2018/10/13  23:11

落花生の争奪戦  リタイヤ生活

冬になるとコタツに入って・・・落花生とミカンは欠かせません。

いくら好きでも、中国産の農薬たっぷりの落花生は不安で食べられません。

そこで今の農家を知ってからは毎年この農家が直売所に出す品を手に入れて、自分たちで乾燥させ炒って作ってます。

保存方法としてはジップロックに入れて、タッパーに入れておくと冷蔵しなくてもほぼ1年食べられます。

ただし食べる分だけ小出しできるように、何枚ものジップロックに小分けして保存します。

少し火加減を調整しながら、確り炒るのがコツです。

水分をじっくりと飛ばす感じです。

この直売所、妻の従兄弟の床屋さんのすぐ隣なんですが、従兄弟に頼んでおいて木曜・金曜と買って置いてもらいました。

木曜に3袋買えたと電話があり、昨日取りに行ったら金曜に更に2袋買ってくれてありました。

こんなんでは全然足りず、今朝起き抜けに妻と二人で行って見ると・・・10袋出てました。

最初、10袋全部手に取ったのですが、次の人にも残してあげようと7袋だけにしました。

何日か通って手に入れます。

大きな粒で最高の落花生です。粒が大きいだけに乾燥させるのが大変かもしれません。

カラカラと音がするようになったら、殻をむいて茶色の薄皮を付けたまま焦さないようにじっくり。

出来上がったら写真をアップします。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ