2019/11/29  21:59

姉からお酒が  リタイヤ生活

私は休肝日というものが無い人間なんです。

1年の内に360日は飲んでます。

たまに妻が具合が悪い時などにお休みするだけ・・・。

それを知ってますから・・・姉は定期的にお酒を送ってくれます。

商売をやっている姉のお客さんで、酒蔵の社長さんがいる関係。

付き合いがあって買うことになるのだそうですが、アルコール類を飲まない姉は私しかあげる相手がいないのでしょう。

私としてはありがたい限り。

姉が住んでいるのは岩手県の紫波町。紫波町と言えば南部杜氏なのです。

南部杜氏は全国を渡り歩いて酒を造ります。

新潟のお酒もかつては南部杜氏が仕込んでいましたから、岩手の酒と新潟の端麗辛口とは非常に近い味わいなのです。

私は紫波の酒よりもっと北に位置する、南部美人と言う銘柄が美味しいと思っています。

ここ5〜6年はビールがまずく感じて、ほとんどお酒かワイン、ウイスキーになってます。

のんべーですよ、私は。量は飲めませんが、いつも飲んでいたいのです。

妻の父は酒が好きな人でしたから、それを見て育った妻。

酒のみとは結婚しないと決めていたそうです。

実際、若い時の私は、一滴のアルコール類も飲めませんでした。

30歳の時に転職しましたが、歓迎会なども嘘をついて欠席したほどでした。

しかし社会人としてはそれだけでは成り立ちません。

いつしか・・・一滴が一杯になり・・・一杯が一本になり・・・一本がいっぱいになったのでした。

数年前まで「のんべーと結婚したつもりはない」・・・と言われてましたが、最近は諦めモードのようで何も言わなくなりました。

それはそれでちょっと寂しい!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ