2019/4/14  23:22

趣味の部屋  リタイヤ生活

歳を取ったら平屋で小さく狭い家が暮らしやすいと、4年前に立て替えて引っ越しました。

しかし・・・その時に業者が「屋根裏を部屋にしても、税法上も平屋扱いになる」

「折角だから部屋に作った方が良い。モノ入れにもなる」と説得されて。

平屋にしたかったのに、小屋裏を作ったのでした。

確かに作ってよかったかもしれません。

あと10年もすれば小屋裏に上がるだけでも億劫になるでしょうけど。

どう使っているかと言うと・・・カウチを置いて1b以下の棚を並べて、そこに本を。

そして棚の上には趣味で収集したモノを並べて・・・悦に入ってます。

小学生の時に初めて手にしたカメラから、最近まで使用したデジカメまで。

ビデオカメラも肩に担いで撮影する、あの古い時代のものまで・・・その後にパスポートサイズのがはやりましたけど。

私のはVHSのテープが1本入る・・・あれです。

それから本。引っ越すときに大分捨てましたが、もう一度読みそうなものは残してありました。

色んな小物も数種類。

圧巻は・・・娘が子供の時に遊んだ「小枝ちゃんシリーズ」などを並べて。

そんなのを陳列して置いて、たまには小屋裏に上がって見に行くんです。

その階段なんですけど・・・折角の壁が無駄に白いクロス張りになってます。

先日、玄関ホールに絵を増やそうとしたら、妻にこれ以上ゴチャゴチャ増やさないで・・・とぴしゃり。

それでは・・・と、今日ピクチャーレールなどを階段に取りつけて、しまって置いた版画などを飾りました。

階段の上り下りにも楽しめます。

年賀状を必ず版画でくれる人などもいて、この小品が結構良い作品があります。

でも今回飾ったのはプロのもの。

版画協会の理事をやっていた「小暮真望氏」の小品です。

秩父夜祭の版画は、漫画家の比古地朔也さんのモノ。

いずれも値段と言う価値はつきませんが、レアものです。

妻は小屋裏に上がる事すらないので、一人で飾っては楽しむことにしました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ