2019/5/6  23:49

九份(きゅうふん)  台湾旅行

夜に赤い提灯が通りや建物を飾る人気のスポット。

今回の旅は台北周辺だけですから、遠い所から終わらせることにしました。

語学堪能な院長先生がいなくなったら心細くなりますから、いる間に難しい所へという趣旨です。

午前中は台北の地下街をブラブラ。

でも・・・韓国もそうでしたが、日本のように几帳面にお店のシャッターは開きません。

お昼からが一般的のようです。

娘がナップザックを買ったら、店員のおばちゃんがカード決済の入力を間違えて大騒ぎ。

結局、別の店員さんが、マイナス修正してから適正に打ち込んで1時間ほどかかりました。

急いで九份に移動。

買い物がてら階段街をブラブラしていると、雨が降ってきてかっぱを着ての散策。

台湾は雨が多いと言われてましたが・・・祟られました。

夜の提灯を見たいのですから、昼は適当に時間を潰して・・・とりあえずお茶。

九份茶房と言う店で、本格的なお茶のお店。

茶葉の臭いをかがせてくれて・・・これが良い香り。

いれ方も教えてくれて、美味しいお茶でした。

台湾のお茶文化は凄いです。

目の前でいれてくれるおばちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します

最初から茶壺に一杯茶葉が入ってますから、何回も何回もお茶の葉を替えて飲みました。

そして2時間ほど時間を潰して・・・それでもまだ4時です。

6時にならないと暗くならず・・・明るくては提灯が綺麗にともりません。

6時まで待つ覚悟で今度は食事。あんまり美味しい店ではないけど、時間つぶしですから。

有名な「千と千尋の神隠し」に登場した店は長蛇の列。

狭い道を1列塞いでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

このお店にともる提灯が凄いのです。それを向かいのお店から写真に写すのが、絵葉書のような定番写真なんです。

4時頃に通過した時は・・・こんな感じでした。
クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ暗くなる時間と思って行動開始は6時。

甘かったです。本当に恐ろしい思いをしました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ