2019/10/27  21:11

キノコの不作年  キノコ・山菜

昨日はおいでいただいたのに、アップできずにすみませんでした。

昨日は午前中はジムで汗を流し、午後はキノコ採りの最終確認。

そして夕方はニュージーランド対イングランドを手に汗握って見ていました。

そして夜になって渓流マン氏に迎えに来てもらってキノコ採りで湯沢へ。

湯沢に着いて8時半。スーパーで食材を買って土樽自然公園の駐車場に。

もし雨が降っていたら湯沢国道ステーションに泊るつもりでした。

ここは山登りの人などが、結構利用しています。

自分たちだけと言う訳にいかないので、気を使います。

晴れていたなら土樽自然公園にテントを張って寝た方が遥かに熟睡できます。

大型テントですけど二人で張ると10分程度でできます。

駐車場の電燈はあるし、虫がいないこの時期は最高の場所です。

ちょっと寒かったのでテントの中でポトフで一杯。

温まりました。ビールから初めてお酒にワイン。飲みすぎました。

今朝、頭が痛かったです。二日酔いだったのでしょう。

それでも6時半に起きて食事して・・・このころからは雨でした。

7時半には目的の山に向かいました。

渓流マン氏特製のポトフ
クリックすると元のサイズで表示します


今年はキノコが不作だと聞いていましたし、私のキノコの師匠も今年は採れないと。

なるほど山に入って実感しました。

いつもの場所ではそこそこ採れましたが、ほかの場所は全くダメでした。

結局、ムキタケは採らないつもりでしたが、少し持ち帰りました。

ナメコだけを見たら例年にない不作。私のキノコ史上最悪。

本当に木にびっしり・・・と言うのは1本だけでした。

後は何個かずつを集めて、やっとビニール袋に一袋だけ。

例年ダンプカーで持ち帰るほど生えているムキタケ・クリタケも本当に少ない。

時期的な問題もあるでしょうが、今年の暑さと必要な時期になっての日照時間の不足だと思います。

雨の中を頑張ったのに・・・下山する足取りは重くて、雨に濡れた体は冷えて・・・。

それでもそこそこ取れたのなら、達成感で満たされたのでしょうけど・・・。

張り切って向かったのに・・・って妻にも慰められました。

まあこのまま終わりませんけど・・・と強気な事を云いますが実際のところ不安です。

今週は平標山に行くので、帰りにはブナ林の中を見てきます。

大量に生えていたのはこの木だけ。
クリックすると元のサイズで表示します

あとはこんな感じです。それでもこの木は多い方です。あとはチョボチョボ。
クリックすると元のサイズで表示します

一方でクリタケは腐る寸前で、収穫できる株はほんのわずか。
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ