2021/2/10  23:14

受診結果  リタイヤ生活

朝、6時半に起きて・・・パンとヨーグルトで簡単な食事。

7時20分に家を出ました。

途中の利根川を超える橋が渋滞するので、診察時間と関係なく早い出発。

早ければ早い程、待合室で待つ時間が減ります。

到着は8時に少し前で・・・診察券を入れる箱すら、まだ出ていませんでした。

それでも27番目。私より先に26人が受付の機械に診察券を入れたことになります。

その機械から打ち出された受付票を、各診療科の箱に入れるわけです。

その箱が8時になって・・・出ました。

そしてタブレットでゲームでもと思ったら、もう呼ばれました。

耳鼻科のこの先生はとにかく早い・・・患者が来ているとすぐに診察してくれます。

ありがたい先生なんです。

そして予定通りに最後の診察となりました。

何かあったら1年以内なら電話で予約できると説明されて。

手術痕の何かしこり風のものについて話すと、再び触診してくれて「何かが出来ているのとは違う。多分神経を結節したところではないか」と。

取りあえずは大事は無い・・・との診断でした。

それに近い診断をかかりつけ医も言っています。

「手術の痕に縫合した糸がこんな感じで残ることがある」と。

いずれにしても大きくなるかどうかの変化に注意しながら、経過観察します。

ということで無事に完治とします。

首をひねったりすると、変に痛かったり攣れる感じがしたり予断は許しません。

が手術の後遺症と理解します。心配しすぎるとストレスになりますから・・・。

診察が終わって会計に行くと、8時半前なのでやっていなくて10分ほど待ちました。

しかし、並んで待っていたのに、今日も会計番号は1番になれませんでした。

会計が終わって救急に顔を出すと、妻の主治医がひょっこり現れて・・・。

私と北アルプスにテント泊登山したり・・・のあのドクターです。

ほぼ2年ぶりぐらいに会えた・・・昨年もコロナで行ってませんからね。

懐かしくいろんな話をしました。立ち話ですけど・・・。

妻の顔も観たかったようですが・・・。

20年前に妻の手術を執刀して、それを機に付き合い始めて・・・色々助けてもらいました。

主治医と患者という枠を超えた付き合い・・・と思っていますが、べったりと甘えないのが私のポリシー。

いざという時に1回だけは・・・頼ることもあるかも!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ