くしか・・・悪化させない手段は無いそうです。

今日救急隊でお父さんが働いているという妻の教え子だった子に、搬送先の病院を探す際の不手際を話したら、『若い隊員でしょう?』

確かに若かったんです。みんなから呼び捨てにされてましたから、チームの中で一番若いかも。

『若いのは要領が悪くてダメ』と言ってました。いろいろお父さんに聞いているんでしょうね。

でも『ベテランの方をお願いします』って救急車は呼べないのです。

心臓や雲膜下出血など命の危険がある時などは、運不運で生死が左右されては・・・。

意識がはっきりしていたので救急車のトレッチャーの上で横になってジリジリしながら聞いていましたが、さすがの気短な私でもこればっかりは文句が言えませんでした。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2014/11/11  19:54

救急搬送  リタイヤ生活

昨夜、とっ言っても今日の早い時間ですが、トイレに行きたくて目が覚めた・・・つもりでしたが。

全身がびっしょりの大汗、不思議だなあ・・・と思っていたら、寝たままの状態で目が回り始めました。

トイレに行くはずだったので起きようとしたのに、起き上がれません。少し我慢していたのですが、汗は全く止まる事を知らず目はますます回ります。

寝たままで妻に手を伸ばして妻を起こしました。耳が悪い妻は呼んでも気が付くことはありません。

『どうした』『目が回る、救急車呼んで』

実は先日、母の葬儀で田舎に行った時、幼馴染の心筋梗塞の無事生還体験を聞いていたのですが、その症状と全く同じだったのです。

無事に生還した幼馴染が言うに、病院に行くのが30分遅れたら死んでいたそうです。そう聞いていたので迷いなく救急車を呼んでもらいました。

狭心症の既往症がある私には、迷うことがあったら命取りに直結。

ところが救急が来てからも、ゲーゲー吐きつづける私を運ぶことはできず・・・。

少し治まって3人がかりで1階におろしてもらい、救急車の中に。

ですが搬送先の病院が見つかりません。いちいち救急隊の名前から事細やかに症状を言い、その結果『受け入れ不能』と断られます。ですから1件照会に5分から10分かかります。

それでも四件目に見つかってよかったです。この間私は意識がはっきりしていますから、不安は募ります。

そろそろ意識が混濁するかなー、もうすぐかな・・・とっ。

ところが胸は一向に痛くならず・・・どうも心臓では無いか?

同じころ妻も心臓では無いかも・・・と思い始めたそうです。

隣の群馬県藤岡市で病院が見つかりました。飛ばす救急車・・・揺れるたびにゲーゲー吐きつづける私。胃の中に吐くものが無いから余計に辛い。

20分程で何とか到着、この間も意識はハッキリ。妻が救急隊員に言っている電話番号・・・違ってます。私以上に慌てているようです。

CTを撮っても脳に異常はなく、指や目の動きを何度もチェックされ・・・とりあえず目まいと吐き気を止める点滴。

その間、トイレはずっと我慢してました。便意を訴えた時にパンツからおむつに変えて貰っていましたが、トイレでないところでオシッコも大便もできるもんじゃありません。

お腹や膀胱が壊れそうでした。そのころには目まいも少なっていたので、トイレに連れて行ってもらい・・・快感。

結局、原因は耳の器官である全庭神経に風邪の菌が悪さして炎症が起きた。その結果平衡感覚を無くしたこと・・・で目まい、大量の冷汗、吐き気が起きたのです。

朝9時ごろまで寝かされていて、治まったのを見て返してもらいました。

治療方法はなく、寝ているより起き上がり、起きているだけより動いて、脳が慣れて治まるしかない無いそうです。

ですから今日は家に戻っても横にならず、起き上がったままDVDを見てました。今のところ治まっていますが、こんなに長いブログ打ってたら目が回ってきました。また明日。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2014/11/10  22:09

年金の通知  リタイヤ生活

待ちに待っていた年金額の通知がありました。具体には言えませんが・・・10年ほど前にあったお知らせより月額3〜4万円減った気がします。

国民年金を貰う妻は月額4万数千円ですから、そっくりその分が減りました。役人の無駄遣いで原資が減った影響が、私たちを直撃することに・・・。

消えた年金も大きかった・・・昭和50年台の始め、自営業だった妻は国民年金をかけていたんですが、その分がそっくり消えました。

何度も照会を出したのですが、『該当が無い』との回答で終いには諦めました。まさしく消えた年金です。

運用に失敗した・・・と言うのならまだ勘弁できますけど、箱モノを作っての無駄遣いが原因なら腹も立ちます。

これから私と妻は20万円ほどで暮らしていくのですが、蓄えが何時まで続くか・・・うかつに病気もできない状況です。

20万円がどれほどの価値と考えるかにもよりますが、でどれだけ夢のある生活に変える事が出来るか・・・と前向きに考えて行きたいと思います。

相棒は今日お遍路に出発。今回は宇和島から石鎚山までだそうです。羨ましい・・・と思ったのですが、私も北海道などで遊んできましたから、前向きに考えて妬むのは止めます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2014/11/9  23:36

物置bQの整理  リタイヤ生活

朝から小雨がパラつく天候でした。小雨だったので予定通り物置の整理にかかりました。

前回は2つある物置のうちの一方を、捨てるものと引き続き取っておくものに分別。

捨てるものの一時保管スペースを作ってありました。今日は2つ目の物置から捨てるものをbPの物置に移動。

更にその中から市が指定するゴミ袋に入るものだけを、まとめて袋詰め。

bQの物置には塗料・油脂類、畑作用の肥料・石灰、殺虫剤・殺菌剤・除草剤などが保管してあります。

この中で厄介なのが薬品類。下手に処理すると薬品の化学反応で、危険なガスが発生したりしますから・・・慎重に一つ一つ説明書きを確認しながら。

長野の松本で起きた事件のように疑われては大変です。少し処理すると水道水を大量に流すを繰り返して。

それでもやっぱり臭いは立ち込めてました。隣近所で通報する人が居ないか・・・ヒヤヒヤものでした。何とか・・・事故が無く終わりました。ホッ!

塗料は中身のあるものはとりあえず取って置きました。また何か作りたくなると思ったので。

そして機械油などは古い布に沁み込ませ、ビニール袋で何重にも包んで可燃ごみに。

工具類は二つあるものは一つを捨てました。泣く泣く・・・。

とにかく・・・残りの人生はコンパクトな生活に徹するんです。そのためにすべての容量を見直し・・・。

先ほど・・・妻と二人で危険物の収集場所に捨てに行ってきました。二人で二袋ずつ両手に持って4往復。15個もありました。

前回も20袋ほどあったので、物置だけですでに40袋ほど。それでもこの数は袋に入るものだけで、大型の粗大ごみはまだまだ沢山1の物置に入ってます。

気が遠くなりそう・・・。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2014/11/8  22:32

免疫力の指標  リタイヤ生活

木曜は毎月診て貰っている病院の診察。いつも妻と一緒に診て貰います。

でもその前に妻は母親の介護があります。

義母が入所している介護施設に妻を送り、待っている間に私は隣のホームセンターで目の保養。

何を買う訳ではないのですが、いざ買うときの参考に知識を蓄えて。物置、圧力式噴霧器、パンチカーペット、神棚に使う無垢の板・・・1時間楽しんで、迎えの時間で施設へ。

そして今日もまた・・・妻は病院でした。最近は主治医の都合で2か月に一度の診察になってます。

前回は先生の都合で変更になり、その前は私の北海道遠征のからみで曜日が合わず・・・今日の顔合わせは6か月振りぐらいでした。

診察もそこそこに・・・やっぱり山の話。百名山踏破記念のキイホルダーを受け取ってもらいました。

ところで・・・前にもお話しした【免疫力】ですが、手早く知る事の出来る指標があります。

【TLC】と言うんですが、≪白血球数×リンパ球数(%)÷100≫で求めます。

一般の方の例として  5.000×40%だと TLCが2.000と言うことになります。

これが人間の栄養状態や免疫力の目安になる訳です。

2.400ほどあった妻のTLCが昨年の春からどんどん減り始め、今年の春には1.000を切っていたんです。

色んな病気を併発してしまうと、今の妻の健康状態では危険な状態も考えられます。それだけに不安で不安で・・・。

何をすれば改善できるか・・・雲をつかむような話ですから、成り行きを観察するしかありませんでした。がっ・・・今まで【良い】と信じていたことを、ただ続けることに。

5月ごろに1.200ほどに戻り、7月頃には1.400ほどに戻ってきました。

そして今日の検査で1.850にまで戻ってました。1.400から改善するか再び下がってしまうか・・・妻には言いませんでしたが、私の中では正念場でした。

それが1.850ですから・・・私の顔には安堵の表情が出たようです。そしたら主治医が目ざとくその表情を見つけたようで・・・『旦那さんが喜んでる』って。

実際、昨年から・・・いかにも病人・・・と言うような顔をしていた妻ですが、最近は頬に赤みもさしてまた健康そうな顔になってきました。

前回も言いましたが・・・皆さんも1年に1回は【白血球数】と【リンパ球】を調べて貰って、自分の免疫力・健康状態を調べてみては。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ