2020/1/14  23:36

岩手とんぼ返り  リタイヤ生活

この5日ほど旅立ったいとこに振り回されっぱなしですが、それでも仕方のないほど感謝しなければならない・・・私としては感謝しかないいとこでした。

だから妻も辛い体に鞭打って出かけたのです。

朝、京浜東北線で人身事故があり、高崎線はストップ。

さあ大変・・・慌てました。指定席を確保している新幹線に間に合わなかったらどうしよう?

そんな時にわずか一本だけ湘南新宿ラインの列車が来て、ホームを走って移動して飛び乗りました。

手荷物が私の手を離れて遠くまで移動しても、床に落ちないという混雑ぶり。

妻はどこに押されていったのか分かりませんでしたが、如何ともできない混雑。

わずか二駅だったから助かりました。遅れながらも新幹線に間に合いました。

乗ってしまえば早いもので・・・娘がいる仙台までが1時間と少し、そこから1時間弱で故郷の北上へ。

タクシーを飛ばして出棺間際の到着でした。

無事に対面できました。苦しまずに行ったような穏やかな寝顔でした。

火葬の間、隣に住んでいた故人の姉に話を聞くと、夜中に姉の家で死んでいたとのこと。

朝になって2階に上がってみると寝ていたので起こしたけど・・当然起きません。

2年前に患っていた心臓の発作だったようです。

こんなケースは不審死として警察が調べますが、やはりいろいろ尋問されたそうです。

私の叔母も数年前に一人で亡くなったので、調べられたので状況は理解できます。

それでもお姉さんは岩手県警の刑事さんの妻でしたから、警察もわかっていてくれたそうです。

私にとって彼には頼みやすかったので、いろんなお願いをしいろんな思い出があります。

彼は若いころに間違いを犯しましたが、それを私の父が手を差し伸べたのでした。

その恩に報いるために彼は懸命に努力して・・・その努力を父も認めてましたし、私も確認しています。

おじさんのために精一杯努力してくれたのです。

私の父が亡くなった母の晩年、家長が不在になると統制が取れなくなるのが家としてはよくある話。

我が家もご多分に漏れず、そのまま絵にして様な体たらくでした。

そんな中で年老いた私の母を最期まで「おばちゃん! おばちゃん!」と言って慕い、面倒を見てくれたのは彼だけでした。

だから昨日の話に戻りますが、感謝の恩返しを少しさせてもらいたかったのが心残りです。

彼の兄弟や子供たちは、我が家にとっての彼の存在意義を理解してませんから・・・ただ感謝の意味で葬送に参列したのです。

また・・・故郷に戻る理由が一つ減りました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/1/13  21:04

新幹線移動  リタイヤ生活

夕べ一晩寝ずに考えました。

途中で雪に降られたら・・・って。

やっぱり冬の北国にノーマルタイヤで行くのは無謀すぎます。

新幹線にしようと8割がた決心しました。

そして朝になって岩手の親友に電話すると「今日になって降り出した。少し積もっている。午後から晴れの予報だから解けるだろうけど」と。

解けたとしても翌朝は間違いなく凍ります。

あきらめがつきました。迷わず新幹線に変更しました。

善は急げで・・・9時なるのを待って明日の切符を買ってきました。

最初から喪服を着ていけば荷物は少なくて済みますが、それでは窮屈。

ラフな格好で行って、向こうで着替えることにしました。

旅行用スーツケース一個持って、女房はトートバックにタブレットなどを入れて手分けして。

早々と準備が整ったのですが、年寄りはそこからが長いのです。

車で行くつもりで積んでおいた品々を車から降ろして。

元あった場所に振り分けて整理して。

結局そんなこんなで今日も何もできませんでした。

三日連休でジムも休みなのに、何一つほかのことは進展しませんでした。

明日は朝一番の新幹線で、岩手に向かいます。

出棺前に到着して、最後に一目顔が見たい!

父も母も兄も・・・そしてなれない田舎に行って心細い妻も娘も、私の代わりのように気遣ってくれた優しい性格でした。

少し恩返しをさせてから逝ってくれればいいのに・・・最後まで気遣って逝ったようです。

あいつらしい最期です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/1/12  22:27

冬タイヤ  リタイヤ生活

いとこの葬儀には行かないつもりでしたが、姉から連絡があって家族葬ではなくなったので参列すると。

隣に住んでいる故人の姉が隣組の長老に話したら、そんなわけにはいかないと言われてしまって従来通りの慣習に沿った葬儀にしたそうです。

となると行かなくちゃ・・・と急遽行くことにしました。

ところが北国は時季的に、いつ雪が降るかわからない状況。

買ったばかりのキャンピングカーには、スタットレスタイヤを用意してありませんでした。

さりとて小型のパッソで岩手までは辛い。

タイヤを買うことにしてイエロー何とかやら何とかバックスを探して見ました。

が、近くの支店にも在庫はないそうで、手に入りませんでした。

お店の人が言うには、キャンピの荷重に耐えられるタイヤは、トラックのタイヤなどを扱っているお店でないとダメとか。

業界の人でないと、わかりませんからね・・・どこにそんなお店があるのか?

断念!

岩手の親友に電話したら雪は全くないとの事。

暖冬のおかげです。

天気予報を調べると、ここ数日は降雪の心配はなさそうです。

降り出したら途中で中止することにして、車で行くことにしました。

車を置いて電車で帰ってくるつもりです。

私一人なら最初から電車でもいいのですが、妻は長い時間同じ姿勢でいられませんから寝ころべるキャンピングカーが必須なのです。

タイヤはそんな状況ですが、もう一つ不安が。

燃料の軽油は寒い地方に行くと凍ります。

そのため寒い地方の軽油には、冬シーズンに灯油が混ぜられています。

凍結対策なんです。

昨日、燃料を満タンにしてあったので、今から灯油入りの軽油に入れなおす事ができません。

給油できるようにタンクの燃料を減らすまで、温かい時間に走行します。

そして岩手につく頃には、灯油入りの軽油を給油します。

日中はたぶん大丈夫でしょうけど、日が暮れて気温が下がると風を切って走るのさえも不安です。

氷点下でしょうから。

昔、一度、玉川温泉で凍らせてしまって、脱出できず大変な目にあったことがありましたから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
4

2020/1/11  22:51

喰っちゃ寝のつけ  リタイヤ生活

正月・・・食べては寝るの繰り返しで、おそらくは体重も増えただろうし、筋力も落ちただろうとは思ってました。

鏡に映した私の横からのスタイル・・・お腹が出ているので確実に太ってます。

ジムは今日で3日目でしたが、少し体重が減るまで測定を中止してました。

図ってみるとなんと3キロも増えてました。

ということはピーク時は5キロ近く太っていたかもしれません。

夕飯はなるべく炭水化物を摂らないようにしてますけど、太るのと同じように減量も辛い。

今日から筋トレも開始しました。

今年は山行を復活させたいので、精神力と同様に脚力も大切です。

ウオーキングはマシーンに最大の斜度をつけて、またステップのマシーンは負荷を上げて頑張りました。

昼過ぎに電話が鳴って・・・岩手の親友からでした。

私のいとこが亡くなったと知らせてくれたのです。

本来、私の実家から連絡があるべきですけど、そんな風には事が運ばないと親友はわかっていたのでわざわざ電話をくれたのです。

ありがたいです。故郷と繋がっていると実感できる電話でした。

いとこは一人暮らしで・・・生活も楽ではなかったはず。

後年は楽しい人生だったか?・・・余計な詮索ですけど、仲が良かったので許してくれるでしょう。

正直・・・いつも「どうしてるかなー」と頭にありました。

訃報には晴天の霹靂という感もあります。

渓流釣りは私の師匠でしたから・・・天国では好きな趣味を楽しみながら暮らすことでしょう。

あまり早く迎えに来るなよ!合掌。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/1/11  0:12

いとこの死  リタイヤ生活

朝、岩手の姉からラインが。

私と一つ違いのいとこが亡くなったとの連絡でした。

年が近いこともあったり、牧場をやっていた我が家で働いていたこともあって、特に仲の良いいとこでした。

最後にあったのが兄の三回忌か母の葬儀の時かはっきりしませんけど、5〜6年前になります。

姉の話だといとこは、しばらく入院していたとか。

家族葬で送るというので行きませんけど、温かくなったら線香の1本も上げに行きたいと思います。

父方のいとこは兄を含めて5人が旅立ちました。

まだ私を含めて14人が健在ですけど、歯が欠けていくように減っていきます。

寂しいですね。

さて今日はジムから戻った後、昨年末にできた新しいモールに初めて行ってみました。

オープンの時は近隣の道路が渋滞だったらしいのですが、今日は寂しい人の出でした。

早くも撤退するお店が閉店セールとは・・・驚きました。

娘がおった折り紙のネズミを、100円ショップで購入したアクリルケースに入れて飾りました。

クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ