2019/2/17  22:02

街中ゼミ  リタイヤ生活

我が街では市民を対象としたこんなカリキュラムがあって、今日参加してきました。

市内にある瀬戸物屋さんなのですが、遡って江戸時代は関八州の豪商番付の横綱を張っていたお店の見学会。

詳しくは明日以降にアップしますが、今日は写真をみてください。

本庄は中山道随一の宿場と言われて、中山道を踏破した私も納得できます。

創業は永禄三年。1560年という。

桶狭間で織田信長が今川義元を打ち破った時代。

それが450年後の今に続いているんですからすごい。

将軍家と所縁ある家門しか許されなかった「赤門」があったそうです。

赤門といえば加賀藩の江戸屋敷、現東大の赤門ですが「本庄」にもあったのです。

歴史は知れば知るほど楽しいと実感した日でした。

赤門の写真を示しながら説明する15代当主。
クリックすると元のサイズで表示します

お店の中を。この建物は明治になってからとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

明日もっと詳しく。歴史好きの方は是非おいでください。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/2/17  0:00

結婚50年  リタイヤ生活

今日もジム。ジム友も何人かできて、ロッカールームやお風呂で話すことも多くなりました。

通っているジムは前時代の遺産のような・・・古くて汚い、そしてカリキュラムなども少なくて評判はあまり良くない。

何よりお風呂はシャワーが壊れたりしても,いつなおしてくれるのか解らないので苦情も多い。

そのせいでしょうか・・・知り合った方でも違う近代的なジムに移る人も多いのです。

インストラクターも折角講座を担当できるぐらいの経験を積むと、お客さんと一緒にそのジムに移ってしまうのです。

お風呂なんか本当に広くて清潔で、講座も沢山あって苦労するほどとか。

結局、若い人は綺麗な近代的な方に行ってしまって、こっちには年寄ばかりウロウロしてます。

当然私も含めてジム友は年寄ばかり。

ジム友は隣の上里町からの人が多くて、町の情報が交換できます。

その町は結婚50周年の金婚式では、夫婦で記念写真を撮る費用を負担してくれて、しかも5.000円もくれるそうです。

当然、我が市では何のサービスもありません。

ジム友が『平田さんとこは何年?』と聞かれて、咄嗟には解りませんでした。

多分、47〜8年と思ったので、そう答えたのですが・・・。

家に帰って紙に書いて計算したら今年の3月で46年でした。

50年には、ちと間があります。

付き合ってからだと、昨年50年だったのですが。

何にもサービスはない市ですが、取りあえずの目標として・・・二人とも元気で結婚50年を迎えたいと思います。

そうすれば74歳ですから、27.000日程生きた事になります。

人生30.000日の残りは3.000日程。その次の目標を、健康な状態で確り迎えたいと思います。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ