2018/10/15  23:05

予定外の落花生  リタイヤ生活

金曜の夜に「急で申し訳ないけど、月曜に点検作業を手伝ってもらえないか?」とのライン。

どうせジムも休みだし「大丈夫だよ」と手伝う事になってました。

朝、9時前に家を出て・・・直売所の前を通ったのでちょっと寄ってみました。

そしたら他の野菜はほとんど売れていて、ナスが3袋と落花生が10袋ありました。

先日も10袋ありましたから、毎日10袋ずつ出しているのかな・・・と思います。

それが他の野菜は売れてしまって少ないのに、落花生は10袋残っているのですから人気が無いんでしょう。

昨年はほとんど変えなかったのに、どうしたことでしょうか?

そう言えば昨年は1袋100円だった気がしますが、今年は200円。

それで敬遠されているのかもしれません。

妻に電話すると「もう落花生は要らないからナスだけ買え」との指示。

でも自己責任で2袋買いました。

そして現場で作業していると妻から電話。

「従姉妹が落花生を4袋買ってくれたと言うから、帰りに受け取ってきて」と。

頼んでおいて・・・もういらないともなかなか言えないのですが、今日は「もういらない」と話してきました。

合計すると20袋にもなっていて、4.000円も支払って昨日の写真の量にプラス6袋。

高いか安いかを検討したら高いと思いますが、確りした生産者の品ですから安心して食べられます。

今日の分もプラスして乾燥させていますが、あいにくパッとしない天候で乾きもイマイチ。

まだ炒る作業まではできません。

良い陽気が2日もあればいいんですけどね!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2018/10/14  23:06

震災用備蓄品の整理  リタイヤ生活

夕方、岩手の親友から電話があって、稲刈りが終わったとの連絡。

今年も取りに来るかい?・・・の問い合わせでした。

勿論行きます・・・お米もそうですが、みんなと会って一杯やりたいから。

11月の10日ごろは彼のお母さんの法事があって、その後になるようです。

みんなの都合もあるので。

私は11月初めに1週間ほど仙台にいますが、その後埼玉に戻ってもキノコ採りや妻の病院など忙しい日々が続きます。

妻の病院は日にちの変更がききますが、キノコ採りは案内してくれる先生次第ですから私だけキャンセルもあり得ます。

今年から市役所のある委員会の委員を委嘱されて・・・これも何時会議があるか・・・岩手に行くのは私の優先順位では絶対ですから。

この1か月ほどは戦々恐々としています。

今年は例年受けている人間ドックもまだだし、大腸検査も今年がサイクルで当ってます。

忙しい・・・山どころではなく・・・家の事も全く手が着きません。

そこで今日は山をやめて、備蓄品の確認作業です。

賞味期限が近づいたものが大量に出ました。

幸い・・・近々仙台に行くので、持って行こうと話してます。

数年前までは秋田の玉川温泉湯治が毎年の行事でしたから、そこで消費できたんですけど。

ここ4・5年は玉川温泉にも行けず・・・。

ちょっと怠惰に日々を過ごし過ぎました。そのつけが今年に現れてます。

歳を取って動きも悪いし、覇気も減退してますから。

写真は干して乾燥させている落花生です。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/13  23:11

落花生の争奪戦  リタイヤ生活

冬になるとコタツに入って・・・落花生とミカンは欠かせません。

いくら好きでも、中国産の農薬たっぷりの落花生は不安で食べられません。

そこで今の農家を知ってからは毎年この農家が直売所に出す品を手に入れて、自分たちで乾燥させ炒って作ってます。

保存方法としてはジップロックに入れて、タッパーに入れておくと冷蔵しなくてもほぼ1年食べられます。

ただし食べる分だけ小出しできるように、何枚ものジップロックに小分けして保存します。

少し火加減を調整しながら、確り炒るのがコツです。

水分をじっくりと飛ばす感じです。

この直売所、妻の従兄弟の床屋さんのすぐ隣なんですが、従兄弟に頼んでおいて木曜・金曜と買って置いてもらいました。

木曜に3袋買えたと電話があり、昨日取りに行ったら金曜に更に2袋買ってくれてありました。

こんなんでは全然足りず、今朝起き抜けに妻と二人で行って見ると・・・10袋出てました。

最初、10袋全部手に取ったのですが、次の人にも残してあげようと7袋だけにしました。

何日か通って手に入れます。

大きな粒で最高の落花生です。粒が大きいだけに乾燥させるのが大変かもしれません。

カラカラと音がするようになったら、殻をむいて茶色の薄皮を付けたまま焦さないようにじっくり。

出来上がったら写真をアップします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/12  23:03

イ・スンシンの旗  リタイヤ生活

韓流ドラマが好きで見ていて、イ・スンシンは良く知ってますが・・・。

あの豊臣秀吉の朝鮮出兵を打ち破った海軍の将軍です。

この将軍が使った旗印を、韓国の艦船が掲げたとか。

この行為に日本が抗議したとか・・・ほっとけばいいのに。

日本の旭日旗に文句を言っていたのに、韓国は掲げた事で日本も応酬したのでしょうけど。

放っときなさいよ・・・過去にとらわれて、これからの未来を描けない国をまともに相手にする事は無いんです。

朴大統領の弾劾の時、光化門の前のデモ隊は凄い人数でしたが、そのニュースの時に写っていた銅像がイ・スンシンその人です。

確かに日本は植民地政策で韓国にお詫びしなければならない行為をしましたが、既に何度も謝罪しています。

朴大統領のお父さんの時代に、経済支援をしてハンガンの奇跡と言われる経済が大発展。

今の韓国の経済が築けたのは日本の支援が有ったから・・・のも事実です。

何より数百年間中国は宗主国気取りで韓国に朝貢させてきた歴史があり、この時多くの女性たちも献上されました。

そしてチンギスハーンはいわれなき戦を仕掛け、多くの民を殺戮しましたが・・・。

これに文句を言っている風が無いのは・・・不思議です。

自分たちはベトナムで何をしたのか・・・は語られません。

不思議な国ですね。

日本の祖先は確かに悪い事をしたでしょう。しかし今責められている世代は「貴方のひいおじいさんが私のひいおばあさんを殺した。謝れ。」と言い続けられているのです。

ベトナムの事も中国との歴史もチンギスハーンも、日本とは関係ない話しだと言う理屈は良く解ります。

でも現在は大切な隣人としてお互いをリスペクトして共生する事を選んだら、いろんな問題が改善で来て相互に発展できるはずなのにね。

若者に仕事を与える事も出来るし、技術交換もできるし・・・政治的に日本を利用するしか脳のない指導者に、韓国の民は何時まで我慢するんでしょうね。

ムン・ジェインにノーベル賞が行かなくてホッとしてます。

あの薩摩焼の沈・ジュカン14世が云ってます。

大学生を前にして・・・あなた方若者が、何時まで過去の36年間の話をしているんだ。もう前に進むべきではないか・・・と。

そして・・・あなた方が36年間にとらわれるなら、私は370年の話をしなければならない・・・と。

要するに現在薩摩焼を繋いでいる人たちの家門は、370年前に強制的に拉致されて移住させられた朝鮮の民の末裔です。

暗い過去にとらわれずに、共に生きて行こう・・・と言っているのです。

私がチン・ジュカン氏を尊敬する所以です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/11  22:57

長寿の家系  リタイヤ生活

定年まで勤めていた会社。その会社の最後の職場だった施設に顔を出してきました。

現在、この施設のトップをやっているのが、私より5代10年あとの責任者で大学の後輩でもあります。

だから・・・とっ、特別な事はありませんが、世間話しと退職後の処し方について話してきました。

再任用と言う制度で・・・2階級降格でこの会社で65歳まで働くそうです。

残念ですけど・・・私が退職するときはどこの会社も60歳が定年で・・・再任用なんて制度はありませんでした。

当然、年金は生活できるほど貰えませんから、貯めたものが減っていくわけです。

パイが大きければ何等分にカットしても、100歳までも大丈夫でしょうが。

大概の人は小さなパイをカットして生きてますから、なるべくカットしたパイには手を付けないように頑張ります。

私の友達でカットしたパイが食べきれない場合でも、人にあげてでもその年の分のパイを食べてしまう・・・という優雅な人がいます。

と言ったら、何時だったか食べきるのに苦労しているから、他人には理解できない・・・決して優雅ではないのでしょう。

話はそれました。話を戻すと関連する会社で、今年所長が退職するので後任の責任者を探しているそうです。

今は私の退職時より、就活状況が改善しているようです。

ところでどれだけ貰えるのか聞いたところ、私と妻の年金の合計より遥かに多かったです。

まだまだ現役世代ですから、いくらあっても足りないぐらいでしょうね。

一方でお年寄りと言われる私世代は、細かーく切ったパイをちびちび食べて、90歳までの生活資金を引き延ばして生きなければなりません。

しかし90歳以上生きてしまったらどうしよう。要らぬ心配かもしれませんけど!

父が93歳、母が95歳、母方の祖父母ともに90歳以上生きましたから、引き伸ばし作戦もあながち不要だとは言い切れません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ