2019/2/24  22:18

映画三昧  リタイヤ生活

夕方、ホームページにセットしたブログを開くと・・・福井の親友から書き込み。

水ガ二を送った・・・とっ。いつも気遣ってくれてありがたいのですが、高価なものですから申し訳なくもあり・・・。

それでもお互い元気で・・・送れる経済的余裕がある間は良いか!・・・と考え直しました。

送られてくるのは品物だけど・・・心のこもったメッセージでもありますから・・・元気だからお互い頑張ろう・・・と言う。

美味しく頂きます。

朝、掃除を終えて・・・今日は全く予定が無し。

天気が良くて、妻は何処かに出かけたい素振り。

でも腰痛が再発したと言うので、大事を取って家でゴロゴロ。

2人で映画のDVD見てました。

5本も観ちゃいました。

いずれもいい作品で、時折・・・涙しながら。

最近はさほどのことが無いのに・・・涙がこぼれて・・・涙腺がゆるんでます。

マザーテレサからの手紙・・・誰でも判りますね。感動物語ですが、薄い感じもします。

彼女の波乱万丈の人生を2時間で描こうとしたら・・・薄くて当然です。

僕のワンダフルライフ・・・殺処分寸前のワンちゃんが飼い主を得て、4度生まれ変わって老人になった飼い主の元に戻るというお話。

オムニバス形式ですが最後に繋がります。泣けます。

動物モノは泣くにも感動するにも、脚本の力は必要としないでそのままで良いから・・・反則ですね。

ドリーム・・・ナサ航空宇宙局を舞台にした実在人物の物語。黒人として差別と闘いながら、宇宙開発の発展に寄与した黒人女性のお話し。泣けます。

セブンシスターズ・・・一風変わったスリルとアクション、サスペンス。一人っ子政策の国で生まれた7つ子。6人は殺される運命にありますが、この子たちのおじいさんは7人とも生きていける様に策略を練ります。大どんでん返しの結末。泣くと言うよりは興奮でしょうか?

人生はシネマティク・・・戦時中の英国。ドイツに圧倒されている現状を打破するために、国威発揚を狙った映画作りを国から課せられた映画人たち。

こんな時代もあったのだろうと納得するも、泣くまでは。

5本とも・・・あらためて良い映画でした。

ちなみにジム友に勧められた映画館へは・・・まだ行けてません。

どんなに素晴らしいソファーでも音響設備でも・・・家で寝転んで見る方が好きかな!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ