2021/10/12  22:10

佐渡と米山  くるま旅

先日の新潟。

院長先生の自宅にお伺いしたのですが、目の前が日本海で「ぜひ夕日が沈むのを見てください」とのお招きだったのです。

しかし残念なことに曇っていて、夕日は見られませんでした。

それでも水平線には佐渡島が浮かんでいました。

佐渡と言えば【ひばりの佐渡情話】と思い至る世代。

吾作とおみつの悲恋物語・・・それを美空ひばりがせつせつと歌い上げた佐渡情話。

そんな雰囲気に浸って・・・旅ですね〜!

曇ってましたから・・・佐渡によこたう天の川・・・も見えませんでした。

先生のご自宅の食堂からテラスに出ると、米山も望めましたが標高僅か900メートルの山でも、3分の一が雲に隠れていました。

残念です。

奥様が言ってましたが、子供のころに学校登山で登ったそうです。

日本300名山に入っていたと思うのですが・・・名山です。

いつも言ってますが・・・山の良さって標高ばかりでは測れませんから。

低くても良い山は沢山あります。

併せて危険な山も標高だけでは測れません。

秩父なんて低い山が多いのですが、結構事故が起こってます。

帰路は米山インター近くのフィッシャーマンズワーフで魚やお土産を。

家族でテイクアウトでいろんなものを食べました。

娘がサバのハンバーガーを食べたので、一口貰ったのですが・・・ミスマッチです。

先日、ハンバーグと書いてしまいましたが間違いで、正しくはハンバーガーでした。

家族3人での旅行の真似事なんてしばらくなかったですから、それなりに思い出に残る旅になりました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ