2020/10/25  20:35

蓼科山の続き  百名山・中央ア、八ヶ岳

相変わらず訪問者が減少し続けるブログですが、やっていて・・・うれしい・・・と感じさせてくれる出来事がたまにあります。

kawaneさんと言って、夏にエアコンのドレンに虫が入らないアイテムを教えてくれた方の一人なんですが・・・。

学生時代に蓼科山などを縦走して・・・50年も前のことらしいのですが・・・懐かしい思い出をありがとう・・・とのコメント。

いやいや・・・こちらが元気をもらってありがとう・・・ですよ。

八ヶ岳はいろんなコースを歩いている、だから知っている・・・と自信を持って言えます。

ご承知の通り蓼科山は八ヶ岳連峰でありながら、個別に百名山に数えられる山。

八ヶ岳と言えば赤岳が百名山ですから、蓼科山は選から漏れたとしても不思議ではありません。

それなのにあえて選ばれているには、それなりの特徴があるのでしょう。

眺望はもちろん素晴らしく、また山頂の雰囲気は独特です。

大岩が絨毯のように敷かれた岩山なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに岩の表面に白く貼りつくのは【霜】です。

岩と岩の隙間には溶けずに雪が残ってます。

昨日来、岩が滑って・・・と言ってますけど、山頂は太陽が当たりますから比較的解けますが、コースには北斜面など解けずに凍っています。

2.500メートル地点はもう冬なんです。

安全策で選んだ将軍平から天祥寺原へのコースは3度目ですが、今回初めて登ってくる人に出会いました。

一人ですけど。

逆に私に続いて天祥寺原に降り立ったのは、3グループ8人ほど。

私が20分ほど昼食をとっている間に、言葉を交わして双子池方面に行きました。

さすがに土曜日と納得。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は天祥寺原からの北横岳ですが右手の樹木に隠れています。

左の樹木の影は大岳かもしれませんが、同定できていません。

さて天祥寺原から竜源橋へ下る人は、おそらく皆無だと思って行動していました。

全行程1時間15分の道のりで登りは一切なし。

全コースの8割が平坦で、下るのは2割程度。

平坦な道はここ数日の雨でぬかるんでいて、雨後にはあまりお勧めしません。

新しい靴を心配しながら歩いてました。汚したくないなあ・・・って!
クリックすると元のサイズで表示します

平坦というコースはこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

ところどころ笹が背丈ほどあって、突然に熊さんが飛び出して来ても・・・ありえます。

ここのところ腰に熊除けスプレーを携行してますが、笹藪から突然・・・には対応できかねます。

ビーナスラインにあと10分程度まで下った時、登っていくキャンパーとすれ違いました。

男女一組のカップル・・・ご夫婦なのか不倫なのか、あるいは兄弟なのか、双子池にテントで泊まるそうです。

下っていく人に出会いましたか?・・・と聞いてみました。

駐車場のところで一人出会いました・・・と。

私のほかにも物好きはいるようです。

蓼科山の山頂は数百人の人。

山頂小屋から将軍平に下る間にすれ違った人は、100人を超えていると思います。

蓼科山は七合目から登るのが一般的ですが、だんだん皆と同じでは満足できなくなる…へそ曲がりな性格なんです。

竜源橋から女神茶屋へのビーナスラインの上りは、1キロぐらいで20分ほどです。

歩道がないのでスピードを出して下ってくる車が、すぐわきをすり抜けていき・・・怖かったでです。

今シーズン、あと一座やりたいなあ!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2020/10/24  21:01

3度目の蓼科山  百名山・中央ア、八ヶ岳

朝4時に起きて蓼科山へ。

明日の天候次第では、3日間は連続して登りたいと山をピックアップしてました。

女神茶屋(スズラン峠)からは初めての挑戦。

一般的には7合目からの登山ですが、スズラン峠からはその3倍以上の急登。

足に効いたのはもちろんですけど、それ以上に難敵だったのが【寒さ】でした。

前夜、霜が降りたらしく、岩に張り付いた霜が滑る滑る。

スズラン峠へ下るのはちょっと怖いので、他のルートを下山。

そして風が冷たくて、最初から防寒で雨具を着て上りました。

しかしグローブは冬用ではなく、ストックを持つ手が悴んで・・・神経痛が出て痛んで
ます。

写真は霜柱です。
クリックすると元のサイズで表示します

冷え込んだ天候は空気も澄んで、視界は良好。

写真は左の山並みが赤岳方向、右手が南アルプスの駒ケ岳方向だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

蓼科山は大岩がゴロゴロと連なる岩山ですから、その岩が滑ったら大怪我につながります。

キノコシーズンを控えて、万が一にも今は怪我ができません。

将軍平から天祥寺原、そして竜源橋へと安全策を取りました。

実際、将軍平まではかなり凍っていて慎重さを要求されましたが、それ以降は雪も霜もなく安全に下山。

でも人気のないコースですから、めったに人が通らない。

熊さんにでも出くわしたら・・・とか、ケガして動けなくなったら救助を頼む人も通らない。

余計に慎重でした。

下山途中からは予報通りに【午後には雨】が的中。

車に戻った時には雨具をたたく雨音がしていました。

さて、明日はどうしよう・・・と【天気と暮らす】であらゆる山をチェック。

でもどこも雨・・・雨飾山は晴れそうでしたが、さすがにそこまでの移動は辛い。

明日、寒さの中でまんじりともしない時間を過ごすなら・・・家に帰ろう。

戻ってきました・・・3日分の食料と酒、そして薬に着替え、機器類の充電器・・・しっかり準備していたのに無駄になりました。

ところで途中の峠道で・・・カーブをうっかりスピードを出したままで侵入し、食器ケースが棚から落ちてしまいました。

車の中では食生活が味気なくなりがちなので、せめて器を楽しもう・・・とおそろいの食器で統一して悦に入ってました。

たち吉のお気に入りの食器が3分の2ほどが割れました。

残念もありますが・・・何やら不吉な予感もあって。

今日は戻ってきました。

今月中に天候次第で、あと一回行けるか?

もう・・・山は凍ってますから、それを計算に入れないといけません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2020/10/23  20:38

山へ行ってきます  登山(百名山以外の山)

今日も妻のジムが9時から。

雨の一日で・・・送迎を終えて・・・山の準備に没頭。

燃料を補給したり、食料を買いに行ったり・・・もちろんお酒も仕込みました。

最終確認で天気予報を確認すると・・・昨日の予報では【晴れ】のはずだった土曜も午後は雨。

もちろん日曜は当初の通り雨予報。

これはまいりました!

とりあえず出かけますけど、雨をついてまで登りませんので・・・どうなることか。

中々、時間が自分のものにならないのが・・・残念です。

どんな報告ができるか・・・良い結果だといいけど、行く前から不安でいっぱい。

寒い山の中で・・・雨で山に登れず・・・車の中で震えていた・・・最悪です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2020/10/22  22:00

今シーズン最後の山へ  登山(百名山以外の山)

今週末は日曜が雨との予報もあります。

あまりあてにならない【天気と暮らす】は日曜日にほとんどの山が雨予報。

しかしテレビの予報は良さそうな報道・・・でも、山の天気とは違いがありますから。

最終的には天気と暮らすが正しく山の天候を明示しているのでしょう。

そうなると連続の登山は無理で、ぶらぶらしながら過ごす日が出ます。

最期なのに効率が良くないのは・・・なんとしても残念です。

今、天気予報と睨めっこして山を選択中です。

掃除当番は明日で終わり、妻のジムの送迎もとりあえず土日はありません。

八ヶ岳近辺の山になると思います。

本当は小屋が開いていれば、1泊で出かけたかったのに。

日帰りピストンとなると、行ける山は限定されます。

しかも降雪の恐れがないところとなると、アルプスはもう無理です。

降り出しても下山が可能な山を、今週末と来週の天気のいい日に歩きます。

これが終わったら・・・キノコのシーズンがそこまで来ています。

キノコ採りと岩手の仲間との収穫祭りがバッティングするのが、今は一番不安です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/10/21  21:40

妻の初ジム  リタイヤ生活

ジムが閉鎖になって・・・ずっと運動の機会がなかった妻。

かつてのジムのインストラクターさんが開いてくれたエアロビ教室が、今日初めての講座。

送って行って待ってましたが、この開催場所が実は。

明治の殖産興業時に日本商業銀行だった場所で、東京駅と同じ深谷の赤レンガでできています。

世界遺産に指定された群馬県富岡市の片倉製糸工場との関連もあって、貴重な遺産なんです。

現在はその建物を改修して、こうした活動に利用されています。

当市に引っ越して35年も経過しているのに、一度も見学したことがありませんでした。

以前「ローヤル」というケーキ屋さんだったので、その時は何度か来ていますけど・・・歴史遺産としてなかを見たことはありません。

今日は2時間もゆっくりと見学しました。

戻ってきた妻、ジム友からたくさんの野菜をもらってきて・・・さらに。

午後からピーナツを掘りに来い・・・と言われたと。

お昼を食べて、そのジム友の家に送っていきました。

1時間半ほどで電話が来て、迎えに行くと・・・。

掘ったばかりのピーナツが袋いっぱいと野菜。

ピーナツは洗って茹でるものと、粒のいいのは一週間ほど天日干ししてから炒って食べるものに仕分け。

野菜の始末は妻が担当。

そして今日も春菊の苗をもらってきたので、猫の額の畑に植えました。

が、狭い畑はこんな状態です。
クリックすると元のサイズで表示します

先日の従姉妹がくれたカキ菜も植えてますからね。

植木鉢にも
クリックすると元のサイズで表示します

そして落花生
クリックすると元のサイズで表示します

型の良い粒は天日干しに
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ