2019/10/29  23:15

熊川宿  くるま旅

また旅の話題に戻ります。前後しますがご了承ください。

道の駅米プラザで6時には起きて朝食。

この道の駅でお土産も考えましたが、9時までは待てませんでした。

敦賀のフィッシャーマンズワーフをめざしました。

妻は「魚を買いたい症候群」。だから全国どこへ行っても、この手のお店に寄る事になります。

途中の道の駅で鯖寿司を買って、お昼に食べる事に。

1時間半ほどで福井県若狭の熊川宿に到着。

道の駅に車を止めると、目の前から宿場町が続きます。

一時間ほど歩いてみましたが・・・どうにも寂しい街並みでした。

観光客はほとんどおらず・・・そもそも住民の往来も無く・・・お店はほとんどありません。

鯖街道とセットでの観光地としては、拍子抜けの感があります。

重要伝統的建造物群保存地区としては、これでいいのかもしれませんね。

変に観光地化しないで・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ずーっと訪ねてみたいと思っていた街並みでしたから、目的達成ではあります。

手をかけずに放置され・・・朽ち果てて倒れた家屋もありました。

こればっかりは権利問題もあるし、税金を投入して解決することもできないし・・・行政としては痛しかゆしです。

わざわざ見に行くにはアクセスが悪すぎるのも、寂れる原因かもしれません。

私たちは琵琶湖まで行っていたから・・・廻ってみよう・・・と思えましたけど。

今回の旅は下調べをしっかりやっておけば、あと4か所の重伝地区の街並みを見る事が出来たのに・・・失敗でした。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ