2020/4/22  23:12

クリティカルディスタンス  コロナウイルス

今日の山友ホロホロは山登りへ。

そして途中で人に遭遇して、風上5メートルに避難・・・と言っています。

風上はよかったですね。

しかし訪ねてきた人が4メートルでマスクなしだったそうです。

今、コロナ感染対策として2メートル離れなさい・・・と指導されています。

例えば山歩きなどをしていると危険な野生の動物などに会うことがあります。

大概なものにはすでにあっています。

この時に大まかにいうとどれだけ離れていれば安全なのか・・・と言うのがクリティカルディスタンス。

例えばスズメバチだったら・・・カチカチと威嚇音を出します。

またマムシなどはうっかり踏みつけたりさえしなければ、体長の半分以上離れていればと言われています。

60センチのマムシなら30センチでしょうか?

2メートルのハブだったら1メートルなのか…沖縄の人に聞いてみたいと思います。

またヒグマなどは距離では測れず、捕食興味があるのかないのかによるでしょう。

けどコロナは換気していなければ30メートル離れている建物内でもダメでしょう。

ノーベル賞の山中教授の説は、山登りとは言ってませんがランニングしている人などは呼吸が荒く、10メートルは離れているのが望ましいそうです。

そこで我が家も人に遭遇すると山登りの途中でも走って逃げるホロホロをまねして、毎日のウオーキングで人が近づいてきたら逃げることにしました。

向かって歩いてくる人なら遠くで発見して避けることもできますが、足の速い人が後ろから来た時に困っています。

少なくても道の反対側に移動して避けていますが、この際に残念ながら風上風下の選択する余裕がありません。

それから後ろからジョギングする人が来たケースも困りもの。

怖い顔でにらみつけると・・・反対側に移動してくれる人もいますが、ほとんどが無頓着の人ですから距離を取れません。

そろそろウオーキングも限界点かもしれません。

何か気のせいかもしれませんが・・・のどが痛い。

軽症で自宅待機している人が、結構亡くなっているので・・・怖いです。

けど、安部さんとも内閣府とも何のつてもありませんから、今悔やんでいます。

安部さんとはあきえさんを通じて距離を詰めておくべきでした。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/4/22  0:03

マスク受注者  コロナウイルス

あの評判の悪いマスクを受託した会社が一部判明しました。

なぜ一部かというと・・・まさか公表したら大変なことになる会社が含まれているからなのでしょうか?

モリカケ問題の再来にはならないでほしいですね。このコロナで大変な時に。

公表されたのは報道によると、興和や伊藤忠と・・・問題がなさそうな会社ではありますが。

10年ほど前に岩手県選出のO議員がN建設から賄賂をもらったと追及されたことがありましたから・・・結局起訴されませんでしたが。

だから一流企業だから疑獄事件とは関係ないとは・・・いえませんけど。

今回の問題はそこではなくて、公表されていない企業にあるのでは?

あくまで報道によると・・・公表された3社の受注額は90億円。

あれ?  466億円とは遠くかけ離れていますが・・・不思議です。

残りの数社で360億円ほどを受注していることになります。

そもそも最初からおかしかったですけど・・・これほど費用対効果のない政策を押し通したには、誰もが疑問に感じるのでは?

当然、費用はマスク代金だけではなく、送料なども予算化している・・・と言う説明になるはずです。

マスコミはきっちりと詳細説明を求めるべきですが、官邸記者クラブは動かないでしょうね。

記者の家族などがり患したら、優先的にアベノベッドが用意してもらえるかもしれませんから・・・私の想像ですけど。

あらゆる場面に登場するK内閣府補佐官に、話せば良いルートがあったりして・・・。

本当に飼いならされたマスコミ・・・恥ずかしくないですかね。

そんな生き方で・・・。

話を戻しますけど残り予算の360億円ほどの中から・・・誰かに還流したり、処理できずにいた廃棄処分マスクを送っていたら・・・野党の皆さんにはその辺を確認してもらいたい。

役人の中から・・・正義の志を捨てきれない人が出てくる可能性もありますから。

どんな人も未曽有の危機を、利用することがあってはいけません。

さすがにそんな悪い人はいないと信じます。

ところで大阪のある企業がこんな窮状に挑んでくれて、地場産業としてマスクを作ったのですが。

悪いことに安部さんの天敵である朝日のネット通販が取り上げていて。

朝日も全く余計なことをしたものですが・・・。

またも内閣府の補佐官がよく調べもしないで・・・安部さんに進言したのでしょう。

安部さんはこの時とばかり、朝日に布マスクで意趣返ししたのでしたが。

このマスクはアベノマスクとは全く別物で、数百回の洗濯にも耐えられる高品質。

しかも善意の協力者のマスクを使って皮肉ったと・・・またしてもつらい立場に。

言わなきゃいいのに・・・ちょっとした我慢もできません。

本当に調べもしないで、秘書官か補佐官は朝日の首を取ったように進言したと思うし、安部さんもこの時ばかりにと勢い込んだ感じがよくわかります。

本当にむきになって・・・子供と一緒ですね。

夫婦そろって年齢だけはいってますけど、考えることも言うことも行動も・・・すべて稚拙です。

こんな批判ばかりの私にはアベノベッドが回ってくることはないので、り患しないように注意します。

今、新造語として日本初が私ではないかと悦に入ってます【アベノベッド】

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ