2016/4/19  23:00

我が家は断層帯近く  リタイヤ生活

引っ越したはいいけど・・・あとで後悔することになってはと気にかかって。

でも調べた結果真下に断層があったなんて、シャレにもならないので調べない事にしていました。

でもとにかく妻が気にしているので・・・ガッカリするのを承知で調べました。

そしたらなんと嬉しくない事この上ない・・・ほぼ真下を深谷断層帯と言う凄いのが走ってました。

家を建てて今さら後悔しても始まらないのですが、前に住んでた家の方が断層から1`ほど余計に離れていました。

この1`は大きいです。建物が全壊して下敷きになるか、何とか生き延びれるか程の違いが出る距離です。

凝り性の私ですから徹底して文献を調べてみると
予測されているマグニチュードは7.9ですから、今回より強い地震が想定されています。

1000年で20センチのひずみが貯まる断層で、活動の周期は10.000年から25.000年。

もっとも最近に動いたのが6.000年前と考えられており、学問的には最低でもあと4.000年は大丈夫・・・のはずです。

30年以内に起きる確率は0.2以下。

そうは言っても今回の熊本も、周期的にもマークされていなかったし、確率もやはり0コンマ以下でしたから・・・解りません。

悪い事に新たに建てた家は、木造軸組み在来工法の典型的な日本家屋。今回も沢山倒壊してました。

新しい基準を採用して強度を増したとはいえ、震度七に対応できる程度の我が家。

とにかく妻には強いと思ったら、落ちてくる瓦に注意しながら外に出ろ・・・と指示しました。

断層帯が近いと知った今・・・明日、早速屋根をカバーするブルーシートを買ってきます。建物が残って建っている前提ですけど・・・。

今回学習しましたが、水と食料を買いたします。

悩んで悔やんで暮らしたくなかったから・・・調べない方が良かったのに。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ