2018/10/11  22:57

長寿の家系  リタイヤ生活

定年まで勤めていた会社。その会社の最後の職場だった施設に顔を出してきました。

現在、この施設のトップをやっているのが、私より5代10年あとの責任者で大学の後輩でもあります。

だから・・・とっ、特別な事はありませんが、世間話しと退職後の処し方について話してきました。

再任用と言う制度で・・・2階級降格でこの会社で65歳まで働くそうです。

残念ですけど・・・私が退職するときはどこの会社も60歳が定年で・・・再任用なんて制度はありませんでした。

当然、年金は生活できるほど貰えませんから、貯めたものが減っていくわけです。

パイが大きければ何等分にカットしても、100歳までも大丈夫でしょうが。

大概の人は小さなパイをカットして生きてますから、なるべくカットしたパイには手を付けないように頑張ります。

私の友達でカットしたパイが食べきれない場合でも、人にあげてでもその年の分のパイを食べてしまう・・・という優雅な人がいます。

と言ったら、何時だったか食べきるのに苦労しているから、他人には理解できない・・・決して優雅ではないのでしょう。

話はそれました。話を戻すと関連する会社で、今年所長が退職するので後任の責任者を探しているそうです。

今は私の退職時より、就活状況が改善しているようです。

ところでどれだけ貰えるのか聞いたところ、私と妻の年金の合計より遥かに多かったです。

まだまだ現役世代ですから、いくらあっても足りないぐらいでしょうね。

一方でお年寄りと言われる私世代は、細かーく切ったパイをちびちび食べて、90歳までの生活資金を引き延ばして生きなければなりません。

しかし90歳以上生きてしまったらどうしよう。要らぬ心配かもしれませんけど!

父が93歳、母が95歳、母方の祖父母ともに90歳以上生きましたから、引き伸ばし作戦もあながち不要だとは言い切れません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ