2019/7/28  20:51

真室川の総括  源流釣り

真室川を8時半頃出発して、埼玉には4時半頃の到着でした。

遠い・・・若い時はこんなきょりでも、夢中で行けたのですね。

釣りたい一心で。

さすがに遠いと実感しましたが、全部仲間がセットしてくれて老人に思い出を作ってくれたのでしょう。

泊ったところは町の施設のコテージ。全部そろっていて食材を持ち込むだけ。

これは便利で・・・疲れて戻った昨日も、一杯はやりましたが・・・そのまま寝る事が出来て最高の環境です。

さて昨日。予想通りに車は途中までしか入れませんでした。

そこに置いて・・・歩いて歩いて、釣り始めたのが10時頃。

この滝が11時頃でした。
  クリックすると元のサイズで表示します

ところで未だに「やどろくの会」のユニフォームを着続けている紅一点。

数十年前のTシャツです。男どもは腹が出てほとんどの仲間が、ユニフォームを着られない体形。
クリックすると元のサイズで表示します

滝の下では尺クラスが当然出ました。

水量が少なくて、喰いはシブい。粘って引きずり出しました。

早いけど昼食。沢での基本は麺類で、素麺が良いですね。
クリックすると元のサイズで表示します

誰が素麺を茹でて、薬味は誰が刻んで・・・もう阿吽の呼吸で事がすすみます。

食事が終わって・・・いよいよ滝の高巻きに挑みます。

高巻く・・・とは、ご覧の通り直接滝を登れる場所ではないので、その滝の脇をビレー(安全対策)を取りながら登って行きます。

ザイル・金物・スリングなどを利用して、滑落しないように登るのです。

最大斜度は80度、当然場所によっては90度ですから、我々のような慣れた集団でないと無理です。

装備を確認して。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はやどろく最強のメンバー構成。

バリバリのクライマー、ほぼバリバリのクライマー、昔ほぼほぼ山や沢をこなした老人・・・そして岩や崖はほぼ素人に近い美熟女の4人。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ