2015/2/4  23:20

外構業者  リタイヤ生活

北風が乾いた土を舞い上げて、折角の新しい家が土埃にまみれ、タイルのアプローチは泥に汚れてます。

待ちに待った外構屋さんとの打ち合わせ。申し訳ないが・・・我が家のニーズをどこに聞いたのか・・・待っていて期待が大きかった分、落胆もデカい。

どうしても車を一台入るようにしたい場所があったのですが・・・こだわりの場所でもあったのに、そこの部分は全く検討されていませんでした。

もっと塀を奥にすればスペースを確保できるのに、中途半端です。

GLの設定を変えれば捨てる事のない土も、お金を払って捨てる設計です。

階段を増やす必要が出て、デメリットもありますが・・・そこの部分の改善がプロに依頼する所以なんですけど・・・。

そこができないなら、プロでなくても私が建材屋から砂利を買ってきてもできます。

開き扉でお願いした裏木戸もスライドになっているし、あれこれ気に入らないことが多すぎる設計です。

弟と二軒で費用を案分しますが、コンクリートを打つわけでもないのに300万円近い金額に・・・驚愕。

単純に言えば150万円ずつの負担なんですが・・・とんでもない。

GLに合わせるために塩ビ管の天盤を切断して調整するのに、1か所28.000円の見積もりです。そんな馬鹿な・・・呆れます。

指摘したら『余計に2が付いてます。単純ミスですから2を消してください』って、要するに8.000円だと言い直すのですが・・・。

目の前で会社に電話して事務員さんに、間違ってると言ってるのに・・・事務員さんは意図して28.000円と計上したので納得しませんでした。

どっちが本当・・・単純ミスなのかボッタくろうとしているのか?

要するに最初に300万の金額ありきで、あとは数字合わせ・・・そんな気がする見積もりでした。

他の業者も見積もり取らないと・・・ダメでしょうね、きっと。ここまで来たら慌てずに、確り検討して業者を決めます。

肝心要の建物はあまり検討せずに決めたのに、枝葉末節の外構は粘って・・・も如何なものか。

何だか恐ろしい事になってきました。けつの毛まで抜かれそうです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ