2019/5/31  20:13

駅?  くるま旅

昨日はフィッシャーマンズワーフをハシゴして、長谷川等伯の故郷「七尾」泊。

200キロぐらい走ったかも?

走りすぎです。

今日は確実に100キロ以下。

輪島の朝市へ。

途中で昔、娘と妻と3人で来た和倉大橋に寄ったので、到着は11時でした。

ほんの少しのお店が開いてましたが、とても想像していたのとは大違い。

もう一泊して明日朝から行くつもりです。

おばあさんがゴザを敷いて〜〜〜〜なんてイメージの方、間違ってます。

時代とともに朝市も変遷して行くのです。

ところで輪島の道の駅ですが、昔の鉄道の駅の再利用です。

廃線になった駅舎ね有効活用〜〜〜〜いいですね。

だから街のど真ん中なんです。

明日はお祭り。

朝市から戻ったら、早く車を移動しないと地元の方に迷惑かけます。

輪島駅。道の駅に。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな面白いモノをみつけました。間違いなく鉄道の駅舎だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/30  20:55

等伯の故郷  くるま旅

富山湾を挟んで、立山連峰を対岸から見てます。

等伯は海路を富山に渡ったり、羽咋から京都に向かいますが、その地理が良く理解できました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/29  20:44

雪の大壁  くるま旅

朝7時30分の始発で立山室堂へむかいました。

今年はトロリーバスから電気バスに変わった元年と関電が力説してます。

涼しい日で息子を車に置いていくには、最適の日。

戻ってきて確認したら、車内温度が17℃。

心配しながらドアを開けたら〜〜〜〜のびのびをしてました

快適に眠っていたようです。

三日間を使った甲斐があつて、最高の天気でした。

朝のうちガスっていたのに、室堂に着く頃にはぴーかんの天気。

電気バス、ケーブルかー、ロープウェイ、トロリーバスとのりつぐのですが、その場所その場所にライブカメラがあって、上の状況が手に取るようにわかります。

昨日登った人は土砂降りだったそうで、皆さん、ターミナルで時間を潰していたそうです。

蕎麦屋のお姉ちゃんが教えてくれました。

これで初期目標は達成。

この後とーうするか相談中です。

とりあえず移動距離が長すぎて嫌になり、山陰は中止と決定。

近場でもれている場所を検討してます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/28  16:58

唐突な話し  くるま旅

いきなりですが・・・旅に出て5日がたちました。

目的って特に決めない、成り行き旅。

キャンピングカーの使い方になれる旅でもあります。

今回はコンビニやスーパーで弁当は買わずに、買うのは食材。

今のところ家から持ってきた食材をメインにして、少し買い足しているだけでまにあってます。

これまでに美術館二箇所。

最大の目的、立山室堂の雪の壁は実現してません。

一昨日は暑くて息子を車に10時間も置いておけず、涼しくなるのをまって待機。

昨日は扇沢まで行って準備待機。

とにかく猿がうるさくて、息子の散歩にも目を光らせて、手には手製の凶器をもって。

いよいよ今日でしたが、雨の予報で中止。

せっかくの立山連峰もつまにみせたい。ガスや雨では眺望なしと判断。

一旦大町に降りて挑戦できる当日の朝に登ることにしました。

扇沢は星明かりがない日は真っ暗で、息子の寝る前の散歩は危険です。

妻の体調次第ではすぐに帰宅する可能性も視野に入れて。

とりあえず〜〜〜〜キャンピングカーが狭いと文句を言いながら調理してくれてます。

レンジは使った時にコントローラーがマックスまでランプが点灯して、このまま壊れるのではと心配になる程です。

デイラーに聞いてもらちがあかず、ホロホロが関東に来るのを待ってます。

今回の旅で気がついたこと。
・キャリアーが欲しい
・高い位置に小窓が欲しい
・ソーラーとバッテリーの増設

いずれも後からでも可能です。

基本的には車を変えず、前の車が良かったと、さらに良くわかりました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/26  20:41

模様替え  リタイヤ生活

私の階段ギャラリーの模様替えをしました。

新しい絵も飾ってあります。

若手の絵ですけど天空の城ラピュタの舞台になった場所だそうです。

妻の作品を飾ったり、会長の絵を飾ったり〜〜〜〜〜楽しんでます。

東山魁夷画伯の30歳代の絵が売りに出ました。

2500万でした。安いのに驚くと思いますが、やはり円熟期の絵とは少し違いました。

どうしてわかるか?30歳代って。

画伯がその頃使っていたのは絹のカンバス。

それから顔料、落款などからわかりますが。

お金があったとしても素人には判断が無理。

信頼できる画商と相談しましょう。

私なら宝くじか当たったら〜〜〜〜そうします。

死ぬまでにこれだ‼という絵を自宅に飾って、穴があくほど眺めていたい。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ