2018/10/12  23:03

イ・スンシンの旗  リタイヤ生活

韓流ドラマが好きで見ていて、イ・スンシンは良く知ってますが・・・。

あの豊臣秀吉の朝鮮出兵を打ち破った海軍の将軍です。

この将軍が使った旗印を、韓国の艦船が掲げたとか。

この行為に日本が抗議したとか・・・ほっとけばいいのに。

日本の旭日旗に文句を言っていたのに、韓国は掲げた事で日本も応酬したのでしょうけど。

放っときなさいよ・・・過去にとらわれて、これからの未来を描けない国をまともに相手にする事は無いんです。

朴大統領の弾劾の時、光化門の前のデモ隊は凄い人数でしたが、そのニュースの時に写っていた銅像がイ・スンシンその人です。

確かに日本は植民地政策で韓国にお詫びしなければならない行為をしましたが、既に何度も謝罪しています。

朴大統領のお父さんの時代に、経済支援をしてハンガンの奇跡と言われる経済が大発展。

今の韓国の経済が築けたのは日本の支援が有ったから・・・のも事実です。

何より数百年間中国は宗主国気取りで韓国に朝貢させてきた歴史があり、この時多くの女性たちも献上されました。

そしてチンギスハーンはいわれなき戦を仕掛け、多くの民を殺戮しましたが・・・。

これに文句を言っている風が無いのは・・・不思議です。

自分たちはベトナムで何をしたのか・・・は語られません。

不思議な国ですね。

日本の祖先は確かに悪い事をしたでしょう。しかし今責められている世代は「貴方のひいおじいさんが私のひいおばあさんを殺した。謝れ。」と言い続けられているのです。

ベトナムの事も中国との歴史もチンギスハーンも、日本とは関係ない話しだと言う理屈は良く解ります。

でも現在は大切な隣人としてお互いをリスペクトして共生する事を選んだら、いろんな問題が改善で来て相互に発展できるはずなのにね。

若者に仕事を与える事も出来るし、技術交換もできるし・・・政治的に日本を利用するしか脳のない指導者に、韓国の民は何時まで我慢するんでしょうね。

ムン・ジェインにノーベル賞が行かなくてホッとしてます。

あの薩摩焼の沈・ジュカン14世が云ってます。

大学生を前にして・・・あなた方若者が、何時まで過去の36年間の話をしているんだ。もう前に進むべきではないか・・・と。

そして・・・あなた方が36年間にとらわれるなら、私は370年の話をしなければならない・・・と。

要するに現在薩摩焼を繋いでいる人たちの家門は、370年前に強制的に拉致されて移住させられた朝鮮の民の末裔です。

暗い過去にとらわれずに、共に生きて行こう・・・と言っているのです。

私がチン・ジュカン氏を尊敬する所以です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/11  22:57

長寿の家系  リタイヤ生活

定年まで勤めていた会社。その会社の最後の職場だった施設に顔を出してきました。

現在、この施設のトップをやっているのが、私より5代10年あとの責任者で大学の後輩でもあります。

だから・・・とっ、特別な事はありませんが、世間話しと退職後の処し方について話してきました。

再任用と言う制度で・・・2階級降格でこの会社で65歳まで働くそうです。

残念ですけど・・・私が退職するときはどこの会社も60歳が定年で・・・再任用なんて制度はありませんでした。

当然、年金は生活できるほど貰えませんから、貯めたものが減っていくわけです。

パイが大きければ何等分にカットしても、100歳までも大丈夫でしょうが。

大概の人は小さなパイをカットして生きてますから、なるべくカットしたパイには手を付けないように頑張ります。

私の友達でカットしたパイが食べきれない場合でも、人にあげてでもその年の分のパイを食べてしまう・・・という優雅な人がいます。

と言ったら、何時だったか食べきるのに苦労しているから、他人には理解できない・・・決して優雅ではないのでしょう。

話はそれました。話を戻すと関連する会社で、今年所長が退職するので後任の責任者を探しているそうです。

今は私の退職時より、就活状況が改善しているようです。

ところでどれだけ貰えるのか聞いたところ、私と妻の年金の合計より遥かに多かったです。

まだまだ現役世代ですから、いくらあっても足りないぐらいでしょうね。

一方でお年寄りと言われる私世代は、細かーく切ったパイをちびちび食べて、90歳までの生活資金を引き延ばして生きなければなりません。

しかし90歳以上生きてしまったらどうしよう。要らぬ心配かもしれませんけど!

父が93歳、母が95歳、母方の祖父母ともに90歳以上生きましたから、引き伸ばし作戦もあながち不要だとは言い切れません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/10  21:52

同級生の田んぼ通信  リタイヤ生活

夕方になってブログを開くとコメントが。

同級生の田んぼ通信・・・と題して、私の田んぼを耕作してくれている仲間の内の紅一点。

彼女からでした。

今日、稲刈りを予定したのに、天気予報が外れて雨になったそうです。

当然中止に・・・誰か雨男なり雨女がいるのでしょうか?

今週中には刈り取るそうです。今年もお陰様で美味しいご飯が食べられます。感謝。

午前中はジムへ。最近疲れやすくて・・・今日はそれでも少し頑張りました。

休みの前は72`を切っていた体重が・・・・3日間の間に74`近くになってました。

妻が野菜を買いに行き、かき揚げのてんぷらを作ったのが・・・食べすぎの原因です。

天ぷら・・・と言っても特にかき揚げが大好きで、これに麺類が有ったらいくらでも入ってしまう胃袋を持ってます。

土曜は夏の残りの素麺を茹でて・・・日曜はお稲荷さんを作って・・・バクバク食べました。

炭水化物が多かったようで簡単に2`増。

これを減らさないと・・・と今日はバイクを高タスクで45分。そしてランニングマシーンで4`走って・・・ヘトヘト。

この重い体重のままでは、山での歩きに違いが出るのです。

信じられないでしょうけど・・・本当に繊細な変化が影響するんです・・・登山は。

午後は妻の従兄弟のところへ行って・・・従兄弟と言っても85歳を過ぎている方なんですけど・・・野菜苗を貰ってきました。

妻は「ねーちゃん」と呼んで親しくしていますし、いつも野菜を「取りに来い」と言ってくれている方です。

妻の母の一番上の姉妹の長女で、一方で妻は姉妹の内の末っ子の子供ですから年の差が大きいのです。

一昨日トマトを抜いた畑に植えました。猫の額のような畑も、休みなしで大変です。

昨日、ちょっと云い忘れましたが・・・例のホームセンターの続きですが。

あの後、そのホームセンターは売り上げが増加しているそうです。

震災で困っている時に助けられた皆さんが、この店に恩返ししているのでしょう。

地域と企業の素晴らしい関係と思います。

情けは人のためならず・・・を実感する話です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/9  23:18

企業精神  雑感

ネットの古いニュースをひっくり返してみていたら、素晴らしく感動的な記事をみつけました。

テレビでは相撲協会だの芸能人の不倫だの・・・辟易としますけど。

皆さんもご存じの「アイリスオオヤマ」と言う会社がありますが、この会社東北が本拠地。

現在は大企業ですけど・・・この会社系列のホームセンターの話です。

3・11の震災の時、電気は無くてレジは打てない。被災者はお金も持ってない・・・そんな時に。

首になっても・・・と、被災者に無料で灯油を10リットルずつ配った店長がいたそうです。

気仙沼店の店長だったこの人は、7年後の現在・・・このホームセンターの社長をしているそうです。

勿論、灯油の件だけではなく、本部との連絡が取れない状況で、このような判断ができる人だから社長になるべき人だったのでしょう。

灯油が目の前にあり・・・寒さに震える被災者がいて・・・しかしレジもうてない状況で・・・本部の判断を仰げない危機に、私にその判断ができたかは・・・疑問です。

このホームセンター・・・気仙沼店だけではないそうですが、ノートに住所と名前と品物名を書かせてすべて代金後払いで持ち帰らせたといいます。

そしてその代金の大部分が回収できたそうです。

社長は・・・すべて回収できた・・・と言ってましたが、まさかあり得ないと思います。

9割ほどを全てと表現したのでしょう。

いずれにしても回収率の問題ではなく、回収できない可能性か高いのに配ったと言う判断に驚きます。

山崎パンの運転手さんがサービスエリアで無駄になってしまうパンを配った・・・これも立派ですが、ホームセンターの品は悪くなるものではないので、いつかは売り物になります。

つまり価値のあるものです。

ひとえに地元に貢献しよう・・・困っている人を救済しよう・・・という企業のあり方の問題と思います。

社会に貢献・還元してこそ企業の存在意義があると思ってますから、この話には感動しました。

東北人として・・・何か・・・解る部分があります。

実は震災の数年前に私はこの会社アイリスオオヤマの「良心」を見ています。

殺虫剤などの噴霧器ですが、更に十数年前に買ったものですがパッキンがダメになりました。

ネットで部品購入ができるか調べていると、会社のホームページで「リコール」の記事を発見。

調べると私が持っていた型式も該当してました。

しかしリコール回収期間を2年ほど過ぎていました。残念。

でっ「パッキンだけ買えないか?」と問い合わせしたところ。

なんと電話に出た担当者は、型式などを入念に確かめて・・・。

リコールの対象品なのでパッキンだけではなく、ポンプ部分を全部送ると言うのです。

しかも送料はアイリスオオヤマが負担。そして万が一部品が合わなかったら、お手数ですが捨ててください・・・って。

私としてはどうせ捨てるつもりだったのですから、あわなくてもともとでした。

見事に使えました。アイリスオオヤマの企業精神に感激でした。

今でも・・・アイリスオオヤマで対応できる商品は、この会社にしています。
 
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/8  21:13

片づけ  リタイヤ生活

とりあえず・・・朝食後すぐに買い物に出て、パンやヨーグルトを買ってきました。

戻ると・・・嫌になる前に仕事にかかります。

家の周りを整理して、畑のトマトや雑草を抜いて。これで午前が終わりました。

昼食後、古いキャンピングカーから降ろしたまま、1年以上階段に積みっぱなしだった荷物を整理して。

要らないモノは捨てようと思ってましたが・・・ひょっとして何かの時に使うのでは?

なかなか捨てられません。少しは減りましたが、相変わらず階段は整理棚のように荷物があふれてます。

その他に山の道具やジムのウエア―などが、全ての段を占領してます。

その次に・・・物置に向かいましたが・・・やっぱり捨てられません。

どんなに・・・要らないモノ・・・と思いこもうとするのですが「いやいや勿体ない!」

このほかに震災用の備蓄品の消費期限を整理して、期限切れは消費するのですが今日はできません。

韓流ドラマのDVDになっちゃいました。

このほかに洗車もしないと・・・当分、何かしらの仕事があります。

手を抜いてましたからね。

昨日、相棒が送ってくれた九州土産。15代沈寿官(チン・ジュカン)窯の焼き物の犬です。

14代との出会いを司馬遼太郎が「故郷忘じがたく候」に書いてます。

この14代が人間的に凄い人で、尊敬する人なんです。

15代の結婚式にも司馬遼太郎は出席するほど、14代との信頼関係があったようです。

そんな窯を相棒が訪ねたと言うのも、何か自分の事のように嬉しいのです。白いのがそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ