2014/11/11  19:54

救急搬送  リタイヤ生活

昨夜、とっ言っても今日の早い時間ですが、トイレに行きたくて目が覚めた・・・つもりでしたが。

全身がびっしょりの大汗、不思議だなあ・・・と思っていたら、寝たままの状態で目が回り始めました。

トイレに行くはずだったので起きようとしたのに、起き上がれません。少し我慢していたのですが、汗は全く止まる事を知らず目はますます回ります。

寝たままで妻に手を伸ばして妻を起こしました。耳が悪い妻は呼んでも気が付くことはありません。

『どうした』『目が回る、救急車呼んで』

実は先日、母の葬儀で田舎に行った時、幼馴染の心筋梗塞の無事生還体験を聞いていたのですが、その症状と全く同じだったのです。

無事に生還した幼馴染が言うに、病院に行くのが30分遅れたら死んでいたそうです。そう聞いていたので迷いなく救急車を呼んでもらいました。

狭心症の既往症がある私には、迷うことがあったら命取りに直結。

ところが救急が来てからも、ゲーゲー吐きつづける私を運ぶことはできず・・・。

少し治まって3人がかりで1階におろしてもらい、救急車の中に。

ですが搬送先の病院が見つかりません。いちいち救急隊の名前から事細やかに症状を言い、その結果『受け入れ不能』と断られます。ですから1件照会に5分から10分かかります。

それでも四件目に見つかってよかったです。この間私は意識がはっきりしていますから、不安は募ります。

そろそろ意識が混濁するかなー、もうすぐかな・・・とっ。

ところが胸は一向に痛くならず・・・どうも心臓では無いか?

同じころ妻も心臓では無いかも・・・と思い始めたそうです。

隣の群馬県藤岡市で病院が見つかりました。飛ばす救急車・・・揺れるたびにゲーゲー吐きつづける私。胃の中に吐くものが無いから余計に辛い。

20分程で何とか到着、この間も意識はハッキリ。妻が救急隊員に言っている電話番号・・・違ってます。私以上に慌てているようです。

CTを撮っても脳に異常はなく、指や目の動きを何度もチェックされ・・・とりあえず目まいと吐き気を止める点滴。

その間、トイレはずっと我慢してました。便意を訴えた時にパンツからおむつに変えて貰っていましたが、トイレでないところでオシッコも大便もできるもんじゃありません。

お腹や膀胱が壊れそうでした。そのころには目まいも少なっていたので、トイレに連れて行ってもらい・・・快感。

結局、原因は耳の器官である全庭神経に風邪の菌が悪さして炎症が起きた。その結果平衡感覚を無くしたこと・・・で目まい、大量の冷汗、吐き気が起きたのです。

朝9時ごろまで寝かされていて、治まったのを見て返してもらいました。

治療方法はなく、寝ているより起き上がり、起きているだけより動いて、脳が慣れて治まるしかない無いそうです。

ですから今日は家に戻っても横にならず、起き上がったままDVDを見てました。今のところ治まっていますが、こんなに長いブログ打ってたら目が回ってきました。また明日。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ