2020/9/10  22:25

子猫保護  リタイヤ生活

疲れもたまっていることだし、週の中日でもあるので今日はジムを休みました。

そして買い物があったのですが、ホームセンターとスーパーに行ったものの希望のものは見つからず・・・。

フライパン・・・なんですけど。

焦げ付きにくいのは最低限の条件で、ほかに深底だとか様々な機能を備えた・・・条件が厳しすぎてすぐには見つかりそうにありません。

そして別のモールに移動して、スポーツジムの内覧と説明を受けました。

すごい人数で器具を使って運動するにも順番を待つ状態。

限りなく【密】でした。

しかも24時間利用するためには、料金が二人で19.000円。

これまでのジムのように午前中に利用しようと考えたら、先を争って競争しないと・・・。

まあ、考えようによっては・・・それも運動になるとも言えますが。

忙しくて嫌ですね、そんなジム。

そして、車に乗って帰ろうとしてモール内を走行していると・・・。

車が走る通路に子猫がいるのを妻が発見。

私は急いで車を停めて飛び出して・・・他の車も制止して、子猫を抱き上げました。

まだやっと目が開いたぐらいで、走って逃げることもできず。

何日も置き去りにされていたのか、手の中で力なく鳴いています。

かわいい三毛猫でした。

親が近くにいたのか・・・それとも捨てられたのか知る由もなく。

抱えてモールの管理事務所へ案内してくれるように、スーパーの責任者に声をかけると・・・なんと。

離れることはできないから案内はできないとの返事。

じゃ・・・こんな小さな命をここに置いて行けと言うの?・・・と私。

責任を追及するわけではないですが、管理事務所に案内するぐらいはこの場所で商売するものとしての責任があるでしょう?

もちろん一番悪いのは捨てた飼い主。

こんなやり取りで30分〜40分。

暑い日で車で待っている妻は、ヘルニアで長く座ってもいられず・・・どんな思いで待っているのか。

でも乗り掛かった舟で・・・この子をここに置き去りにもできず。

何人か寄ってきて「動物病院なら引き取ってくれる」とかアドバイスをくれますが。

私としては・・・一時的ではあっても保護したことにより現在の管理責任は私に移ってますから。

動物病院に移動して・・・万が一断られた時には手の打ちようがなくなります。

新しい飼い主を探す苦労をすることになりますから。

ここは・・・あくまで本来モールの責任に帰属することを、善意の第三者が一時的に代行したことで済ませたいのです・・・がっ。

私の手に顎を乗せ疲れ切ったのかお腹が空いたのか・・・力なく鳴いているこの子の先行きが不安で・・・置き去りにして逃げられませんよ。

結局、押し問答の末に管理のガードマンさんが来てくれて。

よく捨てられる・・・とのこと。そして「責任もって保護しますから」と言ってくれて。

良い人で良かったなあ・・・あの人なら確り保護してくれて・・・その先も獣医さんに診せてくれるなり、しっかりモールの管理者として責任ある対処をしてくれると思います。

それにしてもスーパーの対応には、ヒューマニズムも動物愛護法の精神も感じない・・・全く腹立たしい。

私の手の中にいる僅か15センチほどの小さな命を見ても、一緒に対策を考えないといけないと感じないのが人間として不思議です。

あのまま消えて行きそうな生命を可哀そう・・・と考えられないのかなあ。

でも・・・今、落ち着いて考えたら、連れて帰ってきたら私はまた・・・メロメロになっていたかも。

息子はやきもちで精神的におかしく成っていたかもしれません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ