2015/5/25  20:36

大脱走  リタイヤ生活

今日の地震はビックリ。久しぶりに緊張しました。近くでの震度5は、やはり脅威です。

震源地の埼玉県には特段の被害はありませんでした。そして何より廃炉作業中の原発にも変化が無くて、ホッと胸を撫で下ろしました。

原発が壊れるなら・・・まだ我が家に壊れて貰った方が良いですね!

さて表題の件です。

我が家の息子ココちゃんは、引っ越して以来8畳ほどの居間と3畳ほどの台所だけで生活。

当然外に飛び出したい日もあるでしょう。隙あらば私たちの出入りに合わせて、素早く飛び出します。

また最近は暑いので居間や台所のドアを解放しているため、目を盗んでは家の中を散歩しています。

先日も何処かで声がすると思って探していたら、私のベッドの上で裏の家の犬に吠えてました。

今日は・・・更に何処か遠から聞こえてくる息子らしいかすかな鳴き声。ハッとしてあたりを見ると、案の定息子が居ない。

そのはずです。鳴き声は明らかに表から・・・しかも遠い。

『息子だ! 外にいる』と私は妻に告げ、外に飛び出す勢い。

妻は家の中で部屋を見回りながら呼びかけてます。

『違うよ、外だって・・・』『どうして、出られる訳ないでしょう』

そんな声を聞く前に、私は既に表通りに飛び出しました。妻も後を追ってきてありったけの声で呼びかけます。

そしたらどこか近所のオバサンに追いかけられて、通りを向こうから逃げ戻ってきました。

オバサンは掴まえてくれようとしたみたいです。

背中を丸めて逃げてきた息子・・・前にいる私をスル―して、あとから来た妻めがけて飛び付きました。

妻の腕の中で安心した様子・・・やっぱり私より妻が頼りになるそうです。

それにしても危機一髪でした。あのオバサンに追いかけられなければ、車に惹かれたか、それとも迷い犬になったか。

何処かの人に確保されてそこの家の子になっていたかも・・・そう考えると・・・怖かったなあ。

何とか今後の対策を考えないと・・・。

つい不注意で足元にいる息子に気が付かず、一緒に外に出てしまう事が重なりました。

今回はどっちの不注意が、お互いがお互いを【不注意だ】と疑ってます。今回は明らかに妻だと思ってますが・・・。

今は何事も無かったようにすやすや眠っています。腹が立つけど・・・このしぐさがまた目に入れても痛くないから・・・情けない。

我が儘放題のお天下様です。それにしてもどれだけ外で遊んでいたのでしょう。

二人は韓流ドラマ見ていたので、しばらく外に出ていませんでした。ドラマに夢中になるのも、大概にしないと泣きを見る事に・・・。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ