2020/6/27  22:13

フェースシールド製作開始  リタイヤ生活

実は今日も隣町の病院でした。

昨日、先生から直接電話をいただき「先日のCT検査の結果が届いた」と。

直接、面談して話を聞いてきました。

その帰り大型パチンコ店の前を通ると・・・数百人がつづら折りに長蛇の列。

すでに店の中は満員なのでしょうから、負けて帰った人の場所に座るのでしょうけど・・・。

つぎ込んだ後は出る確率が上がるのでしょうか?

そうだとしてもあんな大人数が待っていてはいつになることやら・・・私にはとてもできません。

とは言っても・・・若いころはご飯を食べるよりパチンコ・・・と言う時代もありました。

大げさな話をすれば・・・パチンコをしていなかったら田園調布に家が建っていた・・・と思うのです。

そんなことから見切りをつけて30年ぐらいはやっていません。

田舎の友で・・・電話をするといつもパチンコ屋にいる・・・のもいますけど。

また私の兄が・・・それで財産をなくしました・・・とも言えます。

ですから気持ちが分からなくはない・・・のですが、数時間並ぶほどやめられませんか?

さすがにそこまでは理解できません。

今日あそこに並んでいた多くの人が、届いた10万円を失うのでしょうね!

経済の活性化のためですから・・・パチンコ店も雇用の確保が必要でもありますからね。

戻って午後からは予定通り、フェースシールドの製作にかかりました。

まず、アクリル板をある程度のサイズにカッティング。

微調整は送ってから現場合わせで、個人個人に合うサイズにしてもらいます。

そしてヘッドパットになる部分を、カットして接着剤で接着。

実はここが味噌で・・・ここがうまくいかないと、ゴーグルが使用できないなどの障害が出ます。

要するにシールド面と顔との間に、いかにうまく空間を作れるか。

ヘッドパッド部分がその役割を担うのです。

若い女性はコンタクトを使用すれば、マチはそんなに必要ありません。

むしろぴったりのほうが、防御効果が高いかもしれません。

しかし年寄りは老眼鏡を使用したりですから、一定の空間が必要なのです。

年齢に応じてヘッドパットの枚数が違うのが、平田製作所製の特徴です。

一つ一つ個人個人のニーズに応じた親切丁寧ハンドメイド。

規格品には出せない味なのです。

明日はヘッドパットをセットして、固定ベルトを製作。

予定通り作業は進捗しているので、来週末には娘に届けられそうです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ