2019/10/31  23:02

旅の終わり  くるま旅

午前中はジム。私は久しぶり。

ウオーキングマシーンで頑張っていたお蔭で、厳しい山歩きにも耐えられる脚力でした。

このペースで頑張ります。

先日、書類が整ったので申請した、シャッターの修理費用。

火災保険屋さんから通知で、全額振り込まれてました。

1週間ですから・・・凄い。被災者ファーストなんですね!

少し事務費をプラスして振り込んでくれました。これもありがたい。

さて旅の最終章です。

台風接近と言うことで切り上げて帰る事にしましたが、襲来までに2日間の余裕があったので小浜に回りました。

途中、熊川宿によって見学しましたが、昼前にはフィッシャーマンズワーフに到着。
クリックすると元のサイズで表示します

ところが鮮魚は売ってなくて、お菓子やら加工品のお土産品ばかり。

レストランが入っていて海鮮丼が美味しそうでしたが、鯖ずしを買ってあったので・・・。

道を挟んだ反対側に市場があって、こちらは鮮魚も沢山おいてありました。

ぶりの子供と言うのを買ってきましたが、これは美味しくありませんでした。

昔、福井の親友に「イナダを買って来た」と話したら、『イナダなんか食べるんじゃない』と叱られたことがあります。

おそらくそれより小さい呼称なのでしょうから、美味しいわけがありません。

刺身が良いと・・・とお店で薦められましたが、全く失敗でした。

イカは美味しくて、もっと買ってくれば良かったと反省。

夜のおかずも少し買って、小浜を後にしました。

市場です。
クリックすると元のサイズで表示します

高速のサービスエリアで一泊して、埼玉に戻ったのでした、

ところで今回のグルメ。柿の葉寿司は富山のますの寿司と同様な感じで、特段のコメントはありません。
クリックすると元のサイズで表示します

単に笹で包むか、柿の葉で包むかの違い程度でした。

ですが鯖寿司は脂がのった鯖で・・・これは美味しかったですよ。

若狭の勝ち!

鯖ずしです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2019/10/30  22:21

息子を病院へ  リタイヤ生活

月曜・火曜・水曜と妻にキノコ汁を作ってもらって、ずーっとたべてますが体調に変化はないので・・・安全なキノこだったようです。

勿論、間違えるようなキノコではありませんでしたけど。

ヤマブシタケ・ヌメリスギタケ・チャナメ・ムキタケ・ナメコでしたから・・・。

自信はありますけど万が一を考えて、慎重に食べます。

そんな気を使いながら食べても美味しくないのでは?

いいえ・・・しっかり美味しいです!

今回心配だったのはクリタケでしたが、洗いながら一つ一つ確認しましたけど・・・全部クリタケでした。

ジッブロックに入れて冷凍保存しました。

朝一番に家を出て腫瘍の手術をした病院へ。

再発していないか・・・定期的に診察です。

8時20分に到着して診察カードを出したら・・・直ぐに呼ばれました。

触診して・・・次の診察日を決めて・・・おしまい。

異常が無かったので次回も6か月後です。

会計の窓口に行ったら、8時半前でまだ開いてませんでした。

当然順番は1番。前回も1番でした。早くて助かります。

戻って妻はジムでしたが、私は地元市のある審議会の委員を委嘱されているので会議に参加。

御昼前には終わったので、私もジムへ。

そして表題の息子の病院ですが・・・わざと夕方6時頃に行きました。

数日前に気が付いたのですが、喉のところの毛が抜けて・・・皮膚病なのか腫瘍ができているようでもありました。

心配でしたが診察してくれた先生が皮膚を確認して「細菌感染でもないし、悪い細胞でもない」との診断で胸をなでおろしました。

ついでに目を洗う目薬も貰ってきました。

ところで・・・数十人待っていたのに・・・ここでも直ぐに呼ばれて診察でした。

診察の順番を間違えたのかな?  と思っていたら、妻の説明で納得です。

初めての診察の人が一番最初なのだそうです。

ずーっと通っている人は先生が緊急性の要否を判断できますが、初めての子はどれだけ重篤な症状かは解らないので一番最初なのだそうです。

結果として我が家は皮膚病ですから、長時間待っている人に申し訳なかったです。

待合室で順番が違うと言う声がしてましたが、システムを解っていない方のようです。

私も待っていたらそう感じたでしょう。

でも良いシステムですね!  

何の病気が解らなかったら、待合室で順番が来るのが遅く感じて・・・不安が募ります。

妻が通っている眼医者さんも同じシステムで、初めての方と手術を受けた方が優先なんです。

怖くてプルプル震えていたのに、病院を出たら途端に我が儘犬に戻ってました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/10/29  23:15

熊川宿  くるま旅

また旅の話題に戻ります。前後しますがご了承ください。

道の駅米プラザで6時には起きて朝食。

この道の駅でお土産も考えましたが、9時までは待てませんでした。

敦賀のフィッシャーマンズワーフをめざしました。

妻は「魚を買いたい症候群」。だから全国どこへ行っても、この手のお店に寄る事になります。

途中の道の駅で鯖寿司を買って、お昼に食べる事に。

1時間半ほどで福井県若狭の熊川宿に到着。

道の駅に車を止めると、目の前から宿場町が続きます。

一時間ほど歩いてみましたが・・・どうにも寂しい街並みでした。

観光客はほとんどおらず・・・そもそも住民の往来も無く・・・お店はほとんどありません。

鯖街道とセットでの観光地としては、拍子抜けの感があります。

重要伝統的建造物群保存地区としては、これでいいのかもしれませんね。

変に観光地化しないで・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ずーっと訪ねてみたいと思っていた街並みでしたから、目的達成ではあります。

手をかけずに放置され・・・朽ち果てて倒れた家屋もありました。

こればっかりは権利問題もあるし、税金を投入して解決することもできないし・・・行政としては痛しかゆしです。

わざわざ見に行くにはアクセスが悪すぎるのも、寂れる原因かもしれません。

私たちは琵琶湖まで行っていたから・・・廻ってみよう・・・と思えましたけど。

今回の旅は下調べをしっかりやっておけば、あと4か所の重伝地区の街並みを見る事が出来たのに・・・失敗でした。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/10/28  22:22

初物  キノコ・山菜

昨日採ってきたキノコ。今日、キノコのすまし汁にしてもらいました。

と言うのは久しぶりに「ヤマブシタケ」が採れたので、この上品なキノコを堪能するにはお澄ましが良いのです。

美味しかったですね〜〜! これだからキノコ採りはやめられません。

すまし汁にはヤマブシタケを始め、当然ナメコとムキタケ、ヌメリスギタケ、チャナメツムタケと昨日採れたキノコを総動員しました。

唯一、クリタケだけがまだ始末していなかったので、入れられませんでした。

上品なお澄ましで、日本に生まれて・・・キノコ採りを知って・・・採りに行けるだけの体力があって・・・採る事が出来て・・・本当に幸せです。

近くに住んでたら御馳走してあげたい・・・。

昨日、採れたてのナメコを弟にボールで一杯あげました。

今年はもうあげられないから・・・と念を押して。

とにかく採れませんから・・・。

姉にラインしたら、岩手でもみんな採れないと言っている・・・とのこと。

全国的な事のようです。

新しい所を開拓する必要があるでしょうけど、一人で山に入ってキノコを探すのは勇気がいります。

熊なんかはさほど怖くありませんけど、斜面の滑落が怖いですね。

動けないほどのダメージを受けたら、そのままお陀仏ですからね。

今年は丹沢で一つ間違えば死んでいた事故を起こしてますから、年寄は謙虚で慎重でなければならないのです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/10/27  21:11

キノコの不作年  キノコ・山菜

昨日はおいでいただいたのに、アップできずにすみませんでした。

昨日は午前中はジムで汗を流し、午後はキノコ採りの最終確認。

そして夕方はニュージーランド対イングランドを手に汗握って見ていました。

そして夜になって渓流マン氏に迎えに来てもらってキノコ採りで湯沢へ。

湯沢に着いて8時半。スーパーで食材を買って土樽自然公園の駐車場に。

もし雨が降っていたら湯沢国道ステーションに泊るつもりでした。

ここは山登りの人などが、結構利用しています。

自分たちだけと言う訳にいかないので、気を使います。

晴れていたなら土樽自然公園にテントを張って寝た方が遥かに熟睡できます。

大型テントですけど二人で張ると10分程度でできます。

駐車場の電燈はあるし、虫がいないこの時期は最高の場所です。

ちょっと寒かったのでテントの中でポトフで一杯。

温まりました。ビールから初めてお酒にワイン。飲みすぎました。

今朝、頭が痛かったです。二日酔いだったのでしょう。

それでも6時半に起きて食事して・・・このころからは雨でした。

7時半には目的の山に向かいました。

渓流マン氏特製のポトフ
クリックすると元のサイズで表示します


今年はキノコが不作だと聞いていましたし、私のキノコの師匠も今年は採れないと。

なるほど山に入って実感しました。

いつもの場所ではそこそこ採れましたが、ほかの場所は全くダメでした。

結局、ムキタケは採らないつもりでしたが、少し持ち帰りました。

ナメコだけを見たら例年にない不作。私のキノコ史上最悪。

本当に木にびっしり・・・と言うのは1本だけでした。

後は何個かずつを集めて、やっとビニール袋に一袋だけ。

例年ダンプカーで持ち帰るほど生えているムキタケ・クリタケも本当に少ない。

時期的な問題もあるでしょうが、今年の暑さと必要な時期になっての日照時間の不足だと思います。

雨の中を頑張ったのに・・・下山する足取りは重くて、雨に濡れた体は冷えて・・・。

それでもそこそこ取れたのなら、達成感で満たされたのでしょうけど・・・。

張り切って向かったのに・・・って妻にも慰められました。

まあこのまま終わりませんけど・・・と強気な事を云いますが実際のところ不安です。

今週は平標山に行くので、帰りにはブナ林の中を見てきます。

大量に生えていたのはこの木だけ。
クリックすると元のサイズで表示します

あとはこんな感じです。それでもこの木は多い方です。あとはチョボチョボ。
クリックすると元のサイズで表示します

一方でクリタケは腐る寸前で、収穫できる株はほんのわずか。
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ