2016/7/29  21:13

八峰キレットを断念・五竜岳  百名山・北アルプス

白馬から朝日へのピストンか八方尾根から五竜を登ってキレットを踏破する・・・二つの可能性を持って行きました。

28日の朝5時起きて出発。途中あれこれ悩んで・・・到着する時間が10時近くては、猿倉では駐車場がないだろうと判断して、白馬をやめました。

五竜に登ってキレットを歩き、鹿島槍にも登る2泊3日に決定。10時前のゴンドラに乗れました。

6人ずつ乗れるゴンドラですが、数百人も列を作られると中々前に進まなくてイライラ。

夏休みに入り28日は、地元の大町や白馬の学校登山でした。そのほかにも京都の学校の林間学校だったり・・・メチャクチャ。
クリックすると元のサイズで表示します

女子高生や女子中学生を掴まえては、花の名前を教えたり・・・最初は楽しかったのですが、だんだん経過する時間が心配。

この日は午後から雨の予報だったので、その前に何としても小屋に到着したかったのです。

唐松山荘に12時15分到着。15分だけ休んで五竜山荘へ。

唐松を出てすぐに牛首という難所になります。途中一緒に行動するようになった親子が通過中の牛首です。
クリックすると元のサイズで表示します

何とかヘトヘトになりながらも、2時半に五竜山荘到着。

学校登山も入っていたし、夏休みの社会人も多くて、何よりいつも暇な年寄が大挙して押し寄せていて宿泊者があふれてました。

当然、私は夜一睡もできませんでした。その寝不足でキレットは不可能と判断して、荷物を置いて五竜岳のみにして下山すことに決定。

前回はガスの中の五竜でしたが、今回は360度の眺望。リベンジ達成です。

そして五竜岳山頂から見た八峰キレット
クリックすると元のサイズで表示します

この痩せた尾根とアップダウンの厳しさを見て、一気にテンションが下がりました。

ここまで来るだけでヘロヘロなのに、その上でこんな危険な所を歩けるはずがありません。

止めて荷物を下に置いてきたのは正解でした。命あってのものだね。

これで私がここを歩く事は永久に無いと思います。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ