2015/12/26  22:50

長い夜  リタイヤ生活

退院して・・・最初の夜が過ぎて朝を迎えました。

夜と言えば痛み苦しんでいるシーンが思い起こされて・・・まんじりともしない夜でした。

救急車で入院した時間から・・・時間の記憶が飛んでいるようで・・・この50日は別な自分の体験のような気がしてます。

他人の体験を除くと痛みの部屋での記憶は、まだまだ鮮明に蘇ってきて二人とも消し去れないのです。私はすっかりトラウマになってました。

妻はなおさらだと思うのです。

でも・・・何も起こらなかった朝を迎える事が出来て、少し・・・トラウマから解放された気もします。

今日は布団から出て居間のテレビを見てましたが、座り続けると痛くなり時々立ち上がっては痛みが治まるのを待ってました。そして治まったらまた座り・・・痛くなったらまた立ち上がって。

30分でしょうか・・・座り続けられる時間は。

これが2時間にはならないと・・・何もできないしまだまだ病人でしょう。

月曜日はケアマネージャーのところへ行って相談したいと思ってますし、内科のかかりつけ医で血糖の薬も貰わないと・・・忙しいけど万が一の事も考えてセーブしないと。

退院するときに・・・2週間は入院しているつもりでいなさい・・・と主治医に言われてきたのに。

まだまだ痛みが再発する恐怖との戦いが続きます。

間が悪い事に・・・施設にお世話になっている妻の母が軽い肺炎で病院でお世話になったそうです。

と言われても今の妻は何もできず・・・八方が塞がっているようです。

来年こそは明るい年にしたいのに・・・あと一週間で運勢がドラマチックに変わるはずは無いか!

宝くじ・・・買うのを止めて置けばよかった・・・この運勢では当選はムリでしょう。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2015/12/25  21:56

50日ぶりに家に  リタイヤ生活

午前中の回診で先生の許可が出て、見事に退院が実現しました。

思い起こせば11月2日から苦しみだし、こうして何とか歩けるようになるまで50日。

辛く長い日々・・・なんて簡単な言葉では言い表せない・・・経験したものでないとピンとこないと思います。

もがき苦しむ姿を見ているしかない・・・何が辛いって、それが一番です。

だから・・・多くの人に助けられましたね・・・どこの病院でも良い先生に恵まれて。

ただ・・・先生の良心をも凌駕する医療システムの壁には・・・泣かされました。

まあ・・・云いたいことは山ほどありますが、国の方針であり医療提供者側の譲れない考えとあれば、患者側は弱い立場ですから。

一時、インフォームドコンセントの徹底・・・なんて患者側にすり寄るような時期もありましたが、モンスター的な患者の増加がこうした流れを逆流させ始めたようです。

医事に拘わらず・・・最近は何かを言うとクレーマーに仕立て上げられますから、これまでは当然だと思われた事でも良く検討してから発言しないといけません。

そんな風潮の中で・・・更に上から目線で見る事に慣れてしまった医療提供者側には一層注意して発言しないといけません。

くれぐれも・・・看護師ごときが・・・なんて思いが心の片隅にでもあると痛い目に合います。

今回は古来稀な年齢に近くなってなお、勉強させられました。強制的に転院させられたのはそんな原因が隠されているのかもしれません。

でも・・・ここまで回復させていただいたのでので・・・感謝して終わりにします。

早速今日は・・・家に戻って炊事洗濯・・・昼飯と夕飯作って、友のところから椅子を借りて来て、風呂用のいすを買いに行って・・・。

忙しく動き回りましたが、病院に缶詰めになっているよりはイキイキしていた私でした。
 
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2015/12/24  22:30

クリスマスプレゼント  リタイヤ生活

クリスマス・イブ・・・滋賀県彦根のジュプリルタンから届くパンを待ってました。

このパン屋さん中山道を歩いていた時・・・道の駅に泊ろうとして前を通っていたのに・・・パンフリークの私たちが、うっかりした事に気が付きませんでした。

やどろく仲間の鉄人さんから送っていただき、それ以降毎月お取り寄せで楽しんできました。

時季折々のパンが工夫されていて、季節感満載。そして食材も旬のものがふんだんに使われていて・・・勿論味も絶品です。

我が家では・・・今一番美味しいパン屋さんだと思ってます。

今回、妻の入院に際して・・・妻の親友とその娘に大分助けられました。

親友の娘と言いながらも我が娘と兄弟のように育ったので、もう一人の娘と言ってもいいのですが・・・。

お世話になったお礼にそのパンを送ったんです。今月はクリスマスアイテムが入っていて・・・。

クリームパンのサンタさんとリースが入ってました。それをイブの今日届くように指定したのでした。

それを確認してから病院へ。

今日、申請していた介護認定の審査結果が届きました。1年単位ですが・・・4・・・でした。

毎月8千円貰えるそうですが・・・それより手すりを付けたいと思ってます。

明日は退院・・・今夜は興奮して眠れそうもありません。そりゃー・・・嬉しいですから。

結婚式前夜も・・・その前から一緒に住んでたので・・・特に興奮もしませんでした。

人生で最高に興奮した夜を迎えそうです。

今まで45日も入院したことがありません。胃や膵臓の手術した時でさえ20日間の入院でした。それなのに45日も入院したのですから・・・。

そしてその間、35日間ほど・・・なかでも20日間連続で泊まり込みました。

辛くないと言えばうそになりますが・・・ただ夢中でした。

それが・・・明日終わりを迎えます。再発しない事を念じて・・・布団に入ります。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/12/23  23:13

体調不良  リタイヤ生活

退院を明後日に控え、今日の妻は体調不良でした。夕方になって吐き気がすると言い出し、実際に食べたものを少し戻しました。

昼ごはんが水餃子、夕飯が鳥のモモ肉・・・少し油ものが続いたせいなのか、あるいは少し風邪気味なのか?

少し嫌な気分だとも言いますので、貧血の症状かもしれず・・・いずれにしても不安です。

家に戻って8時半ごろに電話してみると、少し治まってきた・・・と言っていたので大事にはならないと思います。

実は私も何処と言えない・・・何とも言えない不調で、少しフラフラもします。夫婦で少し風邪気味かもしれません。

あと少し・・・もう少し頑張れば・・・元通りの生活に戻れます。それまで頑張らないと・・・。

明日はお取り寄せで頼んだ・・・妻の大好きなパンが届きます。それを受け取ってから病院に行きます。

少し遅くなるのです・・・体調が悪いので少しでも早く行ってあげなければならない日に、何ともタイミングが悪い日を指定したものです。

相棒からメールが届きました。アド変したとの連絡・・・。パソコンのメルァドより、携帯電話のアドレスを必要としているのに。

先日も電話で話したのに・・・どうも伝わっていません。再度言います・・・携帯のメルァドですよ・・・!

退院したら皆さん寄ってくださいね!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/12/21  21:12

退院決定  リタイヤ生活

お陰様で退院日が決まりました。もう・・・言葉がありません。

やっと・・・ここまでこぎつけました。

それにしても・・・優しい患者思いの先生で、朝一番で顔を出してくれました。

どうですか?・・・って。

土日に顔を見なかったので心配し、外来診察の前に病室に寄ってくれました。

師長さんに退院希望日を言ってありますので・・・って話すと。

何日ですか?

25日でお願いしたいと思ってます。

良いでしょう。

こんな感じで決まりました。

ストレッチャーで無理やり転院させられ、一時は怒りもありましたが・・・いま考えれば、あんな病院早く出て良かったと思ってます。

勿論、お世話になった先生は別です。がっ機械的にシステムだけを押し通す病院の性格が嫌なんです。

こちらの病院もそれほどありがたいと感じる病院ではありませんが、主治医の先生はやっぱり感謝しなければならない先生です。

それリハビリの先生も患者の事を良く考えてくれる先生・・・と思っています。

こんな方々のお力で、リハビリに本格的に取り組んでから僅か3週間で歩く事ができました。

本人の頑張りももちろんありますが、的確に患者を管理してくれた主治医とリハビリの先生の存在なしに、今の妻の状態は考えられません。

先生から・・・リハビリに通わなくても自宅で動くだけで十分元の歩ける状態に戻るだろう。筋肉は直ぐには元に戻るものではないので、月単位での前進すると思いなさい・・・っと。

要するに日々良くなるものではないと言う事です。

退院して2週間はまだ病院にいると思いなさい・・・とも。

転院前の病院では痛がっている妻を、無理やり車いすに乗せてリハビリを強行しました。

しかしこちらのケア病院では主治医の先生もリハビリの先生も、焦ってはダメとか痛い時は安静にしなさい・・・との指導です。

転院前の病院の強行したリハビリはなんだったのでしょう。規則通り追い出すための方便なんですね、きっと。

先日、証明を貰いに行った時、病棟に顔を出した話をしましたが・・・。

その時も・・・今の妻の状態より遥かに状態の良い人が廊下を歩いてましたし、腕を骨折しただけの人がフラフラ歩き回ってました。

結局、痛がる妻をストレッチャーで移動させた必要性がよく解りません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ