2020/10/20  21:48

フロアーマット交換  リタイヤ生活

今週、隣組のごみ置き場の管理当番なんです。

朝一度点検に行って、手前に置かれているごみを奥に移動しないと、手前側が山となってしまって・・・。

そして夕方、収集車が集めて帰った後に、残されたごみのチェックや掃除。

週2回で1年に2回、回ってきます。

通りの端ですから隣組でない人も、通勤の途中などで車で捨てにきますから多くて大変。

注意してもいいのですが「交代で管理している捨て場だから、隣組の人以外はダメ」と。

でも絶対トラブルになるでしょうね。

その時はおとなしく引いても、いやがらせでごみを蒔き散らかされたりしても大変ですから、とりあえずはトラブルにならないように対応してます。

それにしても10月も押し詰まり、山のシーズンはいくらも残っていないのに・・・こんな時にごみ当番が回ってくると言う不運なめぐりあわせ。

さて・・・今日は朝食後直ぐに、床に敷いている30センチ角のマットを交換開始。

あの・・・凸凹があってジグソーパズルのように組み立てるマット。

家を新築した時に・・・ですから5年前になりますが・・・フローリングの上に裏面に滑り止めが付いているマットを敷いたのでした。

息子が走り回っても滑らないために・・・犬は走って滑ると股関節を痛めますから。

滑り止めは・・・厄介にもノリのようになっていて、フローリングに着いたノリが取れません。

表面が汚れても来たので、丁度交換のタイミングとしては良いころ合い。

娘が買ってくれると言うので、ネットで注文すると2日で到着。

四角な場所に貼るなら楽ですが、台所なんて出たり引っ込んだりしていますから、その形状に合わせて切り貼り。

しかしミリ単位の丁寧な平田製作所の仕事ぶり・・・仕上がりは1枚もので作ったほどぴったりの出来栄え。

まるでプロがやったようです。

104枚の広さの敷設は、夕方までかかりました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/10/19  20:49

自分ではできないこと  リタイヤ生活

数日前から今年の山の記録を整理して、ホームページにアップする準備中ですが・・・。

写真を縮小できずに大苦戦。

それでも・・・さすがは10年もホームページを独力で運営していたのは伊達じゃない。

縮小できる方法を見つけて、昨日写真を貼り付けてウェブ上にアップしたのですが。

インターネットの自分のホームページにアクセスすると、なんと写真が貼りついていなくて・・・白い枠のみ。

何のトラブルか・・・インターネットって全部が英小文字表記でなければ、さらには写真はイメージが問題になります。

それもチェックしましたが、間違いが分かりません。

独力で頑張ってきましたが、新しいソフトに順応できません。

ここまで・・・かも。

そして別のことでもお手上げに。

数か月前に買ったモンベルのパンツ。

自分で裾上げして最近の山行で穿いてます。

と言っても針と糸でまつった訳ではなく、裾上げテープを買ってきてアイロンで熱を加えると出来上がる・・・あれです。

そこで今回もフォックスファイヤーのパンツもそのつもりで、裾上げテープを買ってきました。

そしてアイロンをコンセントに挿して、いよいよという時。

折り返してみると・・・裾の細さと少し上の太い部分の差があり過ぎて。

留めようとすると皺ができてしまいます。

当然ですよね・・・太い部分と細い部分を固定するのですから・・・どこかにひずみが生まれて皺になります。

あきらめました・・・なんでもこなす平田製作所ですが、私のキャパを超えています。

お直し屋さんに頼んで1.100円の裾上げでした。

妻の腰痛がなければ・・・必要のない1.100円ですけど。

今日、出来上がりで取ってきましたけど・・・やはりプロの仕事できれいに仕上がってました。

山には使わず・・・当分の間の私の【よそ行き】になります。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/10/18  21:02

平田製作所奮闘  リタイヤ生活

朝からテーブルと便器の台座作りに頑張りました。

夜になって岩手の親友から電話があって「コメの収穫が終わった」との連絡。

当然、毎年行っている仲間内での収穫祭についても「日程が決まったら連絡する」と。

コロナ感染者5.000人の埼玉から行ってもいいものでしょうか?

一年に一度ですから・・・みんなに会いたい・・・けどみんなの気持ちはどうなのか?

親友は積極的に「来い!」と言ってくれてますけど・・・。

みんなの気持ちもそうだと良いけど・・・私自身は人一倍感染に注意してますから、大丈夫だと思いたい。

さて、表題の平田製作所ですけど、夕方まで頑張りました。

最初に座卓の上に置く食卓テーブル。

意味が解らないと思いますけど・・・妻がヘルニアで畳に座れず・・・椅子に座って食事をします。

そうすると座敷に置く座卓では低すぎて、食べ物をとるのに前かがみになって腰痛が。

そこでかがまなくても食べ物を取れる高さに調整するのが、食事の時だけ座卓の上に置くテーブルなのです。

家にある材料だけで作りますから・・・これは平田製作所のポリシーなのですが・・・切り貼りだらけの仕上がりですから、見栄えは良くありません。

震災用便器に至っては普段使うものではないし、あるいは生涯使うことがないかもしれないものですから、なおさら見栄えは最悪。

でも、他人に見せるものではないですからね!

震災用簡易トイレは便座の高さが低くて、ヘルニアの妻は低いものに座ると腰痛になって。

そのための高さ調整なのです。

災害でトイレが使えずに困った・・・という話はよく聞く話し。

30年以内には間違いなくマグニチュード7以上が来るそうです。

それは明日かもしれず・・・準備しておいて損はないと考えないと。

食料や水、生活必需品の備蓄も、ほぼ完ぺきだと思うのですが・・・。

死ぬまでにないかもしれないけど・・・保険だと思っています。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/10/17  21:35

山行記録整理  リタイヤ生活

朝から雨です。

今日の予定は震災用の補助トイレの便座を高くする・・・そして最近食卓テーブルに椅子で座ることが多くなったので、テーブルの高さ調整。

いずれも【木】仕事なので鋸をひいておがくずが出るので、家の中では不可。

今日の仕事はあきらめました。

明日は天気がよさそうで、山には絶好の日和ですが・・・疲れていて無理です。

明日は家で大工仕事でもします。

そして今日はホームページにアップする、今年4回分の山行記録の整理でした。

フォルダーを作ってシートと写真を転送し・・・と進めたのですが。

写真を縮小するソフトが機能しません。

縮専・・・というソフトを長年使ってきて、パソコンを変えた今年になって、使えなくなりました。

ホームページビルダーの中で作業すると、縮小できない。

そこで外にフォルダーを作って、そこでサイズを縮小してホームページの中のフォルダーにコピーするのですが・・・。

今度はシートに貼り付けても写真が表示されず、白抜きの枠だけになります。

おそらく・・・J.peg・・・になっていないのでは?

ホームページをやっていない人にはややっこしい話ですが・・・。

写真の管理ソフトの取り合わせが悪いケースも考えられます。

どこの会社も自分のソフトを売りたいので、他社のソフトとは取り合いが悪いことも多いのです。

そんなことをやっているから、世界から遅れますね!

そんなことで今日の状態は・・・中途半端。

もう一度、しっかり調べて頑張ります。

パソコンソフト・・・IT関連・・・70の手習いで大変な苦労を背負い込んでます。

独学ですからね・・・ホームページ。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/10/16  21:07

私が歩いた八ヶ岳  登山(百名山以外の山)

今シーズン、コロナで計画が大きく狂いました。

でも少しでも計画を前進させるための・・・シーズン最後に来てもがきあがいています。

八ヶ岳の登山地図に名前の表記があって、なおかつ登山コースのある山は全座登頂するのが目標です。

そのために残っていた西岳に挑んだのでした。

前夜まで八ヶ岳ゴルフ場から登るつもりでしたが、あまりに長大なコースのために今の私の力では無理と判断して観音平からに変更しました。

紅葉は場所によっては良いところもありましたが、しょせんはまだ部分的。

全山紅葉には今年はまだ少し早い感じです。

山の楽しみもありましたが、この日の主目的は新しい靴の試運転。

快調な靴で久しぶりに足が痛くない登山でした。

靴擦れ等の話で・・・筋肉痛は当然あると思いますけど。

次の目標は山地図に歩いたコースに赤く色を付けるために・・・歩く。

これは八ヶ岳だけではなく北アも中央アも南アもやっているんですけど。

八ヶ岳が一番進捗がいいので、八を予定すると熱も入ります。

本当は北アや南アの厳しい危険なところを、少しでも若いうちに挑む方が良いと分かってますけど・・・特に鍛錬不足の今年状況では楽だと思えるコースがターゲットです。

ですが編笠からのくだりは地獄を見る様でした。

数年前、逆にここを上っていますが、厳しかったという印象はありません。

短いスパンで、時間にすれば厳しいのは1時間。

一気に登る若さがあったのでしょう・・・厳しい記憶がないのは。

前夜までコース取りを迷ってましたが、ここを下りに使って正解でした。

新しい快調な靴の助けもありましたから・・・そして下りでつま先が靴に当たらないことも確認できました。

山の詳細はホームページに山行記録をアップしますので、そちらで閲覧ください。

8時間歩いて・・・地図に赤い線がプラスできたのは、2本の指が示している地点間だけ。

地図の赤い太線が何年かかって何回歩いた賜物か? 想像してください。

8時間の行程が、2本の指が示す区間とは・・・!
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ