2019/5/17  23:41

言い忘れた事  台湾旅行

今回の旅は・・・娘が学会などで毎月飛行機を利用しますが、そのマイルが貯まっていたことでチケットをゲットできました。

当然いくらかはプラスしたと思いますけど。

ビジネスクラスで往復したので桜ラウンジで休憩できて、混雑もあまり関係なく行けました。

成田の桜ラウンジは初めてでしたが、羽田の方が料理の品数が豊富だった気がします。

帰りの台湾の桃園空港のラウンジは、羽田や成田と比較したら圧倒的に落ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

成田のラウンジは写真が消えてしまってありません。うっかり消去。

カレーは台湾のも美味しかったそうです。写真は台湾のカレー、成田のはこれも消えました。

私はビールを飲んだだけで、食べていないので解りません。
クリックすると元のサイズで表示します

台北は地下鉄網が整備されていて、本当に便利。

このイージーカードが大活躍。日本のスイカののようなものです。
クリックすると元のサイズで表示します

そして感心したのは駅のホームや車両に、緊急通報用の通話システムが設置されている事。

日本もマネしたいものです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

台北の駅舎です。
クリックすると元のサイズで表示します

そして地下街は広くて・・・G区とかK区と言う風に仕分けされています。

このアルファベットを頼りに地下街を歩きます。

ホテルへの出口はGの8番が近い・・・と言う風に。
クリックすると元のサイズで表示します

戦時体制時には防空壕になるんだ思います。

日本も見習うべき点は沢山ありました。危機管理・・・まだまだ足りませんね。

ところでこれ・・・面白いので写しました。日本のコンビニが進出してます。
クリックすると元のサイズで表示します

勿論7〜11もあります。

そして帰りの機内食。JALはやはり別格で美味しいです。往きのはありません。間違えて消したのです。
クリックすると元のサイズで表示します

最期に口直しに綺麗な九份の夜です。

長い間台湾にお付き合いいただきありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/16  22:25

妻の期待の迪化街  台湾旅行

妻が旅行前の下調べはガイドブック。何度も丁寧に調べてました。

そして自分のニーズに最も合っている場所と決めていました。

麻を編んだ籠が欲しくて、行く前から買うことに決めてました。

今回、台北市内の多くの街を歩きましたが、最も買い物をしたいと思えた街でもありました。

士林にも多くの店はありましたが、もう一つ信頼がおけない感じのお店。

それに対して迪化街は店を構えてやっているので、いい加減な事はできなさそう。

それに創業数十年と言う店のようです。
クリックすると元のサイズで表示します

街としては古くからお店があった1区、その次に発展したのでしょう2区、そして3区と分けられています。

通りに沿ってお店ん番号があり、自分が行きたい店は200番だとしたら・・・今いるのは180番の前だから、もう少し先だな・・・と言う感じです。

実に解りやすいんです。

そのことを知りませんでしたが、街歩きをする前に路地裏にある喫茶店に入ったら教えて貰えたんです。

日本人には優しいママさんでした。サービスで頂いたクッキーを夫婦で分けて食べていたら、さらにサービスを増やしてくれました。

本当は血糖の心配があるので、分けて食べていたんですけど。

しかし、どのお店もお茶は美味しい。

このお店も、まず臭いを確認させてから「このお茶で良いか?」と聞いているのだと思います。

勿論、茶葉の鑑定なんてできっこないから「OK」しか言えません。
クリックすると元のサイズで表示します

表まで出て見送ってくれました。親日ですね!

おそらく1`は商店街の街並みが続いているのでしょう。

妻が籠を欲しがったお店は204番。この店です。
クリックすると元のサイズで表示します

表側にはビニール製などが並びますが、高級品「?」は奥にあります・

私はかかりつけ医にからすみを買いたかったのですが、その店は何と閉まってました。

潰れたようです。

街並みを観て歩き・・・ウィンドーショッピングを楽しみ・・・衝動買いをして・・・ブラブラ。

娘の友達の誕生日でしたから、プレゼントも買いました。夜は誕生日パーティだったのです。

ショッピングの途中で屋台の肉まんやさんへ。

7人が立って食べていると、知らないおじさんが丸いパイプいすを出して「座って食べろ」と。

色んな場面で・・・親日を感じます。

この肉まん・・・大きくて美味しいのに80円ほど。

人気のお店のようで、私達が食べている間に長蛇の列になりました。ラッキー。

お腹に悪いものではなく、お腹を壊したりはなし。

屋台は敬遠したいのが本音ですけど・・・今回の旅でどの屋台も心配ありませんでした。

10軒は屋台で食べてますが、8人中一人の被害者もありません。

クリックすると元のサイズで表示します

最期の晩でもありましたからみんなでお祝い。

三越でおかずを買ってケーキを買ってホテルに戻りました。

翌日は7時前にホテルを出ます。

迪化街の雰囲気はこんなです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/15  22:49

中正記念堂とロンシャン寺  台湾旅行

長い長い台湾旅行報告。もう飽きたと思いますけど・・・自分としては日記・記録ですので、途中で止めるわけにもいかず・・・もう少しお付き合いください。

この日も分刻みの予定ができていて、老人組は若者や子供たちの後を必死で追います。

中正記念堂は現在の台湾の祖とも言うべき蒋介石総統を祭っています。

ここの衛兵交替式が楽しみでした。

韓国でも景福宮の衛兵交代式を2時間待って、最高の場所で観た過去があります。

待つのはお手の物。

この日10時の交替式に間に合わず、見逃しました。

しかも間に合っていたとしても、人の波で頭しか見えませんでした。

そこで立ち入り禁止のテープが張られる予定の場所を1時間もキープ。

11時の交替式は10時45分ごろに、私たちの立っている位置にテープが張られました。

想定通りで・・・一番前の絶好の位置をキープできました。

総統の像の前まで進んで交替式を待っていた烏合の衆は、係の人と憲兵みたいな人に押し出されました。

それでも不満顔でテープより前にいる人は、怒鳴られて無理やり押し出されます。

中国からの観光客に一切配慮などしません。

結局、先を読んで1時間待った私たちが正解なのです。

その場所だと勘違いして総統の像の前に座ったりすると、衛兵が銃を台座に叩きつけます。

総統への不敬罪なんでしょうね。

ダーン! この衛兵の立っている台座がものすごく反響するようにできていて、最初は首をすくめるほどビックリします。

それ以外は衛兵は身じろぎ一つしません。

乱れた服装を隊長のような私服の方が直します。

台座を叩くたびにこれが繰り返されます。
クリックすると元のサイズで表示します

この赤いロープより前に出たり、総統の前で座ったり・・・絶対いけません。

交替式の様子です。韓国のような鳴り物や旗などが無いので、意外にあっさりと感じるかもしれません。

日本の皇宮警察ももっとショー化した方が良いのになあ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ショーとしては韓国の方が見ごたえがあった感じです。

電車に乗って今度は龍山(ロンシャン)寺へ移動。

山で怪我をした膝は唸りをあげて・・・辛いけど、あと少しの辛抱。

ロンシャン寺では膝をついてお参りするのですが、膝が痛いのに3体の神さまにお祈り。

三々九度のように3体で9回も立ったり座ったりですから・・・限界。

そしたら妻も娘も友達も・・・さっさと行ってしまって・・・迷子になっちゃいました。

それでもさらに13体の神さまに3拝してお参り。

最期に正面に戻って御本尊に線香をあげます。

門を入る時に左足から・・・とか、敷居は踏まない・・・とか、ルールがあるようです。

それにしても70歳になって迷子にされちゃって・・・みんな冷たいなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/5/14  22:33

士林夜市  台湾旅行

士林駅ではなく、台北からだと一つ手前の駅で降りると、市場は目の前。

大きな交差点を信号で渡ると、もう・・・沢山の屋台が並んでます。

原宿や京都のように人の流れに乗ってついて行きます。

ちょっと待って・・・その前に駅でトイレを使ってから行くのをお勧めします。

市場にもトイレはありますが、女性のはとても使えないと・・・女房談。

男性は立って遠くからですから、少しこぼれても被害はありませんが・・・女性は限りなく接近戦ですからね。

明るい内ならまだ観光客も少ないので、トイレも直ぐに済みます。

メインの通りは3本。一番左端を最初に行く事にして、次に真ん中の通りを。

そして最後に右の通りを駅に戻る計画にしました。

明るいですが・・・屋台には多くの客が居て、私もまずツブガイの串焼きと腸詰めの豚肉を。

みんなそれぞれ小龍包だったりと買って、持ち寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

買ったはいいけど・・・座るところも無くて、ちょっと奥まったところにみんなで立ったまま食べました。

食べた後、子どもたちは風船割り。これが流行のようで数軒おきに、このゲームやさんです。

ビーズの球を打つピストルや針のついた矢を投げます。
クリックすると元のサイズで表示します

市場の中に入っても、このゲームのお店は沢山あります。

そしてあまり買いたくない珍味や、小物のアイテムを売る店が。

市場を出て路地に入ると、こちらの方が様々なお店が沢山。

食べものやさんも沢山。

子どもたちはかき氷ですが、大人はお腹が心配で冷たいものは敬遠です。

今回の旅行で子供たちはタピオカミルクティにハマってました。

タピオカ粉でつくった球が、モチモチして食感が最高。

無限に続くお店。天井を見ていただくと市場の建物の中と解ります。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこちらは路地に続くお店。こちらの方が確りした店が多いです。
クリックすると元のサイズで表示します

ここで弟にTシャツを買いました。でもモノが確りしていて値引き額は少しだけでした。

3着買うからと交渉したのですが「その値段なら売らない」と言われ、こちらが折れました。

この後も金魚すくいのように・・・エビを釣るんですが、子供より娘が夢中になってました。

その場で焼いて食べさせてくれますが、要らないと言えばぬいぐるみにしてくれます。

歩きすぎてもうへとへと。9時になろうとしていたので、今日はここまで。

最期に鳥の空揚げを発見。

一羽の半身を叩いて大きく伸ばして、人間の顔ぐらいの大きさにしてあげてます。

それに塩コショウをまぶして・・・これが大人気。

一人が並んで3つ・・・と言う訳にはいかず、一人一羽。
クリックすると元のサイズで表示します

3人並んで3個買いました。ホテルに戻ってみんなで食事でした。

夜市の雰囲気はこんなです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2019/5/13  20:58

故宮博物院と故宮晶華  台湾旅行

岩手の田んぼ仲間から書き込みが。

田植えが終わったそうです。台湾の話題などで浮かれている場合じゃないですね。

みんなで田植えをしてくれているのに!

感謝の気持ちを持ちながら・・・台湾の報告は続けます。

故宮には日本の国立博物館のように、すべてのジャンルの芸術品や宝物が展示されています。

とても数時間で観られる場所ではないのですが・・・焼き物や絵画、仏像、宝物など自分の趣味のモノはほとんど見る事ができました。

唐三彩です。
クリックすると元のサイズで表示します

おそらく景徳鎮で焼かれた永楽帝時代の白磁? 国宝クラスと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

そして待ち受け画面にしようと思ったほどの仏様。穏やかな良い表情でしょう!
クリックすると元のサイズで表示します

翡翠なんてすごいのが沢山ありました。むしろあの白菜よりインパクトのあるものもみつけました。

しかし白菜の評価が高いのは、あの形でありながら・・・あの色というマッチングなんでしょうね。

残念ですが3時間で見学を終了。

さすがにお腹が空いたので、博物院内の故宮晶華というレストランへ。

ここもツアー客が入るようなお店ではなく・・・ちょっと高級そう。

価格も心配ですが・・・一生の間に何度もある事ではないので奮発。

まず玄関の雰囲気からも、ものおじしそうな店構え。
クリックすると元のサイズで表示します

価格は解りませんが、味は美味しかったです。

今回の旅でナンバーワン。

小龍包は3店で食べましたが、断トツでここでした!
クリックすると元のサイズで表示します

ここも昼を大きく回っていたので空いてました。

何処へ行ってもすごい観光客ですが、意外にレストランは混雑に会いませんでした。

九份でも台北101でも故宮でも。

結局、屋台とかに流れるんでしょうか?

今日の予定は士林夜市ですが、まだまだ時間があるので永康街へ。

あまりパッとした商店街ではありませんでした。

わざわざ訪ねるほどではありません。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じが200b程続きます。小物のお土産品を扱う雑貨屋さんが多い感じ。

数日前にアップしたあの萌犬注意のステッカーや、萌犬の置物を買ったお店はここです。

良く見てませんが路地と路地の交差点に、行列のお店がありました。

日本のお好み焼きのようなお店でした。

ここは時間調整のために寄ったのでしたから、いよいよ夜市の士林に向かいました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ